テニス 大学

日々の雑記

挫折を経験出来ることこそ、テニス選手の魅力

いつも記事を読んで頂き、ありがとう御座います。

最近はずっと、関東は雨・・・ですね。

先週末の土日は、大事な試合が延期になったという方も多いんじゃないでしょうか。

秋のこの時期は、一番試合が多い時期ですからね。

学生の皆さんも、社会人、主婦やベテラン、シニアの皆さんも、たくさんのテニスコートで試合をやられている姿を観て、私自身勇気づけられています。

 

以前にも書きましたが、やっぱり「試合に出る」ってなかなか凄いこと。

他の競技でもそうかも知れませんが、特にテニスの試合って「実力差があるけど、対戦する」というケースも多い。

私が今住んでいる地域の市民大会は、A・B・C・・・みたいなレベル分けがされていないので、実質はオープン大会のようなもの。

そこに地元のスクールのテニスコーチやフリーのコーチ、現役の体育会の大学生や高校生まで出場するので、すごくレベルが高い選手も多い。

普通の初心者の方はもちろん、市民の方なんてほとんどいない・・・ような感じになってしまっています。

やっぱりどんな相手でも負けるのは悔しいし、自分の不甲斐なさを感じて帰路に着く。

でもまた頑張ろうと思える、そんなみなさんは本当に凄いですよ。

自然と生きていく上で必要な、「タフさ」みたいなものが磨かれていく。

これは、テニスならではの経験だと思います。

 

「挫折」と書くと大げさですが、私もたくさんの経験をしてきました。

もうテニスなんて絶対やりたくない、と思うような試合も経験しましたし、その逆もまたしかり。

でも、30を超えて感じることは、こういう挫折のような経験が出来ることこそ、テニスの魅力なんだなということ。

仕事や家族での挫折、はやっぱり厳しいじゃないですか、色々。

当然生きていく上で死活問題になりますし、人間関係だって危うくなる。

でも、テニスなら・・・テニスでの試合、勝負という中で挫折をすることが出来て、自分の中で学んで成長することが出来る。

この経験って、私は凄く大事だと思いますよ。

 

「たかがテニス」かも知れません。

でも、テニスを通じて自分を変えて生活を変え、人生を変えてきた人を私は何人も見て来ましたから。

希望を抱かずにはいられないんです。

テニスの試合に出続ける、ということは、いつでも大きな挫折と隣り合わせであるということ。

その覚悟をもって、今年も残りあと少し、自分の試合で悔いの無いように出し切っていきましょう。

気候変動が激しい時期ですので、どうか体調にはお気を付けて!

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. 日々の雑記

    横浜DeNAベイスターズの勢いが凄い、のには理由がある

    私が住んでいる横浜、去年くらいからすごく感じることがあります。…

  2. テニス 部活

    日々の雑記

    自分探しの旅、テーマはテニスで

    最近、考えていることがあります。旅に出たい、と。旅と…

  3. テニス 準備

    日々の雑記

    成長していける人は、自分の通過点を確認出来ている

    アンケートや相談室で、たくさんの「嬉しい声」を頂く機会があります。…

  4. テニス ポジショニング

    日々の雑記

    久々に試合に出ると感じてしまう、「配球で何とかする」が通じるレベルは限られる

    先日の土曜日に、試合に出て来ました・・・というお話をしたと思うんですが…

  5. テニス サーブ

    日々の雑記

    自分が嫌なテニスは、続かないですから

    最近、こんなご意見をよく頂きます。「T-PRESSさんのテニス…

  6. 日々の雑記

    知るということは、自ら動くということ

    東レPPOテニスも終わり、今週末からは楽天オープン。日本国内で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス シングルス

    テニススクール

    「趣味としてスクールでテニス」も良いけど、部活で頑張りたいその理由について
  2. テニス ストローク

    ストローク

    一昔前に流行った、「肘からテイクバックするフォアハンド」は、華やかなようで難しい…
  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュに決定力が無い」と感じている人が、意識したい5つのポイント
  4. テニス 練習

    戦術

    コードボールで失点、のような後には、遠慮なく時間を使って間をあけること
  5. テニス 構え

    ストローク

    「思いつき」でショットが打てますか?テニスの試合でのショット選択について確認しよ…
PAGE TOP