テニス メンタル

メンタル

「この試合、普通にやれば勝てる」と思ったら、意識すべきこと4つ

皆さんも試合の中で、または最初のウォーミングアップで、感じることはあるはず。

「普通にやれば、勝てる・・・な」と。

こう感じること、決して悪いことじゃない。

客観的に判断して相手が下、と考えたら、やるべきことをしっかり考えて試合を進めましょう。

 

「この試合、普通にやれば勝てる」と思ったら、意識すべきこと4つ

 


 

1.ゲームプランをしっかり立てる

1セットマッチなら、どう進めていくのか。

基本は、まず序盤は1-1、2-2でも良いからリードを許さない。

しっかり自分のショットを7割くらいの力で打っていく、ことが大事でしょう。

序盤に競っておけば、大丈夫。

相手の特徴も把握できますし、大事なのは焦らないこと。

6-0で勝つ、なんてのは甘えであり幻想です。

 

2.ファーストサーブとリターンを確実に入れる

アナタが負けそうになる、プランが崩れるとしたらここしかない。

最初のショット、が入らなければ実力差を示す場面も無い、ですからね。

ラリーに持ち込むためにも、相手に「希望」を与えない為にも、ファーストショットは大事です。

セカンドサーブが入れば良い、では隙が生まれます。

 

3.早めにネットプレーを見せておく

相手が実力差に気付いてプレッシャーを感じているなら、早めに前でポイントを取る。

ダブルスならポーチ、シングルスなら奇襲からのネットプレー、を試合の序盤に入れましょう。

絶対にまずいのは、「相手が先にやってくる」ということ。

実力差があるのに、積極的にポイントを取りにいく姿勢は、アナタ自身が相手に見せ付けていかないといけない部分です。

 

4.ポイントを終わらせるのを、急がない

3.のように前に出ても、決して決め急がない。

相手のミスで終わる、くらいの意識で充分です。

他のポイントでも、アナタ自身が自滅するようなポイントは、避けること。

当然、勝っているポイントやチャンスでは打っていくことが大事ですが、ネットから遠い場所は無理した一か八かのショットは、避ける。

それが、格上としての戦い方です。

 

自分より劣る相手、ほど戦い辛い相手はいません。

周りから観れば、苦戦するだけでアナタに向けられる目が厳しくなる・・・と、試合中から感じてしまう。

その為に、必要なのは準備です。

意識を準備しておくだけで、きっと試合中に乱れることなく戦えるでしょう。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. メンタル

    「1セットマッチ5-2リードは要注意」テニスの試合で挽回されやすい原因を考えてみる

    5-2でリードしているときに、なぜかテニスの試合は挽回が起きやすい。…

  2. メンタル

    「練習上手は勝負好き」緊張感の無いテニスの練習は無意味です

    テニスの練習相手って仲の良い人とやることが多い。試合会場でも知…

  3. テニス メンタル
  4. テニス ボレー

    メンタル

    テニスのようなスポーツでは、「失敗の要因を突き詰め過ぎない」ことも大事だと私は思います

    試合に負けた後に、びっしりとテニスノートに書かれた分析。それを…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「今日の練習で良かったこと」を毎日一つテニスノートに記録していけば、それは自信に変わる

    テニスノートについて、たくさんご質問を頂きました。私自身、どん…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    アナタは一人で走っている?だったらここまで辿り着いていますか?

    3月は節目の時期。それは、学生さんだけじゃない、私たち大人にな…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    アナタは一人で走っている?だったらここまで辿り着いていますか?
  2. テニス 練習

    戦術

    試合前に頭が真っ白になる人は、〇〇だけ決めて入ろう
  3. 戦術

    人はコントロールの良さで、自信を得て強くなる
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの前衛は、ネットに詰めてアングルボレーが基本です
  5. テニス ストローク

    練習メニュー

    「バックハンド側を攻めて、フォアハンド側で仕留める」為の、基本球出しメニュー
PAGE TOP