テニス メンタル

メンタル

「この試合、普通にやれば勝てる」と思ったら、意識すべきこと4つ

皆さんも試合の中で、または最初のウォーミングアップで、感じることはあるはず。

「普通にやれば、勝てる・・・な」と。

こう感じること、決して悪いことじゃない。

客観的に判断して相手が下、と考えたら、やるべきことをしっかり考えて試合を進めましょう。

 

「この試合、普通にやれば勝てる」と思ったら、意識すべきこと4つ

 


 

1.ゲームプランをしっかり立てる

1セットマッチなら、どう進めていくのか。

基本は、まず序盤は1-1、2-2でも良いからリードを許さない。

しっかり自分のショットを7割くらいの力で打っていく、ことが大事でしょう。

序盤に競っておけば、大丈夫。

相手の特徴も把握できますし、大事なのは焦らないこと。

6-0で勝つ、なんてのは甘えであり幻想です。

 

2.ファーストサーブとリターンを確実に入れる

アナタが負けそうになる、プランが崩れるとしたらここしかない。

最初のショット、が入らなければ実力差を示す場面も無い、ですからね。

ラリーに持ち込むためにも、相手に「希望」を与えない為にも、ファーストショットは大事です。

セカンドサーブが入れば良い、では隙が生まれます。

 

3.早めにネットプレーを見せておく

相手が実力差に気付いてプレッシャーを感じているなら、早めに前でポイントを取る。

ダブルスならポーチ、シングルスなら奇襲からのネットプレー、を試合の序盤に入れましょう。

絶対にまずいのは、「相手が先にやってくる」ということ。

実力差があるのに、積極的にポイントを取りにいく姿勢は、アナタ自身が相手に見せ付けていかないといけない部分です。

 

4.ポイントを終わらせるのを、急がない

3.のように前に出ても、決して決め急がない。

相手のミスで終わる、くらいの意識で充分です。

他のポイントでも、アナタ自身が自滅するようなポイントは、避けること。

当然、勝っているポイントやチャンスでは打っていくことが大事ですが、ネットから遠い場所は無理した一か八かのショットは、避ける。

それが、格上としての戦い方です。

 

自分より劣る相手、ほど戦い辛い相手はいません。

周りから観れば、苦戦するだけでアナタに向けられる目が厳しくなる・・・と、試合中から感じてしまう。

その為に、必要なのは準備です。

意識を準備しておくだけで、きっと試合中に乱れることなく戦えるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス 大学

    メンタル

    オムニコートでの練習に慣れていると「ハードコートでの重いボール」に苦労することになります

    日本では、どうしても練習と試合の中心はオムニコート。ですが重要…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    自分の嘘は、試合でアナタの足を引っ張り続けることになる

    皆さんは、自分に正直・・・ですか?なかなか、難しいと思います。…

  3. メンタル

    強くなるテニス選手は、「これくらいで良いか・・・」の「これくらい」が、ものすごく高い

    意識が低い、高いという話、よく聞きますよね。テニスに対して意識…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合の中で、「グッドショット・リアクション」を無くしていこう

    試合に強い選手って、どんなショットを打っても基本一定、ですよね。…

  5. テニス メンタル
  6. テニス メンタル

    メンタル

    緊張しないように、という時点で既に緊張している

    試合でみなさんは、緊張しますか?人により差はあると思いますが、…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. 戦術

    試合で失敗しない、スタートダッシュを切るコツ5つ
  2. フットワーク

    「バウンド地点を追いかけろ!」テニスの試合ではボールを追いかけることが受け身にな…
  3. テニス 準備

    メンタル

    試合会場で、急にテニスが上手くなることは出来ない
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで遅いボールの返球が苦手な人は、「テイクバックしてからのフットワーク」…
  5. テニス マナー

    その他

    試合後に相手に感想を聞いてみるなら、「ある言葉」を使うと効果的に引き出せます
PAGE TOP