テニス 大学

日々の雑記

挫折を経験出来ることこそ、テニス選手の魅力

いつも記事を読んで頂き、ありがとう御座います。

最近はずっと、関東は雨・・・ですね。

先週末の土日は、大事な試合が延期になったという方も多いんじゃないでしょうか。

秋のこの時期は、一番試合が多い時期ですからね。

学生の皆さんも、社会人、主婦やベテラン、シニアの皆さんも、たくさんのテニスコートで試合をやられている姿を観て、私自身勇気づけられています。

 

以前にも書きましたが、やっぱり「試合に出る」ってなかなか凄いこと。

他の競技でもそうかも知れませんが、特にテニスの試合って「実力差があるけど、対戦する」というケースも多い。

私が今住んでいる地域の市民大会は、A・B・C・・・みたいなレベル分けがされていないので、実質はオープン大会のようなもの。

そこに地元のスクールのテニスコーチやフリーのコーチ、現役の体育会の大学生や高校生まで出場するので、すごくレベルが高い選手も多い。

普通の初心者の方はもちろん、市民の方なんてほとんどいない・・・ような感じになってしまっています。

やっぱりどんな相手でも負けるのは悔しいし、自分の不甲斐なさを感じて帰路に着く。

でもまた頑張ろうと思える、そんなみなさんは本当に凄いですよ。

自然と生きていく上で必要な、「タフさ」みたいなものが磨かれていく。

これは、テニスならではの経験だと思います。

 

「挫折」と書くと大げさですが、私もたくさんの経験をしてきました。

もうテニスなんて絶対やりたくない、と思うような試合も経験しましたし、その逆もまたしかり。

でも、30を超えて感じることは、こういう挫折のような経験が出来ることこそ、テニスの魅力なんだなということ。

仕事や家族での挫折、はやっぱり厳しいじゃないですか、色々。

当然生きていく上で死活問題になりますし、人間関係だって危うくなる。

でも、テニスなら・・・テニスでの試合、勝負という中で挫折をすることが出来て、自分の中で学んで成長することが出来る。

この経験って、私は凄く大事だと思いますよ。

 

「たかがテニス」かも知れません。

でも、テニスを通じて自分を変えて生活を変え、人生を変えてきた人を私は何人も見て来ましたから。

希望を抱かずにはいられないんです。

テニスの試合に出続ける、ということは、いつでも大きな挫折と隣り合わせであるということ。

その覚悟をもって、今年も残りあと少し、自分の試合で悔いの無いように出し切っていきましょう。

気候変動が激しい時期ですので、どうか体調にはお気を付けて!

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス 部活

    日々の雑記

    テニスをしていて辛いことが無い、というのが一番辛い

    相変わらず、暑い日が続きますね。みなさん、テニス頑張ってますか…

  2. 日々の雑記

    第3回 読者ミーティングを実施しました

    昨日は、年内最後の読者ミーティングを開催させて頂き、読者のみなさんと…

  3. テニス 雨

    日々の雑記

    「遠慮」は結果、不幸な結果に導かれる

    今週の月曜日から、更新が滞ってましてすみませんでした。仕事で離…

  4. 日々の雑記

    人を動かす、変えていくのは、いつだって「感動」じゃない?

    いよいよ、今夜は日本もワールドカップの初戦ですね。普段テニスを…

  5. テニス サーブ

    日々の雑記

    「初心者を大切にしない」テニス界って、最高にダサいと思う

    スポーツの秋・・・と言えば聞こえは良いですが、ちょっと寒すぎですよね。…

  6. テニス 観察

    日々の雑記

    まだまだ壁は、とてつもなく高いのかも知れない

    昨日(今朝)は、皆さん、全仏観戦お疲れ様でした・・・。まさに今…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    ワイドのコースへの有効なサーブを考えるときに、「あえて浅い」という要素は欠かせな…
  2. テニス ストローク

    ボレー

    テニスの試合では、「相手を追い込むボレー」の精度が勝敗を分ける!
  3. テニス ストローク

    ストローク

    トップスピンのストロークが苦手な人は、打ち終わりの肘の位置が低い人が多い
  4. サーブ

    ファーストサーブを打つ前の「ボール選び」は、しっかりこだわりたい!その理由につい…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブに自信の無い選手でも、「40-0になったファーストサーブ」では厳しいコース…
PAGE TOP