テニス 疲れ

メンタル

みんな誰しもが、試合5分前になると「現実主義者」になるのがテニスです

テニスの試合前、みなさんも経験無いですか?

よく分からない、急に不安に襲われて怖くなり、試合の入りで緊張が解けない。

そんな経験、実は「あるある」でしょう。

前日までの準備、試合会場に着いてもリラックスしているのに・・・試合前、急にパニックになりそうになる。

それは、ある種の現実を考え出すから、です。

悪いことじゃないと、私は思いますよ。

 

みんな誰しもが、試合5分前になると「現実主義者」になるのがテニスです

 

1.現実的に考え出すのは、試合の5分前

控えに入っているコートの試合が終わり、自分たちが試合に入る準備をする。

この時間帯って・・・一番不安、じゃないですか。

色々準備してきたし、前向きに考えて来たけど、「やっぱり、実際は・・・」と、急に現実的なことを考え出す。

これは、決して悪いことでは無いでしょう。

現実主義者、はテニス選手にとって非常に良いことです。

ただ必要なのは、試合5分前に訪れるような感覚、に怯えないこと。

恐れないこと。

ここまで準備しておくこと、が大事だと私は思います。

 

2.試合の現場で「変えていくこと」を残しておこう

不安になるのは、「自分のテニスが通じなかったら・・・」とか、考え出すからですよね。

でも、これって考え過ぎなくて良い。

試合の現場で、相手を見て少し変えていく幅、は残しておいて良いんです。

私だって、そうですよ。

相手に応じて、方向転換をしていくことは覚悟している。

だって、試合をやってみないと分からないことも多いじゃないですか。

考え過ぎても、不安になっても仕方ないですからね。

 

3.試合前の過ごし方、を決めておこう

私がオススメするのは、試合前の過ごし方を決めておくこと。

軽くランニングも良いですし、好きな音楽を聴いても良い。

特に、本当に試合に入る15分くらい前の時間は、自分の時間として過ごせるように工夫しましょう。

メンタルの安定は、ルーティーンの安定から。

自然に試合に入っていく、ような流れを作れれば、現実的な思考ともしっかり向き合える。

試合は序盤、が本当に大事ですからね。

現実的に考えること、はすごく良いことですよ。

 

4.勝ちたいから、負けたく無いから不安になるのは当然

試合に勝ちたいからこそ、そう思うんです。

不安に感じるのは、自分自身が勝ちたいから。

だからこそ、不安に感じる自分を恥ずかしいとか、実力不足とか思う必要は無い。

試合開始の5分前、に訪れる波をしっかり理解しておかないといけない。

勝ちたいからこそ、しっかりこの波を乗り越えていきましょう。

きっとアナタなら、大丈夫です。

 

メンタルが強いとか、弱いとか、そういうことを考え過ぎない。

自分がやるのは、テニスの試合、ただそれだけですからね。

どんな試合でも、一筋縄ではいかないでしょう。

だからこそ、テニスは面白い。

現実主義者として、堂々と試合に挑んでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. メンタル

    1人が県大会にいけば「必ず2人目、3人目が出てくる」のがチームテニスの良いところ!

    「テニスは個人スポーツだし、チームで練習しなくても良いのでは?」…

  2. テニス ボレー

    メンタル

    テニス選手に必要な「ストレス耐性」とは何かを考えると、仕事や勉強にも活かしていける!

    仕事に勉強に、人間関係・・・。私たちが生きていくのに、ストレス…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に強くなりたければ、「根拠の無いボール」は打ってはいけない

    「全てのボールには根拠がある」というのは、野球で名監督として実績を残し…

  4. テニス メンタル
  5. テニス 客観視

    メンタル

    テニスの試合前、「トイレに行って鏡を見て」自分の時間を作ることをオススメします

    あと少しで、自分の試合が始まる。そんなときに皆さんは、どんな過…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    アナタのスマッシュ練習が無意味な理由、それは「ロブが来ると分かって打つ」練習にな…
  2. テニス サーブ

    日々の雑記

    誰もが出来ることを、誰も出来ないくらい続けるということ
  3. テニス 指導

    戦術

    「イーブンペースでの進行」で全く問題無い
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣とは、つまりロブを引き出す陣形です
  5. メンタル

    試合会場で、「自分以外の周りの選手が、皆強く見えてしまう人」へのアドバイスについ…
PAGE TOP