テニス ストローク

フットワーク

コードボールになった瞬間、人は一瞬固まってしまう

試合の緊張した場面で、ネットに「パン!」とボールが当たる。

コードボール、と呼ばれますが、そこからどっちにボールが落ちるか分からない・・・。

打った側のコートに落ちれば、打った側の失点。

でも、ネットに当たって越えてしまうと・・・ラリー中のボールでれば、テニスでは有効打になります。

つまりはアナタ自身、しっかり走って返球しないといけない。

アンラッキーなのは確かですが・・・諦めるのはもったいなくないですか?

 

コードボールになった瞬間、人は一瞬固まってしまう

 

1.ベースライン近くにいたら、触れないかも知れないけど

確かに、後ろにいたら厳しいですよね。

どんなに足が速い選手でも、気付いて走って触るのが難しいボールもある。

でも、例えばアナタが前にいる、ネットに出ているような場面。

そんなときのコードボールなら、返球出来るはず。

大事なのは、反応速度なんです。

コードボール、つまりはラリー中にネットの白い部分に当たった瞬間から走り出す。

この反射神経は、必ず鍛えられます。

普通は、ビクッという感じで止まってしまうんですよね。

 

2.ビックリして止まる、のはもったいない!

つい、ビックリして止まってしまう。

そして、どこかで「願ってしまう」ような自分はいないですか?

「頼む、入らないでくれ・・・!」と。

願っても残念ながら、ボールを操作することは出来ない。

捜査することが出来るのは、自分の身体だけです。

自分の足を動かして、しっかりボールに近付いていかないと!

この意識が弱い人は、試合でも球際に弱いから勝てない。

反応を良くするコツ、一緒に考えてみましょう。

 

3.低いボールは、「コードボールになる」つもりで待ちかまえる

実際の試合では、結構コードボール多いですよ。

今まで書いてきたような、ネット際に落ちるようなボールだけじゃないですよね。

難しいのが、軌道が変わってしまうようなボール、をボレーで返球しないといけないとき。

これは、諦めるのが普通です・・・か?

私は諦めませんよ。

何とかラケットを動かして、山なりで良いので相手コートに返したい。

ボールが低い、ネットスレスレの時点で、コードボールになるかもしれないという覚悟を持っておくんです。

それは、イレギュラーのように軌道が変わるときもあれば、ネット際にポトッと落ちるようなときもあるでしょう。

とにかく、自分の身体を出来るだけ反応させる。

この意識だけで、だいぶ違ってきます。

 

4.練習からコードボール、大歓迎のスタンスでいこう!

よく練習を見ていても、コードボールをはなから「返球しょうとしない」人って多いですよね。

特に、テニススクールの生徒さん。

実際に、顔に向かって来るような危ないボールもありますが、ネットに当たった時点ではまだまだテニスでは有効打、ラリーを続けないと。

この意識が薄い人は、コードボールになった時点で萎えていて、やる気が無い感じでラリーを終えてしまう。

こういう人が、試合で強くなれる訳が無いじゃないですか。

練習の意識を、コードボール大歓迎のスタンスに変えていく。

この変化こそ、アナタに必要なこと、だと思いませんか?

 

テニスの試合って、不思議です。

本当に大事な場面で、残酷ですがコードボールって発生するんですよ。

そこで、私たちは試されてるんだと思います。

普段、どれだけ高い意識で練習しているのか?ということを。

みなさんには、こういうポイントに強くなって欲しい。

普通の人が「アンラッキーだったね」と言って、諦めるようなポイント、に。

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    フットワーク

    「ココに打たれたら仕方ない」という場所は、あえて作っておこう

    相手のナイスショット。それには、2種類あります。アナタ…

  2. テニス シングルス

    フットワーク

    「テニスコートを広くカバーできるフットワーク」を身に付ける為に、意識したい切り返しの技術

    テニスコートをカバーするのは、足の速さとはまた別な能力。そう、…

  3. テニス ストローク

    フットワーク

    「片足スプリットステップはテニスプレイヤーなら誰でも使える!」試合での反応を良くする5つの理由

    漫画「ベイビーステップ」でも紹介され、最新のテニス業界の技術の一つ「片…

  4. テニス 守備

    フットワーク

    テニスの試合では、シングルスでもダブルスでも、「コート全体」を守る必要はありません

    ダブルスでもシングルスでも、テニスの試合でボールが飛んで来る場所は限ら…

  5. テニス 前衛

    フットワーク

    熱いラリーをしながらも、「自分が今、コートの中のドコ?」にいるのかは把握しておくこと

    自分の打つボールには神経を使っても、自分がどこに立っているのか・・・に…

  6. テニス 客観視

    フットワーク

    「テニスの試合で、手抜きは悪いこと?」自分の体力をコントロールするには意識改革が必要です

    テニスは常に一生懸命、全力を尽くすスポーツ。もちろんそれは大前…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    速いボールをブロックボレー、で返球するコツ5つ
  2. テニス スポーツ

    メンタル

    プレッシャーに勝つとか負けるとか、そういう発想の時点で負けている
  3. テニス ラケット

    ストローク

    ストロークでラケットを振り切るコツは、「ラケットを振り切ろう」とは思わないこと
  4. テニス リターン

    リターン

    試合の中でリターンが崩れていくときは、まず身体の開きを抑えよう
  5. メンタル

    格上相手の試合こそ、アナタのテニスの真の姿
PAGE TOP