テニス ハードコート

その他

新学期に、「新入生から選ばれる理由」を考えてみよう

3月も後半ですね。

皆さんの中には、いかに来月に新しいテニス部員を勧誘するか・・・を考えている方も、多いんじゃないでしょうか。

もしかしたら、新一年生として「テニス部入ろうかな・・・雰囲気次第だな・・・」と思っている方も多いでしょう。

この機会に、チームの魅力、について考えてみませんか?

 

新学期に、「新入生から選ばれる理由」を考えてみよう

 


 

1.自分の部活、サークルが「選ばれる理由」って何だろう

ランチを食べに行くお店、服を買うお店、皆さんは何かしら理由があって、決めているはず。

複数の似たような中から、何かが決め手になってきっと、選んでいる。

この感覚、入部してから長く経つとつい忘れてしまいますよね・・・。

自分たちで、自分たちの魅力について考えるなんて恥ずかしいし、よく分からないという方も多いでしょう。

3月、4月は良い機会ですので、ぜひ見つめ直して欲しい。

なぜなら、そこにテニスを強くしていく、チームとして成長していく大きな種、があるからです。

 

2.部内、サークル内でアンケートを取ってみませんか?

ズバリ、今いる部員やチームメイトが、自分たちの組織をどう思っているのか。

なかなか、新入生を勧誘するような時期じゃないと考えないですよね。

良い機会です。

ぜひ、こんな質問をしてみて下さい。

「他の部活、テニスサークルには無い、自分たちの魅力って、何だと思いますか?」という質問。

フリーワード回答で、A4用紙一枚で良い。

学生だけじゃなくて、社会人サークル、本来であればスクールでも実施した方が良い。

この「独自性」こそ、アナタのチームやテニスに大きな影響を与えているからです。

 

3.キャプテンやリーダーが、度肝を抜かれるかも・・・

これが面白いのは、現場のリーダーが全く予期しない回答が返ってくることが多いこと。

厳しく練習しているつもりが、「練習が楽」と感じている人が多かったり、その逆もあるでしょう。

「試合に勝てる、厳しいチーム!」を売りにしているのに、「みんなと仲良くなれること」が良い点で挙がってくれば、それはそれで面白い。

「こうあるべき」という姿を、決める必要はありません。

ですが、アンケートを取ってみて、みんなが「ここがうちのチームの良いところ!」と感じている箇所に、きっとテニスを強くするヒントがある。

出てみた結果をみんなで観てみると、きっとチームの魅力と新入生の勧誘がよりエネルギッシュに出来ると思いますよ!

 

きっと、口には出さないけどなんとなくで「うちはココが良いんだよな・・・」という部分、あるはず。

部活が楽しいかどうかなんて、実はこういう小さい「良い所」をみんなで共通認識を持つところから始まります。

いつも不平不満ばっかりの人が・・・すごく良いこと、書いてくれたりするはずです。

紙1枚で出来ますし、ぜひやってみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. 「第2回 読者ミーティング」を開催します
  4. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    人に何かを伝えたいなら、「違う言葉での表現力」が求められる

    テニスを続けていると、人に何かを教えること、伝えることも増えてくる。…

  2. テニス サーブ
  3. その他

    「サッカーの方がきつかったよ」テニスの試合では実力差が僅差で初めて、持久力が問われる

    プレーの調子が上がってきて、試合で結果を残せるようになってきた時、怪我…

  4. テニス シングルス

    その他

    他人と比べられたくない、という人はテニスに向いていない

    「人と比べられないで、自分らしくありたい」すごく大事なことです…

  5. テニス ダブルス

    その他

    テニスの試合で知っておいて損は無い、「風下コートでの戦い方」について

    インドアのコートが増えてきたとはいえ、まだまだテニスは屋外スポーツ。…

  6. テニス 準備

    その他

    「一般のテニスの試合に出て恥をかかない」為に、学生の皆さんに身に付けておいて欲しいマナー5つ

    学生の皆さんは、公式の試合の回数は限られている。しかも出場人数…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    サーブ

    「アンダーサーブ」を見下していると、大事な試合で相手のアンダーサーブに泣くことに…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    試合で失敗出来ない雰囲気は、自分で勝手に作り出している
  3. その他

    あるレベルからは、「自分の色を出していけないテニス選手」は淘汰される
  4. ダブルス

    並行陣で上を攻撃されるのが怖いペアは、後衛のポジションで調整しよう
  5. テニス メンタル

    その他

    日常生活の中で「テニス脳」を鍛える5つの方法
PAGE TOP