テニス 大学

日々の雑記

挫折を経験出来ることこそ、テニス選手の魅力

いつも記事を読んで頂き、ありがとう御座います。

最近はずっと、関東は雨・・・ですね。

先週末の土日は、大事な試合が延期になったという方も多いんじゃないでしょうか。

秋のこの時期は、一番試合が多い時期ですからね。

学生の皆さんも、社会人、主婦やベテラン、シニアの皆さんも、たくさんのテニスコートで試合をやられている姿を観て、私自身勇気づけられています。

 

以前にも書きましたが、やっぱり「試合に出る」ってなかなか凄いこと。

他の競技でもそうかも知れませんが、特にテニスの試合って「実力差があるけど、対戦する」というケースも多い。

私が今住んでいる地域の市民大会は、A・B・C・・・みたいなレベル分けがされていないので、実質はオープン大会のようなもの。

そこに地元のスクールのテニスコーチやフリーのコーチ、現役の体育会の大学生や高校生まで出場するので、すごくレベルが高い選手も多い。

普通の初心者の方はもちろん、市民の方なんてほとんどいない・・・ような感じになってしまっています。

やっぱりどんな相手でも負けるのは悔しいし、自分の不甲斐なさを感じて帰路に着く。

でもまた頑張ろうと思える、そんなみなさんは本当に凄いですよ。

自然と生きていく上で必要な、「タフさ」みたいなものが磨かれていく。

これは、テニスならではの経験だと思います。

 

「挫折」と書くと大げさですが、私もたくさんの経験をしてきました。

もうテニスなんて絶対やりたくない、と思うような試合も経験しましたし、その逆もまたしかり。

でも、30を超えて感じることは、こういう挫折のような経験が出来ることこそ、テニスの魅力なんだなということ。

仕事や家族での挫折、はやっぱり厳しいじゃないですか、色々。

当然生きていく上で死活問題になりますし、人間関係だって危うくなる。

でも、テニスなら・・・テニスでの試合、勝負という中で挫折をすることが出来て、自分の中で学んで成長することが出来る。

この経験って、私は凄く大事だと思いますよ。

 

「たかがテニス」かも知れません。

でも、テニスを通じて自分を変えて生活を変え、人生を変えてきた人を私は何人も見て来ましたから。

希望を抱かずにはいられないんです。

テニスの試合に出続ける、ということは、いつでも大きな挫折と隣り合わせであるということ。

その覚悟をもって、今年も残りあと少し、自分の試合で悔いの無いように出し切っていきましょう。

気候変動が激しい時期ですので、どうか体調にはお気を付けて!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. テニス 雑記

    日々の雑記

    「当たり前のことを、何回も言うなよ・・・!」と思ったら

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います!サイトをリニュー…

  2. 日々の雑記

    テニスの試合に強くなりたければ、経験に投資しよう

    8月も、もう後半。みなさん、お盆の時期はいかがお過ごしでしたか…

  3. 日々の雑記

    他の人の考え方は否定せずに、自分の糧にした方が10倍強くなれる

    すっかり春らしく、いや夏っぽくもなってきましたね。そろそろ試合…

  4. テニス 評価

    日々の雑記

    部長やキャプテンの代が交代する・・・時期ですね

    ジメジメした時期、でも高校の部活はフレッシュな時期・・・が、この6月じ…

  5. テニス 環境

    日々の雑記

    テニスはこれから、「情報格差」の時代へ

    数年前までは、情報格差なんてほとんど無かった。みんなが同じよ…

  6. テニス ミス

    日々の雑記

    みんなから同情されたい病、を治す薬はありません

    今日はクリスマスイブ、ですね。各地でクリスマスっぽいテニストー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    40に乗せるポイント、に全力を注ごう
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「テニスでヘッドが走るストローク」でキレ味の鋭さを増すのに必要なポイント4つ
  3. テニス 練習

    戦術

    試合前に頭が真っ白になる人は、〇〇だけ決めて入ろう
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーの深さは、ネットのどの高さを通すかで調整しよう
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブで身体が開かないようにするには、「前側の肩が前にある状態でインパクト」出来…
PAGE TOP