テニス ボレー

ボレー

風上でのネットプレーは、失速して沈むボールに注意!

風上から気持ち良くプレーして、ネットに出て・・・。

でも、ここで注意が必要なのが「失速」するボール。

相手が沈める気持ちがなくても、ストロークが自然に失速して沈んでいく。

風上では、失速するボールをしっかりケアすること、が必要です。

 

風上でのネットプレーは、失速して沈むボールに注意!

 

1.自分とネットの距離は、短くしよう!

私は、風上ではより「ネットに詰める」ことをお勧めしたい。

ロブまでもが失速して、浅くなってくれる。

一番怖いのは、ネットと自分の間にポトッと落ちて、身体が泳いでボレーミスになること。

これは、特にスライスで沈めてくるような相手に要注意です。

風上だからと言って、油断は禁物です。

 

2.ハーフボレー、バウンドさせる判断を早く!

相手が打つ格好を見て、早めに予測したい。

自分の前でバウンドさせるのか、ハーフボレーなのか、ノーバウンドなのか。

早く決断出来れば、大丈夫。

決断が遅い人は、相手が打ってから全てを考えようとしている、色々なボールを待っている。

苦しい態勢、スライスを打とうしている態勢、分かりますよね?

そこでしっかり見極めて、次に来るボールをある程度予測してみる。

そうすれば、フットワークも良い反応が出来るはずです。

 

3.遅いボールこそ、踏み込んでボレーしよう!

風上では、自分の方向にボールが飛んで来ない。

飛んで来ないから、足だけ止まって泳いでしまう。

遅いボール、風で止まるボールほど、しっかり足を出していきましょう。

最初から失速する、と気付ければ低い位置でも拾えるはず。

ネットプレーの基本は、やはりノーバウンド。

もしバウンドさせるときには、早めに足を止めて処理しましょう。

 

風を言い訳にする人は、いつまで経っても相手を楽にしている。

ネット近くでは風は無関係?

いやいや、スライス回転は特に、ストロークで沈めるのに風下からの武器になります。

泳がないボレー、相当意識しないと難しいですよ。

 

今回のまとめ

風上でのボレーは、ポジション前と観察力アップで油断しないでいこう!

 

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    テニスの試合で「ハーフボレーの苦手意識」を克服する為の4つの視点

    並行陣で戦うダブルスではもちろん、雁行陣でも陣形を崩されたりしてネット…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーカットは、しっかり深く・・・だけだと、危険な発想です

    「これは、基本だから・・・」と、何も考えないで打っているショット。…

  3. テニス ボレー
  4. テニス ストローク

    ボレー

    ダブルスの試合に前衛で武器になる、「ポーチからのドロップボレー」は絶対に身に付けよう

    ポーチボレーで、前衛として攻撃していくのはダブルスの基本。特に…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    中級と上級の差、ハイボレーをふかしてアウトしてしまう人は、「横向きの抑え」が足りない人がほとんど

    テニスは上のレベルになるとポイントゲット、ゴールゲットのスポーツ。…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    相手ボレーヤーに「ハーフボレー」をさせた後は、徹底的に前に詰めて攻撃していこう!

    相手ばボレーをするときに、アナタはどのあたりをチェックしますか?…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「最後は楽しんだもん勝ち」な感覚も大事
  2. テニス 錦織圭

    ストローク

    シングルスの試合で有効な「相手を深く、えぐるストローク」を身に付けるためには…?…
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    横に流れるランニングショット、打った後に反対側をカバー出来てますか?
  4. テニス リターン

    リターン

    リターンミスが多い人は、軸足から踏み込んで体重を乗せることだけ意識しよう
  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュの攻撃力をアップしたいなら、「スマッシュを打つ機会」をどんどん増やす意…
PAGE TOP