テニス 評価

日々の雑記

部長やキャプテンの代が交代する・・・時期ですね

ジメジメした時期、でも高校の部活はフレッシュな時期・・・が、この6月じゃないでしょうか。

私の母校も、高校総体予選が終わり今年はインターハイに出場できず。

3年生は引退して、部長やキャプテンが交代、になりました。

読者の皆さんの中にも、引退した方や、新しく部長やキャプテンになった方、もたくさんいると思います。

「やってやるぞー!」と気合に満ちている人もいれば、「強かった先輩が抜けて、自分たちでまとまってやっていけるのか・・・」と不安になっている人も、いると思います。

 


 

私自身、圧倒的に後者でした。

強かった先輩が抜けて、まとまりがない2年生、部活を辞めたがっている1年生、でどうやってテニス部を強くしていく?ということに、悩んでばかり。

夏休み前の定期テストも、部活のことで頭がいっぱい・・・だった記憶があります。

そんなとき、もし昔の自分に声をかけてあげるなら・・・。

「色々な人と、話すだけで楽になるよ」ということ。

 

例えば同級生、同じように2年生で部活のリーダーになって、焦っていたり悩んでいる人はたくさんいます。

そして顧問の先生。

頼りにならない、形だけの先生かも知れませんが、だからこそ「話なら聞くよ」という先生も、実際は頼りになります。

そして引退した先輩も、実は「あいつら、大丈夫かな・・・」と心配している。

話してもムダだし、恥ずかしい・・・と考える人が多いと思いますが、これだけは言えます。

 

アナタ自身、一人で悶々と考えていても、もったいないし損をするだけ。

ちょっとの勇気を持つことで、アナタが悩んでいることが一瞬で解決出来たりもする。

これは、私自身気付けていなかった部分。

そして、昔の自分に対して一番、言ってあげたい部分でもあります。

 

最後は自分で結論を出す、ことが大事。

でも、人と話すことで、自分の中で浮かんでくるアイデアや考え、がたくさんあるのも事実。

学生の皆さんは、「周りに頼らず、自分で何とかしたい!」と思っている方が多いでしょう。

そこを少し、柔軟に考えられるだけでかなり変わって来ると思います。

 

何より、私は今までそうやって、「急激に強くなったチーム、選手」をたくさん観て来ました。

やっていることは、共通している。

自分で悩みを抱えないで、出来るだけ色々な人と話すということ。

ちょっとだけ、皆さんも意識してみて下さい。

きっと夏に向けて、新しいテニスに対するモチベーション、のヒントが見つかるはずです!

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    「自分はテニス初心者で、申し訳無い」なんて思ってるのは、日本人だけかも

    もう15年くらい前、のことですが。テニススクールでアシスタント…

  2. テニス 部活

    日々の雑記

    テニスをしていて辛いことが無い、というのが一番辛い

    相変わらず、暑い日が続きますね。みなさん、テニス頑張ってますか…

  3. テニス サーブ

    日々の雑記

    「初心者を大切にしない」テニス界って、最高にダサいと思う

    スポーツの秋・・・と言えば聞こえは良いですが、ちょっと寒すぎですよね。…

  4. テニス ミス

    日々の雑記

    みんなから同情されたい病、を治す薬はありません

    今日はクリスマスイブ、ですね。各地でクリスマスっぽいテニストー…

  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    新年明けましておめでとう御座います

    遅くなりましたが、新年明けましておめでとう御座います。更新が滞…

  6. テニス メンタル

    日々の雑記

    大きな喪失感を目の前にして、人は初心、原点に立ち戻れる

    なんだかこの時期って、色々思い出しませんか?季節の変わり目、年…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 準備

    戦術

    「攻めなきゃ、攻めなきゃ・・・」って、何を焦ってるの?
  2. テニス ボレー

    リターン

    ダブルフォルトは、「積極的にもらいに」いかないと!
  3. テニス ボレー

    戦術

    サービスダッシュして「ガッツリ足元に沈められてる」のなら、一度雁行陣で対応しよう…
  4. テニス スマッシュ

    戦術

    「ここは動かないだろう」という場面で勝負に出ないと、試合では勝てない
  5. 戦術

    テニスの試合で勝つために必要な「展開力」を身に付ける為の4つの意識
PAGE TOP