テニス ボレー

ボレー

風上でのネットプレーは、失速して沈むボールに注意!

風上から気持ち良くプレーして、ネットに出て・・・。

でも、ここで注意が必要なのが「失速」するボール。

相手が沈める気持ちがなくても、ストロークが自然に失速して沈んでいく。

風上では、失速するボールをしっかりケアすること、が必要です。

 

風上でのネットプレーは、失速して沈むボールに注意!

 

1.自分とネットの距離は、短くしよう!

私は、風上ではより「ネットに詰める」ことをお勧めしたい。

ロブまでもが失速して、浅くなってくれる。

一番怖いのは、ネットと自分の間にポトッと落ちて、身体が泳いでボレーミスになること。

これは、特にスライスで沈めてくるような相手に要注意です。

風上だからと言って、油断は禁物です。

 

2.ハーフボレー、バウンドさせる判断を早く!

相手が打つ格好を見て、早めに予測したい。

自分の前でバウンドさせるのか、ハーフボレーなのか、ノーバウンドなのか。

早く決断出来れば、大丈夫。

決断が遅い人は、相手が打ってから全てを考えようとしている、色々なボールを待っている。

苦しい態勢、スライスを打とうしている態勢、分かりますよね?

そこでしっかり見極めて、次に来るボールをある程度予測してみる。

そうすれば、フットワークも良い反応が出来るはずです。

 

3.遅いボールこそ、踏み込んでボレーしよう!

風上では、自分の方向にボールが飛んで来ない。

飛んで来ないから、足だけ止まって泳いでしまう。

遅いボール、風で止まるボールほど、しっかり足を出していきましょう。

最初から失速する、と気付ければ低い位置でも拾えるはず。

ネットプレーの基本は、やはりノーバウンド。

もしバウンドさせるときには、早めに足を止めて処理しましょう。

 

風を言い訳にする人は、いつまで経っても相手を楽にしている。

ネット近くでは風は無関係?

いやいや、スライス回転は特に、ストロークで沈めるのに風下からの武器になります。

泳がないボレー、相当意識しないと難しいですよ。

 

今回のまとめ

風上でのボレーは、ポジション前と観察力アップで油断しないでいこう!

 

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    シングルの試合で、「ダウンザライン方向への展開から、ネットに出る」と、カバー範囲が狭いからポイントを…

    シングルスの試合で、ストロークの戦いだけになってしまうこと、多くないで…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ファーストボレーまで頑張る、だけで並行陣で勝てるようになるはず

    ダブルスで頑張って並行陣、にトライしているけどリターンに押されてキープ…

  3. テニス ロブ

    ボレー

    試合で勝ちたければ、「ボレーは少しボールの下を触って山なり」に変えていこう

    試合で勝つために、必要なボレー。もしかしたら、それはアナタ自身…

  4. テニス メンタル

    ボレー

    ダブルスの並行陣では、「スライスのボレーで粘る」だけだと、オムニコートでは打ち込まれてしまいます

    ダブルスでサーブ&ボレーから前に出る、並行陣にトライしているけどなかな…

  5. テニス ポジショニング

    ボレー

    ハーフボレーに必要なコツは、思い切ってラケット面を下に向けてボールに被せること

    「ハーフボレーが難しくて・・・」という声を、たくさんの方から頂きます。…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    相手のスライスは、全てポーチチャンスと心得よう!

    ダブルスの試合、皆さんもっと、チャンスに貪欲にならないと。相手…

特集記事

  1. テニス 指導

    メンタル

    自分の失敗を本気で活かせる人は、実はすごく少ない
  2. ダブルス

    「どうやって打つか・・・よりも、どこで打つか」ダブルスの試合では、ポジショニング…
  3. テニス マナー

    その他

    「ボール、いきまーす」で、対戦相手にボールを渡すときのマナー、しっかりできていま…
  4. テニス 試合

    メンタル

    テニスの試合では「アンフォーストエラー」よりも「フォーストエラー」に着目しておき…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    「バックボレーが全然分からない!」人は、逆クロスから練習すると感覚掴みやすいです…
PAGE TOP