テニス 評価

日々の雑記

部長やキャプテンの代が交代する・・・時期ですね

ジメジメした時期、でも高校の部活はフレッシュな時期・・・が、この6月じゃないでしょうか。

私の母校も、高校総体予選が終わり今年はインターハイに出場できず。

3年生は引退して、部長やキャプテンが交代、になりました。

読者の皆さんの中にも、引退した方や、新しく部長やキャプテンになった方、もたくさんいると思います。

「やってやるぞー!」と気合に満ちている人もいれば、「強かった先輩が抜けて、自分たちでまとまってやっていけるのか・・・」と不安になっている人も、いると思います。

 

私自身、圧倒的に後者でした。

強かった先輩が抜けて、まとまりがない2年生、部活を辞めたがっている1年生、でどうやってテニス部を強くしていく?ということに、悩んでばかり。

夏休み前の定期テストも、部活のことで頭がいっぱい・・・だった記憶があります。

そんなとき、もし昔の自分に声をかけてあげるなら・・・。

「色々な人と、話すだけで楽になるよ」ということ。

 

例えば同級生、同じように2年生で部活のリーダーになって、焦っていたり悩んでいる人はたくさんいます。

そして顧問の先生。

頼りにならない、形だけの先生かも知れませんが、だからこそ「話なら聞くよ」という先生も、実際は頼りになります。

そして引退した先輩も、実は「あいつら、大丈夫かな・・・」と心配している。

話してもムダだし、恥ずかしい・・・と考える人が多いと思いますが、これだけは言えます。

 

アナタ自身、一人で悶々と考えていても、もったいないし損をするだけ。

ちょっとの勇気を持つことで、アナタが悩んでいることが一瞬で解決出来たりもする。

これは、私自身気付けていなかった部分。

そして、昔の自分に対して一番、言ってあげたい部分でもあります。

 

最後は自分で結論を出す、ことが大事。

でも、人と話すことで、自分の中で浮かんでくるアイデアや考え、がたくさんあるのも事実。

学生の皆さんは、「周りに頼らず、自分で何とかしたい!」と思っている方が多いでしょう。

そこを少し、柔軟に考えられるだけでかなり変わって来ると思います。

 

何より、私は今までそうやって、「急激に強くなったチーム、選手」をたくさん観て来ました。

やっていることは、共通している。

自分で悩みを抱えないで、出来るだけ色々な人と話すということ。

ちょっとだけ、皆さんも意識してみて下さい。

きっと夏に向けて、新しいテニスに対するモチベーション、のヒントが見つかるはずです!

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. テニス グッズ

    日々の雑記

    今自分の目の前で起きていることは、全て自分が引き起こしていること

    テニスを続けていれば、基本上手くいかないことばかり。そうじゃな…

  2. テニス ミス

    日々の雑記

    みんなから同情されたい病、を治す薬はありません

    今日はクリスマスイブ、ですね。各地でクリスマスっぽいテニストー…

  3. テニス 調子

    日々の雑記

    「恥」を知れば、テニスはもっと強くなる

    今日も記事を読んで頂き、ありがとう御座います。ちょっとずつ、夏…

  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    やっと落ち着きました・・・

    いつも記事を読んで頂き、ありがとう御座います。やっと、サイトの…

  5. テニス 感覚

    日々の雑記

    アナタのテニスを、誰かの「主観」という物差しで測ってはいけない

    皆さんは、「自分のテニス」をしっかり自分で決断出来てますか?も…

  6. テニス メンタル

    日々の雑記

    皆さんアンケートのご協力、ありがとう御座います!

    アンケートにご協力頂いた皆さん、ありがとう御座いました!現在5…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスのルールは、「いつも自分の味方!」という意識は凄く大事
  2. ボレー

    「ボレーで打つコースを隠す」ことができれば、ゆっくりしたボールでもポイントが獲れ…
  3. テニス 環境

    フットワーク

    テニスというスポーツでは、「フライングスタート」は反則ではありません
  4. テニス ミス

    ストローク

    グリグリなストロークのボールに圧力を感じるのは、備えが無いから
  5. テニス 指導

    練習メニュー

    練習中に「ごめん」は、卒業しよう
PAGE TOP