テニス 評価

日々の雑記

部長やキャプテンの代が交代する・・・時期ですね

ジメジメした時期、でも高校の部活はフレッシュな時期・・・が、この6月じゃないでしょうか。

私の母校も、高校総体予選が終わり今年はインターハイに出場できず。

3年生は引退して、部長やキャプテンが交代、になりました。

読者の皆さんの中にも、引退した方や、新しく部長やキャプテンになった方、もたくさんいると思います。

「やってやるぞー!」と気合に満ちている人もいれば、「強かった先輩が抜けて、自分たちでまとまってやっていけるのか・・・」と不安になっている人も、いると思います。

 


 

私自身、圧倒的に後者でした。

強かった先輩が抜けて、まとまりがない2年生、部活を辞めたがっている1年生、でどうやってテニス部を強くしていく?ということに、悩んでばかり。

夏休み前の定期テストも、部活のことで頭がいっぱい・・・だった記憶があります。

そんなとき、もし昔の自分に声をかけてあげるなら・・・。

「色々な人と、話すだけで楽になるよ」ということ。

 

例えば同級生、同じように2年生で部活のリーダーになって、焦っていたり悩んでいる人はたくさんいます。

そして顧問の先生。

頼りにならない、形だけの先生かも知れませんが、だからこそ「話なら聞くよ」という先生も、実際は頼りになります。

そして引退した先輩も、実は「あいつら、大丈夫かな・・・」と心配している。

話してもムダだし、恥ずかしい・・・と考える人が多いと思いますが、これだけは言えます。

 

アナタ自身、一人で悶々と考えていても、もったいないし損をするだけ。

ちょっとの勇気を持つことで、アナタが悩んでいることが一瞬で解決出来たりもする。

これは、私自身気付けていなかった部分。

そして、昔の自分に対して一番、言ってあげたい部分でもあります。

 

最後は自分で結論を出す、ことが大事。

でも、人と話すことで、自分の中で浮かんでくるアイデアや考え、がたくさんあるのも事実。

学生の皆さんは、「周りに頼らず、自分で何とかしたい!」と思っている方が多いでしょう。

そこを少し、柔軟に考えられるだけでかなり変わって来ると思います。

 

何より、私は今までそうやって、「急激に強くなったチーム、選手」をたくさん観て来ました。

やっていることは、共通している。

自分で悩みを抱えないで、出来るだけ色々な人と話すということ。

ちょっとだけ、皆さんも意識してみて下さい。

きっと夏に向けて、新しいテニスに対するモチベーション、のヒントが見つかるはずです!

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

関連記事

  1. テニス テニスボール

    日々の雑記

    どんな風にお金を払っても、経験は買えない

    関東では急に寒さが厳しくなって、本当真冬って感じになりましたね。…

  2. 日々の雑記

    大坂なおみ選手、全米オープン優勝の偉業に寄せて

    昨日の日曜日の朝、飛び起きてみると嬉しいニュースが。もう、みな…

  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    上手くなった自分を、日々イメージしていかないと

    急に暖かくなったり、寒くなったり・・・。みなさん、体調を崩して…

  4. テニス 部活

    日々の雑記

    自分探しの旅、テーマはテニスで

    最近、考えていることがあります。旅に出たい、と。旅と…

  5. テニス トレーニング

    日々の雑記

    小さな積み重ねを、必ず陰から見ている人はいる

    関東では、桜が一番キレイな時期になりました。皆さんの周りでも入…

  6. テニス メンタル

    日々の雑記

    断言します、アナタは「人を感動させる」試合の主役になれる

    年末になると、スポーツの観戦機会が増えますよね。テレビでもサッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. メンタル

    ノンプレッシャーのテニス、面白い?
  2. テニス ストローク

    練習メニュー

    テニスのショットコントロールを改善できる秘密兵器、「ねらってーぷ」を試してみたら…
  3. テニス ミス

    メンタル

    「粘り続ける技術と体力」テニスの試合で格上との対戦で競る為には・・・?
  4. ストローク

    打ちにいきたいポイントほど、引き付けて我慢する打点が大事
  5. テニス 準備

    リターン

    サーブの調子が良い相手には、遠慮なくロブリターンを
PAGE TOP