テニス メンタル

シングルス

「俺はこれくらいのラリー、何十球でも付き合うよ」という意志表示、出来ているか?

試合に早い人は、ミスが早い。

でもそのミスって・・・原因は何でしょう?

ここの部分を真剣に考えない限り、アナタはいつまで経っても負け続ける。

技術的な問題?よりも考え方の問題、だと思います。

 

「俺はこれくらいのラリー、何十球でも付き合うよ」という意志表示、出来ているか?

 

1.試合でラリーが続くと苦しくなる、のはなぜなのか?

試合で、相手とラリーが苦手な人。

苦手・・・というと語弊がありますが、ミスが早い人はそもそも粘れない。

それはなぜか?

どこかで、「相手から攻撃される」のが、無意識のうちに怖かったりするんじゃないでしょうか。

焦って自分から攻撃しようとして、無理をする。

ラリーが続いているだけなのに、どこかで相手から攻撃される恐怖、に負けてしまうんでしょう。

 

2.「何十球でもラリー出来る」くらいの気持ちでいよう

しっかり、相手と向き合うこと。

シングルスの試合、ダブルスの試合の後衛は、しっかりこの意識が大事。

ラリーは何十球でも続ける、アナタと付き合いますよ、という感覚、アナタにはありますか?

「なんだ、ただのシコラー理論か」と思った方、きっとシコラー相手に負け続けてますよね。

これはテニス選手として、必要な考え方。

試合は楽に勝てない、だから面白い。

相手と向き合ってとことん勝負する、ラリーに付き合う覚悟で試合に挑みましょう。

 

3.長いラリーは自分のペース、で試合に挑もう

長いラリー、皆さんは好きですか?

知らず知らず、のうちに苦手意識が芽生えているはずです。

特に強い相手だと、そうでしょう。

長いラリーの中で、押される時間が長いとどうしても苦しくなる。

そう考えるのって、損ですよ。

長いラリーは、自分のペース。

これでいきましょう!

根拠が欲しいところですが、技術的に成長してから考えが変わる、のはかなり先の話。

まずは気持ちだけでも、ハッタリだけでも良いと思いますよ。

 

きっとアナタが思っているほど、相手は余裕が無い。

でもそれ以上に、アナタ自身にも余裕が無い・・・と試合では辛くなる。

何十球、ラリーしても良いじゃないですか。

テニスの試合って、そういうモノですよ。

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「自分の得意なパターンで攻撃していく」ために大切な4つの準備

    シングルスの試合は、自由にプレー出来る分、想像力が求められます。…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    「中学レベルの技術」でも実践できる、シングルスで勝ちパターンを作る方法4つ

    シングルスの試合、自分で自由に出来るようで、実際は何をやったら良いのか…

  3. テニス 試合
  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「ポイント間に自分と会話する」ことが出来ると、メンタル面が安定します

    シングルスの試合について、よく「メンタルが弱いのですが、何か対策はあり…

  5. テニス フットワーク

    シングルス

    シングルスの試合、徹底して同じコースを狙ってみない?

    シングルスの試合で、有効な作戦。シンプルですが、私はいつもこの…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「長いラリーは自分のペース」と思えるようになると強くなった証

    シングルスの試合に勝てない人には、ある共通の苦手意識がある。そ…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス グッズ

    メンタル

    「テニスの試合で勝ち抜く人」のラケットバッグは美しい
  2. テニス サーブ

    サーブ

    今年こそ「サーブ改革元年」にしたい人に贈る、試合に勝てるサーブの考え方とは?
  3. メンタル

    「練習上手は勝負好き」緊張感の無いテニスの練習は無意味です
  4. テニス コントロール

    戦術

    安定した守備力、を今年のキーワードにしよう
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーに苦手意識がある人は、「無意識のうちに、身体が逃げていっている」ことに早く…
PAGE TOP