テニス ロブ

リターン

「セカンドになったら、攻めよう」と考える人が9割

相手のサービスゲームで、何を考えるのか。

私はいつも、「あっと驚かせる」ことを意識しています。

相手のサーバーを、「え!?」と思わせたい。

そうすることが、強いサーバーのリズムを崩していくことにもつながりますからね。

普通のリズムでリターンしていても、上のレベルでは厳しいですよ。

 

「セカンドになったら、攻めよう」と考える人が9割

 


 

1.相手を驚かせてこそ、サーブは崩れていく

サーブをリズム良く、調子良く打って来る相手、嫌ですよね。

こういう相手は、自信を削いでいかないといけない。

だったら、どうするのか。

一つのアイデアは、しっかり「ファーストサーブでも、前に踏み込む」ことだと思います。

タイトルでも書きましたが、普通はセカンドサーブになってから攻めよう、と考える。

これが普通です。

だから、相手もファーストサーブが入ったときにはちょっと安心するんですよね。

セカンドサーブの方が、警戒心MAXでサーブの構え直しが早い。

そう、意外とファーストサーブの方が攻撃するタイミング、としては適してるんです。

 

2.セカンドサーブで攻撃、なんて誰でも考えること

そう、じゃないですか?

相手もしっかり構えている。

もちろん、これが基本ですし、しっかりチャージしていく必要はあります。

でも、それ以上に相手のファーストサーブ、をしっかり攻撃したい。

その姿勢が、相手のリズムを崩すと思うんですよね。

カウントによっては、相手もファーストサーブで「確率を求める」ような場面があるはず。

こういう場面、でしっかりファーストサーブを前に踏み込んでいけば、きっと相手は嫌なはずです。

 

3.0-30、15-40のファーストサーブは狙い目

まず、相手は必ず得意なコースで来ます。

ファーストサーブ、少し確率重視になるでしょう。

ここで相手が入れに来るようなファーストサーブ、はしっかり打っていきましょう。

どんな状況でも、「ファーストサーブは守って、セカンドサーブで攻める」と決めてしまうのはもったいない。

だからこそ、カウントや状況に応じて、自分で変えていかないと試合では勝てない。

固定観念、本当に怖いですよ。

 

4.試合では、リターンゲームの積極性が鍵

シングルスでもダブルスでも、私はここが鍵だと思っています。

リターンゲームで、どういうプランで積極性を出していくのか。

ここが、アナタの腕の見せ所です。

きっと、試合ではサービスゲームだと攻撃的になれる人、多いと思います。

特に男性の方は。

リターンゲームでしっかり攻撃していくには、ファーストサーブが鍵。

これをどう攻めていくのか、前に踏み込んでいくのか。

スライスがオススメですが、コンパクトにスピン、でも良いでしょう。

とにかくしっかり、練習から意識を高くしておくことが大事です。

 

5.セカンドサーブ狙いでも、相手のファーストがずっと入ったらどうするの?

これ、結構考えていない人が多いです。

「セカンドを叩く」と意気込んでも、相手が全部ファーストサーブが入る。

これは、試合でよくあるパターンですよね。

むしろ、強い相手は70%くらいのアベレージでファーストサーブ、入れてきますよ、しっかり。

アナタの淡い期待は、日の目を見ること無く終わっていく。

だからこそ、ファーストサーブをしっかり攻略していかないと。

この強い決意が大事なんです。

 

相手に、期待し過ぎない。

自分からプレッシャーをかけて、崩れるように仕掛けて、でも崩れないことも想定する。

リターンゲーム、相手のセカンドサーブ頼りだと勝てないですよ。

相手が自信を持っているファーストサーブ、をどこかで崩さないと。

しっかり準備して臨みましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    リターンで粘りを出すには、「ココに厳しいのが入ったら、ロブ」を先に決めておく

    相手のナイスサーブ、でも簡単には屈しない。試合の中で、何とかリ…

  2. テニス シングルス

    リターン

    ブレイクポイントでは、「はっきりポジションを前に取る」ことで吹っ切れたプレーが出来る!

    「あぁ・・・結局、攻撃的にいけば良かった・・・」みたいな後悔、…

  3. テニス ボレー

    リターン

    超スローサーブ、苦手にしてない?

    試合に出ていると、色々な相手と戦います。サーブが速い人、遅い人…

  4. テニス 客観視

    リターン

    「相手がクロスにしかリターン出来ない場面」を考えよう

    ダブルスの試合、いかに前衛が動くのか・・・は大事。何度も書いて…

  5. テニス ボレー

    リターン

    学生から社会人プレイヤーまで、「ダブルス巧者になりたければ、リターンダッシュを磨こう!」その理由はシ…

    ダブルスの試合、「試合慣れしてるな・・・」と感じるのはリターンダッシュ…

  6. テニス ストローク

    リターン

    コンパクトなリターンが出来れば、その後の戦術がスムーズになる

    リターンの動作を小さくすると、何が良いのか。もちろん、安定感が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス リターン

    ストローク

    コントロールの良いストロークには、3種類の打点だけまずマスターしよう
  2. テニス サーブ

    練習メニュー

    試合に必要な「サーブリターンの練習」、こそ工夫しよう
  3. テニス ボレー

    戦術

    「速いボールを遅くする」というショット技術は、テニスの試合で鍵になってくる
  4. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で使える、相手を前後に振り回すロブボレー術
  5. テニス サーブ

    スマッシュ

    意外とスマッシュ時に、横向きが出来ていない人が多い
PAGE TOP