テニス ストローク

フットワーク

コードボールになった瞬間、人は一瞬固まってしまう

試合の緊張した場面で、ネットに「パン!」とボールが当たる。

コードボール、と呼ばれますが、そこからどっちにボールが落ちるか分からない・・・。

打った側のコートに落ちれば、打った側の失点。

でも、ネットに当たって越えてしまうと・・・ラリー中のボールでれば、テニスでは有効打になります。

つまりはアナタ自身、しっかり走って返球しないといけない。

アンラッキーなのは確かですが・・・諦めるのはもったいなくないですか?

 

コードボールになった瞬間、人は一瞬固まってしまう

 

1.ベースライン近くにいたら、触れないかも知れないけど

確かに、後ろにいたら厳しいですよね。

どんなに足が速い選手でも、気付いて走って触るのが難しいボールもある。

でも、例えばアナタが前にいる、ネットに出ているような場面。

そんなときのコードボールなら、返球出来るはず。

大事なのは、反応速度なんです。

コードボール、つまりはラリー中にネットの白い部分に当たった瞬間から走り出す。

この反射神経は、必ず鍛えられます。

普通は、ビクッという感じで止まってしまうんですよね。

 

2.ビックリして止まる、のはもったいない!

つい、ビックリして止まってしまう。

そして、どこかで「願ってしまう」ような自分はいないですか?

「頼む、入らないでくれ・・・!」と。

願っても残念ながら、ボールを操作することは出来ない。

捜査することが出来るのは、自分の身体だけです。

自分の足を動かして、しっかりボールに近付いていかないと!

この意識が弱い人は、試合でも球際に弱いから勝てない。

反応を良くするコツ、一緒に考えてみましょう。

 

3.低いボールは、「コードボールになる」つもりで待ちかまえる

実際の試合では、結構コードボール多いですよ。

今まで書いてきたような、ネット際に落ちるようなボールだけじゃないですよね。

難しいのが、軌道が変わってしまうようなボール、をボレーで返球しないといけないとき。

これは、諦めるのが普通です・・・か?

私は諦めませんよ。

何とかラケットを動かして、山なりで良いので相手コートに返したい。

ボールが低い、ネットスレスレの時点で、コードボールになるかもしれないという覚悟を持っておくんです。

それは、イレギュラーのように軌道が変わるときもあれば、ネット際にポトッと落ちるようなときもあるでしょう。

とにかく、自分の身体を出来るだけ反応させる。

この意識だけで、だいぶ違ってきます。

 

4.練習からコードボール、大歓迎のスタンスでいこう!

よく練習を見ていても、コードボールをはなから「返球しょうとしない」人って多いですよね。

特に、テニススクールの生徒さん。

実際に、顔に向かって来るような危ないボールもありますが、ネットに当たった時点ではまだまだテニスでは有効打、ラリーを続けないと。

この意識が薄い人は、コードボールになった時点で萎えていて、やる気が無い感じでラリーを終えてしまう。

こういう人が、試合で強くなれる訳が無いじゃないですか。

練習の意識を、コードボール大歓迎のスタンスに変えていく。

この変化こそ、アナタに必要なこと、だと思いませんか?

 

テニスの試合って、不思議です。

本当に大事な場面で、残酷ですがコードボールって発生するんですよ。

そこで、私たちは試されてるんだと思います。

普段、どれだけ高い意識で練習しているのか?ということを。

みなさんには、こういうポイントに強くなって欲しい。

普通の人が「アンラッキーだったね」と言って、諦めるようなポイント、に。

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです

関連記事

  1. フットワーク

    テニス選手ならしっかり身に付けたい、「スプリットステップ」の基本から応用まで厳選記事7つ

    テニスはフットワークが大事。その基本となるのは、動き出しを早くする…

  2. テニス ストローク
  3. テニス フットワーク

    フットワーク

    相手によって守備位置を変える、のはテニスにも必要なスポーツの基本

    今回のWBCの試合を観ていると、「守備のときのポジショニング」の重要性…

  4. テニス ストローク

    フットワーク

    西岡選手は自分の武器であるフットワークを、「小さなテイクバック」で活かしている

    「フットワークは、自分の武器です!」と、言い切れる人はきっと足…

  5. テニス ストローク

    フットワーク

    「コート上だと、足が遅い!?」、テニス選手に必要なボールを追いかける走り方について

    普段は、足遅くないのに・・・どうも、コートに立つと、遅い気がする・・・…

  6. テニス メンタル

    フットワーク

    疲れてきた時こそ、丁寧に球際を処理すればミスは減る

    実際の試合で、後半に強い人は結果も出しやすい。しぶとい人、選手…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  2. テニス 知識
  1. テニス ストローク

    練習メニュー

    素振りの中にボールが入って来る、のが試合でも理想ですよね
  2. テニス 練習

    練習メニュー

    「大学に進学すると、高校時代より練習量が減ってしまう・・・」からこそ、必要な意識…
  3. テニス メンタル

    サーブ

    「シングルスで、サーブ&ボレーの戦術をたまに入れていく」ことで生まれる、…
  4. テニス 客観視

    メンタル

    アナタのテニスの評価は、他人が下すということを忘れてはいけない
  5. テニス サーブ

    練習メニュー

    サーブ&リターン、だけになりがちな単調な練習を脱却する、練習メニュー改良案3つ
PAGE TOP