テニス メンタル

メンタル

「この試合、普通にやれば勝てる」と思ったら、意識すべきこと4つ

皆さんも試合の中で、または最初のウォーミングアップで、感じることはあるはず。

「普通にやれば、勝てる・・・な」と。

こう感じること、決して悪いことじゃない。

客観的に判断して相手が下、と考えたら、やるべきことをしっかり考えて試合を進めましょう。

 

「この試合、普通にやれば勝てる」と思ったら、意識すべきこと4つ

 

1.ゲームプランをしっかり立てる

1セットマッチなら、どう進めていくのか。

基本は、まず序盤は1-1、2-2でも良いからリードを許さない。

しっかり自分のショットを7割くらいの力で打っていく、ことが大事でしょう。

序盤に競っておけば、大丈夫。

相手の特徴も把握できますし、大事なのは焦らないこと。

6-0で勝つ、なんてのは甘えであり幻想です。

 

2.ファーストサーブとリターンを確実に入れる

アナタが負けそうになる、プランが崩れるとしたらここしかない。

最初のショット、が入らなければ実力差を示す場面も無い、ですからね。

ラリーに持ち込むためにも、相手に「希望」を与えない為にも、ファーストショットは大事です。

セカンドサーブが入れば良い、では隙が生まれます。

 

3.早めにネットプレーを見せておく

相手が実力差に気付いてプレッシャーを感じているなら、早めに前でポイントを取る。

ダブルスならポーチ、シングルスなら奇襲からのネットプレー、を試合の序盤に入れましょう。

絶対にまずいのは、「相手が先にやってくる」ということ。

実力差があるのに、積極的にポイントを取りにいく姿勢は、アナタ自身が相手に見せ付けていかないといけない部分です。

 

4.ポイントを終わらせるのを、急がない

3.のように前に出ても、決して決め急がない。

相手のミスで終わる、くらいの意識で充分です。

他のポイントでも、アナタ自身が自滅するようなポイントは、避けること。

当然、勝っているポイントやチャンスでは打っていくことが大事ですが、ネットから遠い場所は無理した一か八かのショットは、避ける。

それが、格上としての戦い方です。

 

自分より劣る相手、ほど戦い辛い相手はいません。

周りから観れば、苦戦するだけでアナタに向けられる目が厳しくなる・・・と、試合中から感じてしまう。

その為に、必要なのは準備です。

意識を準備しておくだけで、きっと試合中に乱れることなく戦えるでしょう。

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス テニスボール
  2. テニス 観察

    メンタル

    テニスを通じて、「もっともっと強くなりたい」と思えるアナタの心こそ、既に強いということ

    「夢中になっている」という経験、アナタにはありますか?もしかし…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    やってきたテニスに、影響を受けない人なんていない

    どうにも、何かを変えようにも難しい・・・。いや、それって当然な…

  4. テニス リターン

    メンタル

    「決まった!」と思う癖を無くさない限り、いつまで経っても詰めの甘いテニス選手で終わります

    昨日の錦織選手とジョコビッチ選手の試合、長いラリーの応酬・・・が多かっ…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では「相手のプレッシャーに負けた」ことに気付けない人は、延々とやられ続けていく

    自分のミスをしっかり分析出来るかどうか。テニスで上達していくに…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    普通のテニスに見えるのに、なんであの人は試合に強いの?という人について

    皆さんの周りにも、いませんか?「何であの人が強いのか、分からな…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス イベント

    練習メニュー

    「毎日のテニスの練習が楽しい」と思えたら、それは危険なサインだと自覚しよう
  2. テニス スマッシュ

    ストローク

    ワイパースウィングの時は、下のエッジに引っ掛けるイメージで
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合でストロークミスが多い人は、そもそも打点が低過ぎる
  4. テニス メンタル

    サーブ

    ダブルフォルトが止まらないときは、「自分の作戦が決まっていない」ときが多い
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「ミスが多いから丁寧にいこう‥」と意識し過ぎると、今度は足が止まってしまう人はど…
PAGE TOP