テニス メンタル

戦術

強い相手と試合が終わった後ほど、しっかりと強く握手して欲しい

みなさん、試合後の握手。

どんな感じでしてますか・・・?って、あんまり考えないですよね。

私も、昔はそうでした。

むしろ、試合に負けた後なんかは、ピッと触って終わるだけ、みたいな。

本当にみっともない感じだったと思います。

そして、もったいない。

だって、握手から知ること、が実はたくさんある。

それがテニスという競技だと思います。

 

強い相手と試合が終わった後ほど、しっかりと強く握手して欲しい

 

1.かつて審判をしていた頃に、感じたこと

テニスの試合って、終わった後に審判と選手、が握手します。

これはテレビでも見たことがある方、多いと思いますが・・・私がもう15年くらい前に審判の活動をしていた頃に、気付いたことがあります。

強い選手は、握手が強い。

もう、審判台から引きずり降ろされるんじゃないか?っていうくらい、握手が強いんですよ。

勝った選手だけじゃない、負けた選手も、本当に気持ちがこもった握手をしてくる。

そしてその手・・・の感覚、今でも忘れません。

あれから強くなったジュニアの選手は、みんな硬くて関節が太い、マメもしっかりある。

そんな「無骨な手のひら」だったんですよね。

 

2.強い選手との握手で、何を感じるのか?

みなさんが試合に負けたとき、相手と握手をする。

ぜひそこから、何かを感じて欲しいんです。

第一シードのような強い選手、との試合だと特に試合後、にこれが大事。

手のひらの感覚、自分とは何が違うのか。

きっと、その違いはあると思うんです。

皮膚の硬さ、マメの位置、そして握手をしてくる態度、強さ・・・。

アナタ自身が、何を感じるか、が大事です。

少しでも強い選手から、何かを吸収したいなら、試合後にしっかり握手をするということ。

そこから、伝わる何かはあるはずです。

 

3.痛くない範囲で、強く握る癖を付けよう

これは、私の恩師の言葉でもあります。

強い握手は、強いメッセージになる。

「良い試合、ありがとう」という気持ち、をしっかり相手に伝えることが出来ますしね。

テニスが上手くなる人って、握手が強いんですよ。

男性だと、痛いくらい。

でもこれって、昭和の考え・・・かも知れませんが、私は大事なことだと思うんです。

人と強く握手する、ということは、自分にも責任を持つということ。

「また試合がしたい」というメッセージ、になりますしね。

それだけのメッセージを送る覚悟があるかどうか、が大事なんです。

 

4.握られたい手のひら、になれているだろうか?

いつか、アナタ自身も強くなる。

多くの挑戦を受け止めて、握手で敗者を迎える立場になる、と私は信じています。

だからこそ、今から感じて欲しい。

自分の手のひらを、見つめて欲しい。

相手に対して、尊敬されるような、何かを感じてもらえるような手のひら、になれているかどうか?ということを。

自問自答して欲しいんです。

小さいことですが、試合後の握手って最大の相手とのコミュニケーションですからね。

強い握手を、自信を持って握れる人。

それは間違いなく、テニスも人生も、強く生きている人だと思いますよ。

 

たかが握手、されど握手。

小さい部分を、自分から照らしていく。

こういう意識、テニスでは大事です。

気付かない人は、ずっと気付かないで何となく過ごしているだけ。

でも気付く人は、中学生だって気付いている。

さぁ、アナタはどうでしょうか?

ぜひ、自分の手のひら、今その場で見つめてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス チャンス

    戦術

    なぜここまで「準備」の大切さを説くかと言えば、単純に誰でも出来ることだから

    テニスでは準備が大事。いや、テニスに限ったことでは無いと私は思…

  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「リードしたら、それをメンタル的に活かす」ことで楽に試合を運べる

    テニスの試合、それは「ゲームを獲る」ことの積み重ね。漠然とプレ…

  3. テニス ドロップショット

    戦術

    良いショットさえ打てば相手を追い込める、は幻想です

    テニスの試合で、どうにも独りよがり、になっている人が多い。シン…

  4. テニス 序盤

    戦術

    暑い中での試合を勝ち切る、試合の現場で体力消耗を抑えるコツ4つ

    今日も暑い・・・ですね・・・。梅雨入りしたときの暑さは、もしか…

  5. テニス フットワーク

    戦術

    ある程度攻めて来る相手の方が戦いやすい、だから・・・?

    テニスの試合、みなさん感じるところはありませんか?粘ってくる相…

  6. テニス ストローク

    戦術

    キレイなテニスの選手は、「試合になると崩れていく」ことを覚えておくと試合で戦いやすい

    パッと見で、すごく強そうな相手、いますよね。フラット気味でボー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    ロブへの対応を鍛えるには、「相手コートを見ないでも、いる場所をイメージ出来る」よ…
  2. テニス ダブルス

    フットワーク

    最後のネットイン、まで信じて走れる選手になれてるだろうか?
  3. テニス ストローク

    戦術

    売られた喧嘩を、安易に買ってはいけない
  4. テニス ポジショニング

    ストローク

    両手バックハンドのパッシングショットは、「打ったらラケットを身体に引き寄せる」く…
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの並行陣の基本は、「いつもパートナーとの距離は一定」に保つこと
PAGE TOP