テニス ストローク

ストローク

テニスの試合でコースを突いて攻めても拾われ、最後はミスしてしまうときは・・・?

皆さん、胸に手を当てて考えてみて下さい。

思い出してみて下さい。

こういう試合、多くないですか・・・?

攻撃して、相手を振り回しても最後は勝てない。

求められているのは、発想の転換です!

 

テニスの試合でコースを突いて攻めても拾われ、最後はミスしてしまうときは・・・?

 

アナタのスタイルは、シコラータイプを増やすだけ!?

私自身、粘り強いプレースタイルか・・・と言えば、そうでも無い。

でも、私の周りでは、私はどうも「シコラータイプ」と思われているようです。

なるほど・・・なんでだろう?と考えてみると、答えは簡単なんです。

だって、「ただ返球していれば、ミスしてくれる相手」がほとんどだからです。

もちろん、上のレベル、トーナメントの3回戦以降はそうはいきませんよ。

でも、私自身粘りが得意でなくても、「粘っていれば勝てる相手」には遠慮なく粘らせてもらう。

だって、自分から攻撃する必要無い訳ですから。

さて、アナタはどうでしょう?

「今日もシコラーに負けた!」と思っていては、いつまで経っても鴨ですよ。

きっと相手は、根っからのシコラーじゃない。

アナタのミスが早いから、シコラーのフリをして楽して勝っているだけなんです。

テニスコートを縦に使うことを覚えよう

どんなに良いショットでも、横だけの動きでは勝てない。

テニスコートの横の幅は、シングルスでは何メートルか知ってますか?

8.23メートルです。

その気になれば、端から端まで走れる、追い付ける。

この現実を、まず理解しましょう。

横だけでなく、縦の動きを入れていく。

甘くても良いからドロップショットを使う。

縦の広さは、何メートルか・・・知ってますか?

半面でも11.8メートル以上あります。

ここを使わない手は無い、ですよ。

縦にコートを使うには・・・そう、アナタが前にいく、相手を前に出す、そして後ろのスペースを突く。

前後に動く、動かすテニスが出来ると、自然と横の展開にも活かされていきます。

 

コースを突いたら、「時間」を奪おう!

まず、アナタは勘違いしている。

テニスは後ろから相手を打ち抜く、サッカーで言うゴールネットにシュートを突き刺すような競技では無い。

相手から、時間を奪えばもっと楽に戦える。

相手がやっと返球してくる、粘るようなボールを前に出て触ればそれだけで楽にポイントが獲れるはず。

時間を奪う。

この感覚が無いと、いつまで経ってもリスクの高い、波のあるテニスしか出来ない。

ネットプレーを覚えるだけ、実行するだけで、きっとコースを突いたテニスはもっと活かせる。

この意識を持って、ぜひ練習してみて下さい。

 

勿体ない選手は多い。

せっかく良いストロークを持っていても、それだけでは勝てない。

勝てる相手もいますが・・・それは相手も、ミスが早い単発の選手。

しっかりした安定感のある相手からは、時間を奪って攻撃してく。

それこそ、コースを突いたテニスが出来る選手の目指す、プレースタイルでしょう。

 

今回のまとめ

良いストロークでコースを突けたら、前に出てボレーで時間を奪おう!

 

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス ロブ

    ストローク

    身長が高いテニスプレイヤーは「ボディへのアタック」から崩す、が大原則です

    身長が高いテニス選手、それだけでプレッシャーに感じますよね。特…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    「片手バックハンド」と「両手バックハンド」のそれぞれの弱点を知れば、楽に攻撃出来る

    相手のバックハンドを狙うことは、テニスの試合では大事なポイント。…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    「スライスのアプローチショットで、ネットに出る」のが有効なのは、時間で相手を精神的に追い込めるから

    スライスでのアプローチショット、皆さんの周りには使って来る相手、います…

  4. テニス スライス

    ストローク

    「攻撃的なスライスと守備的なスライス」をしっかり使い分けたストローク術とは?

    スライスの使い手、まだ学生の皆さんの中には少ないかも知れない。…

  5. ストローク

    「高めのバックハンド」の対策が無いと、テニスの試合でのストローク戦は戦えない

    色んなところで色んな高校生とか中学生をレッスンしているが、全体的に見て…

  6. ストローク

    テニス選手として自立したいなら、「自分に合ったストローク」は自分で見つけ出していこう

    テニスが上手い人って皆同じストロークの打ち方をしているかって言うと、微…

特集記事

  1. テニス アームカバー
  2. テニス 縄跳び
  3. テニス 書籍
  4. テニス タオル
  5. テニス 皮膚
  1. テニス メンタル

    戦術

    自分のミスが多くなる予兆を知っておけば、試合で大崩れすることは少ない
  2. ストローク

    「現代テニスの基本」ストロークのオープンスタンスで攻撃する4つのメリット
  3. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブを、もっと回転系のサーブに変えていかない?
  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    テニスの試合で「スマッシュ打てる!と思ったら意外とロブが深かった…」ときに慌てず…
  5. テニス 武器

    メンタル

    長期的な視野に立って、「欠点を武器に出来る積極性と工夫」が出来れば、アナタは強く…
PAGE TOP