テニス サーブ

テニス知識

スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

スピンサーブは、「屈強な男性が打つサーブ」というのが、一昔前のテニスでした。

でも、今は違う。

ラケットもガットも進化して、しっかり弾むスピンサーブを打つ女子選手も、もはや普通にそこら中にいます。

自分も身に付けたいけど、難しい・・・という方は、コレを試してみませんか?

 

スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

 

1.スピンサーブ強化グッズ

サーブの強化グッズは色々ありますが、大事な手首の角度を身に付ける器具は意外と少ない。

手首の角度って、なかなかテニススクールでもちゃんと教わる機会って少ないですからね。

その名もそのまま、「スピンマスター」。

テニス サーブ

これだけ見ると、どう使うの?という感じですが、要は手首とラケットの角度を固定する、のが目的です。

スピンサーブでは、まずこの基本が肝になります。

装着イメージは、こんな感じ。

テニス サーブ

 

2.最初は慣れないと、打ち辛い・・・

何だかすごく、動かしにくそうですが・・・これで良いんです。

そもそも、硬式テニスはサーブだけじゃなくて、「手首の角度を変えない」ショットが多い。

可動域をあえて狭くしていくスピンマスター、のような器具の活用はすごく効果的です。

私は高校時代、これに近いことをタオルや手ぬぐいを使って、練習してました。

最初は窮屈ですが、徐々に慣れてきてしっかり振れるようになる。

そうすると、すごく良い回転が安定してかかるようになるはずです!

 

 

装着方法
1:スピンサーブマスタのリストストラップを手首に巻いて、リング部分を通してマジックテープでしめてください。
2:リングが親指のサイドになっていることを確認してください。
3:ラケットを短く包丁握りで持ってください。
4:チューブ部分をグリップ上のスロート部分に通して、両クリップをリストストラップに引っ掛けてください。
5:グリップを包丁握りで普段の長さで持ってください。
セットアップ完了:手首が約90度に引っ張られていることを確認してください。
※抵抗が強い場合はラケットを短めに持ってもかまいません。

出典:amazon

 

3.サーブ強化以外の応用も可

これ、実際にサーブ以外の練習にも使えると思います。

手首を使って回転をかける癖、がある人、スライスが擦るだけになっている人、にもお勧めです!

手首の角度、さえ身に付ければテニスの技術は8割が完成したようなモノ。

スピンマスター、価格も2,800円とお手頃ですので、ぜひ!

 

 

手首の角度は、強制器具で鍛えるのが実は効果的。

最初は窮屈に感じると思いますが、テニスに必要な要素で慣れればきっと試合にも強くなる。

社会人の方にもお勧めです。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス知識

    汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

    手汗がすごくて、グリップが滑ってしまう。これは、特に男性にとっ…

  2. テニス タオル

    テニス知識

    テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

    テニスの試合前、しっかり作戦を考えたい・・・ときに、こんなタオルがある…

  3. テニス 客観視

    テニス知識

    セルフジャッジの試合で酷いことをされても、テニスでやり返す気持ちを大切に

    今回は、すごく厳しいお話です。厳しいというのは、受け入れがたい…

  4. テニス 前衛

    テニス知識

    将来テニスの指導者になりたい人は、現役のうちから自分の感覚を「言葉」にして発信していこう

    読者の皆さんの中にも、今は現役選手だけど将来は指導者になりたい、と思っ…

  5. トレーニング

    テニス知識

    フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

    フットワークを磨きたい、試合でコートカバーリングを磨きたい人は、どんな…

  6. テニス知識

    これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

    先週末、私自身テニスの予定でしたが残念ながら雨。そして今週末も…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    フットワーク

    自分から速い球を打って、「返されると反応出来ない」のは、テニスで一番みっともない…
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「相手が2人いるから、第3の手段」が選択肢として必要…
  3. テニス 打点

    ストローク

    「チャンスボールが来たっ!」テニスの試合でありがちなミスを減らす考え方
  4. ボレー

    試合で使える、両手バックハンドボレーの切れ味をアップさせるコツ5つ
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    「ひたすらストロークで粘るダブルス」に負けない為に、前衛がトライしたい作戦とは?…
PAGE TOP