テニス ハードコート

その他

新学期に、「新入生から選ばれる理由」を考えてみよう

3月も後半ですね。

皆さんの中には、いかに来月に新しいテニス部員を勧誘するか・・・を考えている方も、多いんじゃないでしょうか。

もしかしたら、新一年生として「テニス部入ろうかな・・・雰囲気次第だな・・・」と思っている方も多いでしょう。

この機会に、チームの魅力、について考えてみませんか?

 

新学期に、「新入生から選ばれる理由」を考えてみよう

 


 

1.自分の部活、サークルが「選ばれる理由」って何だろう

ランチを食べに行くお店、服を買うお店、皆さんは何かしら理由があって、決めているはず。

複数の似たような中から、何かが決め手になってきっと、選んでいる。

この感覚、入部してから長く経つとつい忘れてしまいますよね・・・。

自分たちで、自分たちの魅力について考えるなんて恥ずかしいし、よく分からないという方も多いでしょう。

3月、4月は良い機会ですので、ぜひ見つめ直して欲しい。

なぜなら、そこにテニスを強くしていく、チームとして成長していく大きな種、があるからです。

 

2.部内、サークル内でアンケートを取ってみませんか?

ズバリ、今いる部員やチームメイトが、自分たちの組織をどう思っているのか。

なかなか、新入生を勧誘するような時期じゃないと考えないですよね。

良い機会です。

ぜひ、こんな質問をしてみて下さい。

「他の部活、テニスサークルには無い、自分たちの魅力って、何だと思いますか?」という質問。

フリーワード回答で、A4用紙一枚で良い。

学生だけじゃなくて、社会人サークル、本来であればスクールでも実施した方が良い。

この「独自性」こそ、アナタのチームやテニスに大きな影響を与えているからです。

 

3.キャプテンやリーダーが、度肝を抜かれるかも・・・

これが面白いのは、現場のリーダーが全く予期しない回答が返ってくることが多いこと。

厳しく練習しているつもりが、「練習が楽」と感じている人が多かったり、その逆もあるでしょう。

「試合に勝てる、厳しいチーム!」を売りにしているのに、「みんなと仲良くなれること」が良い点で挙がってくれば、それはそれで面白い。

「こうあるべき」という姿を、決める必要はありません。

ですが、アンケートを取ってみて、みんなが「ここがうちのチームの良いところ!」と感じている箇所に、きっとテニスを強くするヒントがある。

出てみた結果をみんなで観てみると、きっとチームの魅力と新入生の勧誘がよりエネルギッシュに出来ると思いますよ!

 

きっと、口には出さないけどなんとなくで「うちはココが良いんだよな・・・」という部分、あるはず。

部活が楽しいかどうかなんて、実はこういう小さい「良い所」をみんなで共通認識を持つところから始まります。

いつも不平不満ばっかりの人が・・・すごく良いこと、書いてくれたりするはずです。

紙1枚で出来ますし、ぜひやってみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. その他

    【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います!お陰様で、T-P…

  2. その他

    出来ないのではなく、やっていないだけ

    色々アドバイスされるけど、出来ないことばっかり。毎回同じコーチ…

  3. テニス メンタル

    その他

    テニスで勝てる相手を増やすには、「例題をたくさん解いていく」つもりで、経験を積み重ねていこう

    「こういう相手には、勝てるようになってきたな・・・」と、冷静に…

  4. テニス ボレー

    その他

    「楽しく工夫できる人は、テニスに向いている!」毎日同じことの繰り返しでは、試合に勝てません

    効果的な練習、日々の中で皆さんできてますか?この「効果的」とい…

  5. テニス 部活

    その他

    「トップダウン型ではなく、ボトムアップ型へ」テニス部の部活動は、今まさに変革期です

    高校サッカーのチームで、ここ2~3年面白い話を聞く機会が多い。…

  6. テニス ボレー

    その他

    「自分を知れば、自分の強みが見えてくる」ために、テニスでは他人の視点が必要です

    テニスというスポーツは、常に相手と駆け引きしながら進めていく競技。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    自分のテニスが上達していくと、「現実的にはこんな感じかな?」はイメージ出来ますか…
  2. テニス フットワーク

    シングルス

    シングルスの試合、遅いボールで相手を動かすことが大事
  3. テニス ガット

    メンタル

    試合に強いメンタルを養う為に、普段の練習で実践したいこと4つ
  4. ストローク

    「必須!バウンド地点予測能力」テニスの試合で攻撃力を高める為に
  5. テニス 準備

    その他

    テニスの練習中に、「ボールを上から思いっきり踏んでしまった」ときの応急処置につい…
PAGE TOP