テニス

フットワーク

他のスポーツを経験してきて「あの癖」が抜けない人は、どうすれば良い?

サッカーやバレーボール、バスケットボール・・・。

細かい違いはあると思いますが、ほぼ全てのボール競技は「正面向き」にボールに入るのが基本。

でも、テニスはちょっと違う。

別な競技を経験してきた方が適応するのに、良い方法やアイデア、感覚は無いか・・・と考えてみると、どうでしょう。

意外と、ちょっとしたことでテニスらしい「横向き」が身に付くかも知れません。

 

他のスポーツを経験してきて「あの癖」が抜けない人は、どうすれば良い?

 


 

■まず、テニスにはフォアハンドかバックハンド、しか無いと覚悟する

正面向き、ではなく横向きが必要なのはこれが基本的な考え方。

自分の横、でフォアかバック、をテニスでは選択していかないといけない。

それも、相手が打ったボールがネットを超える前には判断しないと、テイクバックの時間が無いし振り遅れてしまいます。

まず、「相手が打った瞬間にどっちか、決めるんだ!」という強い意志が大事。

その習慣付けは、練習から0.1秒を削り出すつもりで。

そうすれば自然に横向きの癖、が付いてテニスらしい動きになると思います。

 

■足のつま先を「外側」に向けてみよう

私も小学生時代、バレーボールをやっていてこの意識で改善されました。

自分のつま先を、外側に向けてみる。

そうすると自然に膝先も外側に向き、足の内側を相手側に向けるようになるので・・・その後の動きから「横向き」になりやすい。

例えば右側にボールが来たら、右利きの人はフォアハンド、ですよね。

まずは右足のつま先を90度、右側を向くように反応させてみて下さい。

バックハンドであれば、左足のつま先から。

つま先を意識すると、下半身全体の向きを変更出来るので、オススメです。

 

■横向きでボールを見る、ことに慣れていこう

横向きでボールを見る・・・ことに、ある程度は慣れるしかありません。

オープンスタンスのストロークでも、上半身はひねって「横目でボールを見る」瞬間が少しだけ、ありますよね。

なかなか日常生活ではない身体、眼の動き。

そう意識すると、テニスの独特な動きも理解出来る。

慣れようと意識すれば、必ず慣れます。

日常生活とは違うんだ、という意識、練習から大事です。

 

横目でボールを見る・・・って、不安なんです。

ハッキリ、両目で正面から見た方が、精神的に落ち着くのは当たり前。

練習の中から、つい正面向きで見たくなりますが・・・そこはテニス選手として、鍛えていきましょう。

眼の動き、実は視力よりも大事かも知れません。

これから少しだけ、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス サーブ

    フットワーク

    打つコースを2つ用意しながら、ボールを追いかけるのが試合の基本

    試合で走りながら、自分が打つコースを考える。これが、ちゃんと出…

  2. テニス ストローク

    フットワーク

    シングルスの試合では、毎回コートの真ん中に戻り過ぎても疲れるだけ

    シングルスの試合、強い人のプレーをよく観察してみると・・・。毎…

  3. テニス ポジショニング

    フットワーク

    ストロークが強力な相手にこそ、アナタは下がってはいけない

    「また同じ話か・・・」と思ったみなさん。きっと、確実に強くなっ…

  4. テニス フットワーク

    フットワーク

    そもそも、ボールより速く走れる選手はいない

    どんなに足が速い選手でも、ボールより速くは動けない。サッカーや…

  5. テニス 練習

    フットワーク

    ダブルスの試合で有効な前衛の動きは、「本当にポーチ出る!」と思わせるフェイント

    存在感のある前衛がいると、相手としてはそれだけで嫌・・・ですね。…

  6. テニス 走力

    フットワーク

    足が速い人は、「ラリーの中でボールに追いつき過ぎてしまう」のでテニスでは注意が必要

    フットワークが良い人は、「足が速い人?」。もちろん、それも大事…

特集記事

  1. フットワーク

    コートの内側に入っていく、そのコツは?
  2. テニス 確率

    サーブ

    ダブルフォルトが多い人は、「ファーストとセカンドの差」が大き過ぎ
  3. テニス 試合

    シングルス

    「冬場の戦いは、シコラーに不利」という現実
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「ホントのテニスを楽しもう」試合で駆け引きを使えるようになってからが本当の勝負!…
  5. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で勝てる選手は、「上手くいっているうちから作戦を変える」勇気を持って…
PAGE TOP