テニス 客観視

サーブ

「テニスのマナー、しっかり分かってるな…」と思われる、相手サーバーへの配慮のポイント5つ

テニスは紳士のスポーツ、と言われます。

相手を敬い、お互いが気持ち良くプレーする為にはルールに書かれていないマナーの部分も、とても重要。

しかしながら、なかなか教わる機会が無いのも事実。

今回は、特に試合で神経質になりがちなサーバーを相手にしたリターン時に気を付けたいポイントをまとめてみました。

 

「テニスのマナー、しっかり分かってるな…」と思われる、相手サーバーへの配慮のポイント5つ

 


 

1.リターン側は早く構えて、サーバーを迎える

テニスの試合では、サーバー側とリターン側が呼吸を合わせてプレーを始めます。

そこでの駆け引きも、もちろんテニスの大切な要素ですが、基本的にはサーバーを優先してリターン側の選手は早めに準備しましょう。

サーバー側が打ちたいのに、リターン側がなかなか準備しない・・・というのは、遅延行為で反則を取られることもあります。

もちろんサーバー側も、準備ができたら速やかにトスアップからプレーを開始しなければなりません。

お互いが気持ちを合せて、リズム良くプレーできるようにしていきましょう。

 

2.ファーストサーブがフォルトしたら、なるべくスムーズにセカンドサーブを打ってもらう

一般の草トーナメントの試合でもよくあるのが、ファーストサーブをフォルトしてそのボールを追いかけて間が空いてしまうケース。

リターン側の人は良かれと思ってボールを追う訳ですが、このときに配慮しなければいけないのは、まずはサーバー。

セカンドサーブまでの間は、なるべく空けたくないのが本音ですよね。

ですので、基本的にはフォルトのボールは深追いせず、隣のコートに入ったらそのコートの人がそっと後ろのほうに流しておいてあげるようにしましょう。

この配慮ができるテニスプレーヤーは、とてもスマートです。

 

3.サーバーがポジションをセットしたら、応援はお静かに

団体戦などで応援に熱が入っても、サーバー側が準備に入ったら、その声を静めるようにしましょう。

プロの試合でも、必死に審判が観客をなだめているケースもありますが、一般の試合でもそれは同じです。

声を発してフォルトを誘うような人もいますが、見苦しいので絶対に止めましょう。

 

4.ボールを毛羽立たせない、なるべく早く2球を渡す

たまに見受けられるのが、ビッグサーバー相手にボールをこすって毛羽立ているリターン側の選手。

これもルール違反になります。

試合中は、インプレー中以外の時間はサーバー側にボールを速やかに渡す必要があります。

もちろん、自分がサーバーのときにも行うのは禁止の行為です。

勝ちたい意識が働き過ぎても、良いことはありません・・・。

5.セカンドサーブをトスアップした後のレットは、ファーストサーブから

このルールもあまり知られていませんが、セカンドサーブのモーションに入った後にレットがコールされた場合、サーブはファーストサーブからになります。

リターン側としては少し不利になってしまいますので、勝ちたいと思う気持ちに負けてしまいそうになりますが、そこはしっかり大人の対応を。

これはマナーというより正式なルールですので、しっかり頭に入れて試合に臨むようにしましょう。

 

試合に熱が入れば入るほど、サーバー側は神経質になります。

神経質になればなるほど、人は細かいところを気にするようになり、リターン側も揺さぶりをかけたくなってしまいます。

もちろん、駆け引きはテニスの大切な要素ですが、それ以上に大切なのは相手への配慮、マナー。

今回はいくつか具体的に書かせて頂きましたが、まだまだ文章にはできないマナーがテニスにはたくさんあります。

皆さんも気付いた「素敵なマナー」はぜひ、真似して実践していくようにしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    流れるような美しいサーブ、はどうやったら打てるのか?

    サーブが安定している人は、打っているフォームに無理が無い。流れ…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    本当にサーブが強い選手とは、1発がある選手じゃなくて「ファーストサーブが崩れない」選手

    サーブが上手い、キープ率が高い選手。は、試合でもゲームが計算し…

  3. テニス ストローク

    サーブ

    「サーブは楽チンじゃないと」省エネテニスで試合を勝ち上がる為に

    テニスのゲームはサーブ・レシーブの形からスタートする。だからス…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「ゲームカウント4-5、30-40で打つセカンドサーブ」こそ、実力が問われる

    テニスの試合って、辛い・・・。そう感じるときって、どんなときですか…

  5. テニス 構え
  6. サーブ

    「ダブルスでのサーブ&ボレーはステップで決まる!」試合で意識したい4つのポイント

    ダブルスの並行陣で必要なサーブ&ボレー。このサーブを打った後の…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. シングルス

    シングルスの試合では、「ダウンザラインからネットへの迫力」こそ大事
  2. テニス マナー

    その他

    「ボール、いきまーす」で、対戦相手にボールを渡すときのマナー、しっかりできていま…
  3. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークラリーで走らされているときには、「スライスのグリップで走り続ける」覚悟…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでしっかり、「ラケットダウンさせてからボールを捉える」ことが出来れば、…
  5. ボレー

    ブロックボレー、そして攻撃するボレー!
PAGE TOP