素振り

テニス知識

「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

読者の皆さんの中にも、「素振り」を頑張っている皆さんは多いはず。

嬉しいことに、アンケートでも「T-PRESSを読んで、素振りでも意識が変わりました!」という声を、たくさん頂きました。

毎日、5分で良いからラケットを振る。

でも、やるならしっかりパワーアップ、を図っていきたいですよね。

そんな方には、「ラケットに設置出来る、テニス専用のウェイトボール」が最高にオススメです。

 

「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

 

よく、野球選手がバットの先に重りをつけて素振り、をしているのを見たことがあると思います。

それくらい、150km/hの硬式ボールを打ち返す、とうのは大変なこと。

重さに耐える、パワーに変えて打ち返すにはしっかりしたトレーニングが大事。

テニスでは、こういう専用のウェイトボールがあります。

 

素振り

 

使い方は簡単、ラケットにそのまま装着出来ます。

まさにボールを打ってる瞬間の「重さ」、を感じながら振ることで、テニスの素振りもかなり有意義になる。

 

素振り

 

このウェイトボールを付けて素振りをすると、気付くことがあります。

それは、振った重さで、しっかりラケットのどこに当たっているのかを確認出来るということ。

テニスって、実はラケットの真ん中を使わないショットも多い。

少し下側のエッジに引っ掛けるようにしてトップスピンロブ、を打ったり、ドロップショットはスロートに近い場所でボールを触るとタッチ感が出しやすい。

そういう感覚って、普通に素振りをしててもなかなか身に付かないんですよね。

このウェイトボールを使えば、「あぁ、この重さを感じているときには、良いんだ」というポイントが分かるはず。

自分のショット、の精度を高めていくためには、「良いときの感触、正しい重さ」に慣れておくのが大事なんです。

 

重さは120gと、実際のボールよりはもちろん重め。

それくらい、相手のボールを打ち返すときには負荷がかかりますからね・・・。

体幹のトレーニング、持久力アップ、と併せて素振りの感触アップ、ぜひ実践して欲しいと思います。

色は全4色。

自分のラッキーカラー、選んでみませんか?

 

素振り

 

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス テニスボール

    テニス知識

    テニスでは、試合と練習で使う「テニスボールが全然違う」ことを、みんな忘れてはいないか?

    試合と練習の違い、一番大きい要因は何か。私は、使うボールが全然…

  2. テニス アイシング

    テニス知識

    ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

    まさにこれからが、夏本番。テニスの試合、苦しい試合の連続・・・…

  3. テニス ラケット

    テニス知識

    これからテニスを始める人でも知っておきたい「ラケット選びの5つのポイント」

    これからテニスを始めようと考えている方、楽しみなのはまずラケット選び。…

  4. テニス 試合

    テニス知識

    セルフジャッジが中途半端な人は、いつも試合中にもめてばかり

    昨日まで、私も草トーの大会に出場してました・・・が、やっぱりもめている…

  5. テニス ラケット
  6. テニス トレーニング

    テニス知識

    一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

    テニスに必要な体力、筋力をしっかり蓄えておく。その為には、良い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ソックス
  2. テニス バッグ
  3. 筋トレ
  4. テニス ネット
  5. テニス スマートフォン
  1. テニス 準備

    ボレー

    ネットプレーに必要なコントロールは、「目の前2メートルに目標を設定」することで、…
  2. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合の現場で必要な「修正力」について考えてみると、普段の練習から意識が変…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスで「試合前の緊張」と上手く向き合う5つの方法
  4. テニス メンタル

    メンタル

    どんなに相手が強敵でも、「人間の力に大差は無い」という意識は大事
  5. テニス メンタル

    ストローク

    「切れ味鋭いストローク」の基本は、20年前とは大きく変わっているという事実につい…
PAGE TOP