テニス 疲れ

メンタル

みんな誰しもが、試合5分前になると「現実主義者」になるのがテニスです

テニスの試合前、みなさんも経験無いですか?

よく分からない、急に不安に襲われて怖くなり、試合の入りで緊張が解けない。

そんな経験、実は「あるある」でしょう。

前日までの準備、試合会場に着いてもリラックスしているのに・・・試合前、急にパニックになりそうになる。

それは、ある種の現実を考え出すから、です。

悪いことじゃないと、私は思いますよ。

 

みんな誰しもが、試合5分前になると「現実主義者」になるのがテニスです

 

1.現実的に考え出すのは、試合の5分前

控えに入っているコートの試合が終わり、自分たちが試合に入る準備をする。

この時間帯って・・・一番不安、じゃないですか。

色々準備してきたし、前向きに考えて来たけど、「やっぱり、実際は・・・」と、急に現実的なことを考え出す。

これは、決して悪いことでは無いでしょう。

現実主義者、はテニス選手にとって非常に良いことです。

ただ必要なのは、試合5分前に訪れるような感覚、に怯えないこと。

恐れないこと。

ここまで準備しておくこと、が大事だと私は思います。

 

2.試合の現場で「変えていくこと」を残しておこう

不安になるのは、「自分のテニスが通じなかったら・・・」とか、考え出すからですよね。

でも、これって考え過ぎなくて良い。

試合の現場で、相手を見て少し変えていく幅、は残しておいて良いんです。

私だって、そうですよ。

相手に応じて、方向転換をしていくことは覚悟している。

だって、試合をやってみないと分からないことも多いじゃないですか。

考え過ぎても、不安になっても仕方ないですからね。

 

3.試合前の過ごし方、を決めておこう

私がオススメするのは、試合前の過ごし方を決めておくこと。

軽くランニングも良いですし、好きな音楽を聴いても良い。

特に、本当に試合に入る15分くらい前の時間は、自分の時間として過ごせるように工夫しましょう。

メンタルの安定は、ルーティーンの安定から。

自然に試合に入っていく、ような流れを作れれば、現実的な思考ともしっかり向き合える。

試合は序盤、が本当に大事ですからね。

現実的に考えること、はすごく良いことですよ。

 

4.勝ちたいから、負けたく無いから不安になるのは当然

試合に勝ちたいからこそ、そう思うんです。

不安に感じるのは、自分自身が勝ちたいから。

だからこそ、不安に感じる自分を恥ずかしいとか、実力不足とか思う必要は無い。

試合開始の5分前、に訪れる波をしっかり理解しておかないといけない。

勝ちたいからこそ、しっかりこの波を乗り越えていきましょう。

きっとアナタなら、大丈夫です。

 

メンタルが強いとか、弱いとか、そういうことを考え過ぎない。

自分がやるのは、テニスの試合、ただそれだけですからね。

どんな試合でも、一筋縄ではいかないでしょう。

だからこそ、テニスは面白い。

現実主義者として、堂々と試合に挑んでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    緊張したら目を閉じ、練習風景を思い出すこと

    試合では、どんなに準備しても緊張する。それは自分自身が勝ちたい…

  2. テニス ポジショニング

    メンタル

    ダメな時にも頑張る、頑張れた選手が最後に勝つ

    良い時には頑張れる。誰だって、そうだと思います。それが…

  3. テニス メンタル
  4. テニス メンタル

    メンタル

    人から盛り上げてもらえないと動けない、そんなテニス選手は強くなれない

    テニススクールで、よく見ていて思うんですが。コーチが一生懸命、…

  5. テニス メンタル
  6. テニス メンタル

    メンタル

    セルフジャッジの試合では、相手を納得させる「演技」が必要

    テニスの試合で演技?そんなの、マナー違反じゃないか!そうです、…

特集記事

  1. テニス 練習メニュー

    練習メニュー

    リターンダッシュの駆け引きを身に付ける、実戦的な練習メニュー
  2. テニス ポジショニング

    戦術

    相手を後ろに下げて「自分はコートの内側」というポイントを、試合ではたくさん作ろう…
  3. テニス サイト

    テニススクール

    「多分こういうことだろう」を、レッスンでは捨てよう
  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    「当たり前」のレベルが高い人は、当たり前だけどテニスも強く成長出来る
  5. テニス ストローク

    ボレー

    ボレーのパンチ力アップには、「軸足セット」がポイント
PAGE TOP