テニス 多動力

テニス知識

多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

私が中学生、高校生でテニスをやっていた頃。

その頃の話題の中心、それは「こないだ対戦したアイツ、やばい!」みたいな感じだった。

県内で強豪の選手、実際に試合を観たり対戦したときの感覚や衝撃、今でも覚えています。

 

多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

 


 

1.最近の若い人は凄いと思う

そんな選手に、何とか勝ちたい!と色々考えてテニスの練習をしたり、OBの先輩にお願いして大学生との練習を組んでみたり、ラケットメーカーの試打会に遠出したり・・・とにかく何でもやってみたのを覚えています。

でも、最近の学生選手の皆さんの話を聞いていると、改めてすごいなと思うことがあります。

SNSや動画、ネットを通じてたくさんの情報やつながりを得ている人が多い。

「そんな選手、知ってるの!?」と思うくらい、プロテニス界にも詳しい。

これってすごく、良いことだと私は思います。

テニスを始める、続ける、上手くなるスピードは、どんどん上がっている。

それこそまさに、「多動力」だと私は思います。

 

テニス 多動力

 

2.テニスの情報量は、20年前と段違い

堀江さんのこの著書、まさにテニスにも通じることがたくさん書いてある。

私たちは、テニスの世界にいる中で、テニスのことが見えていない。

今の若い学生の皆さんの方が、よっぽどテニスを多方面から観て情報を得ている。

プロ選手に詳しいのも、今なら動画サイトで実際のプレーをいつでも観ることが出来るし、アカウントをフォローすればSNSでどんどん情報も入ってくる。

遠くで活躍しているけど、まるで自分のこと、のように思えてくるんだと思います。

 

3.情報量が多い時代に、遅れるのは危険

「知らないことは、弱者である」

という、言い方を変えればちょっと残虐な感じですが、私はテニスもまさにそう、だと思います。

あとは文字通り、「多くのことを同時進行で進める力」は、まさにテニスの試合でこそ求められること、でしょう。

自分の調子を確認しながら相手の技術を読み、予測して試合のプランを作る。

ラリー中は止まることが出来ないので、打ったら考える、打つ前から考えるの繰り返し。

ポイント間には、それらを整理してまた次のサーブを打っていく・・・。

ビジネス書のようで、実はテニス選手に必要な要素がたくさんあるので、皆さんにもお勧めしたいと思います。

 

著書の中には、当たり前だけど「言葉になると、強烈なこと」がたくさんあります。

現実主義、実力主義が根底にあるので、毛嫌いする方も多いでしょう・・・が、「自分が嫌悪感を示す」ような本に触れることも、私は大事だと思います。

この夏、自分を強く変えてくれる一冊として、どうでしょう。

大きな字、テンポの良い文章で、1時間もあれば読めてしまうと思います。

変わりたいけど、変われない・・・と思っている方は、ぜひ。

 

 

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. 「第3回 読者ミーティング」を開催します
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. テニス バッグ

    テニス知識

    Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ

    以前に、「試合に強いテニス選手の、ラケットバッグは美しい」という記事を…

  2. テニス知識

    テニス動画をたくさん撮影したいなら、「スマートフォンバッテリーケース」が断然オススメです!

    自分のテニスの動画、練習でも試合でも、撮影することで成長につながる。…

  3. テニス イレギュラー

    テニス知識

    リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

    テニスの試合で、イレギュラーバウンド・・・どの程度あるでしょうか?…

  4. テニス ダブルス

    テニス知識

    テニスの試合でありがちな、「デュース有りとノーアドバンテージ形式を間違えた」ときには?

    草トーナメントの試合では、進行を速くする為に「ノーアドバンテージ形式」…

  5. テニス ラケット

    テニス知識

    【保存版】テニスのストリングについて、必要な知識を用語別にまとめてみました

    テニスラケットとストリング。ラケット選びには人一番気を遣う選手…

  6. テニス知識

    「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

    いつもT-PRESSを読んで頂き、ありがとう御座います。最近、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス スライス

    スマッシュ

    「スマッシュを打ちこまれても慌てない!」返球スキルを上げる4つのポイントとは?
  2. テニス 環境

    練習メニュー

    アナタのテニスが成長していけば、「周りの成長に繋がる」から良い循環が生まれる
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの攻撃力を高めたいなら、相手が打つ直前にポジションを微調整出来るようになろ…
  4. テニス メンタル

    サーブ

    サーブだけは相手に左右されない、本当にそうですか?
  5. テニス メンタル

    メンタル

    アナタが削るべきムダな時間は、悩んでいる時間です
PAGE TOP