テニス アームカバー

テニス知識

暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

秋、試合が多い時期は季節の変わり目。

みなさんは、試合のときにどうやって体温調整、体調管理を行ってますか?

私はもともと、すごく寒がり・・・なんです。

だから試合前はかなり着込んでますが、試合が始まるとやっぱりゲームウェアの基本は半袖、短パン。

でも肌寒いときにはこの「アームカバー」を最近は着用しています。

前は長袖のアンダーウェアを着ていて、それもお気に入りだったんですが、どうしても暑く感じてしまう時があって、秋はアームカバーがお気に入り。

みなさんにも、オススメです。

 

暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

 

1.脱いだり付けたりが、楽なのが良い

この着脱が出来る、のが魅力だと思います。

風が冷たい試合の序盤はアームカバーを装着して開始、試合中に暑くなってきたら外せば良い。

アンダーウェアだと、脱ぐことが出来ないですからね・・・。

アームカバーなら、本当に楽。

これが楽だし、最近では本当にフィット感に優れていて操作性を邪魔しない。

プロ選手でも、ラオニッチ選手など使用者が増えているのも納得ですね。

 

2.肩まわりを楽に動かせるのも、魅力!

長袖のアンダーウェアを着ていて、私はこの問題がネックでした。

すごく発汗・保温性の意味では機能性に優れているんですが、どうしてもサーブを打つときに肩を上げにくい。

ピタッとしている感じのウェアなので、肩まわりが窮屈になるんですよね・・・。

特に男性の方は、そう感じている人多いんじゃないでしょうか?

そんな方にも、アームカバーはオススメです。

 

3.腕先を冷やさないことは、テニス選手にとって大事なポイント

腕が冷えると、指先まで神経が通わない。

結構が悪くなると、握力も無くなっていくので、テニス選手にとっては致命的なんです。

風が強くて汗をかいている状態、が長く続くと、半袖だと絶対に危ない。

調子が上がっていかないだけじゃなくて、きっとラケットを振れない感じなっていくと思いますよ。

試合の序盤、身体が温まっていくまでは腕を冷やさない。

そのために、私はアームカバーが最適だと思います。

 

4.色を好みで選べば、試合にも乗っていける!

私は勝手に、アームカバーでも自分にラッキーカラーを作ってました。

それは黒。

黒いアームカバーは、とっておきの試合に保存しておいて、ここぞというときに使う。

他にも、ウェアではあまり着ない白や赤、なんかも、アームカバーだったら身に付けるのに抵抗が無いし、良い気分転換になる。

手元の色って、すごく目に入るし自分の意識にも与える影響が大きい。

だからこそ、ちょっと良いモノ、自分らしいモノを選んで欲しいんです。

ちなみに私は、アンダーアーマー社のがお気に入りでした。

こちらは基本片方だけ、の値段なので注意して下さい。

 

 

テニスのメーカーでは、プリンスやヨネックス、エレッセからもアームカバーの商品が出てますね。

基本はレディース中心、のラインナップになっています。

 

 

 

 

試合で何回か装着できるように、2組くらい準備しておくと良いと思いますよ。

UVカット仕様なら、日焼けのケアにもなりますしね。

テニスをプレーしないときにも、装着しておくことが出来るのでオススメです。

学生のみなさんも、秋から冬にかけてはアームカバーという選択、有りだと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. 製氷機

    テニス知識

    これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

    これからの時期、とにかく暑い毎日・・・ですよね。部活でもサーク…

  2. テニス メンタル

    テニス知識

    初心者でもテニスの試合に出て恥をかかない、「カウントの数え方とコールの仕方」について

    テニスの試合は、ほとんどの試合がセルフジャッジで選手自身で試合を進めて…

  3. テニス知識

    大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

    日々、テニスの試合をイメージしながらトレーニングすること。なか…

  4. テニス ボレー

    テニス知識

    練習でも試合でも、「テニスコートで怪我をしやすい人」の特徴5つ

    スポーツに怪我は付き物。テニスも選手同士の接触こそありませんが…

  5. テニス ウェイト

    テニス知識

    テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

    テニス選手として必要な筋力トレーニング、皆さんどんな感じでやってますか…

  6. テニス スコアシート

    テニス知識

    テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせない

    普段の練習試合から、しっかりと記録を残すこと。これは、何より勝…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    結果を出せるテニス選手になりたければ、「うろたえ癖」を解消する必要があります
  2. テニス チャンス

    練習メニュー

    試合に強くなる練習って、どんな練習?のヒントになる5つの視点
  3. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合では、なぜダウンザラインのリターンが必要なのか?
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「両手両足を動かさないサーブ」のメリットを考えてみると、アナタのサーブは改善でき…
  5. テニス 練習

    その他

    年末年始に「年越しオールナイトテニス」を楽しみたいなら、品川プリンスホテル隣の高…
PAGE TOP