テニス メンタル

メンタル

テニスにおいて、能動的か受動的かは大きな実力差になる

テニスというスポーツは、上達に個人差が大きい。

色々なスポーツ、もある話だと思いますが、テニスという競技はより、その差が大きく現れやすいと私は思っています。

能動的に自分から行動出来るのか、それとも受動的にしか行動出来ないのか。

この差は大きな実力差になって、現れるでしょう。

 

テニスにおいて、能動的か受動的かは大きな実力差になる

 


 

■指導されることに慣れてしまうと、テニスは上達しない

考え方、だとは思いますが、私はあまり「答え」を教えるような指導が良いとは思えない。

このサイトでも、短い文章だけでヒント、しか書いていない。

それは、私も読者の皆さんのテニスを見たことが無いし、自分の考えを文章で伝えることしか出来ないから。

試してみて、違うと思えば止めれば良いし、アナタのテニスは能動的にアナタが決めていって良い。

でも、自分で決めてテニスを上達させていく、というのが苦手なのが日本の子供たち。

いや、私たち大人もそうかも知れませんね。

受動的な選手の方がテニススクールでもコーチは楽、かも知れませんし。

ですが指導される、導かれることに慣れてしまうと、その先の成長が難しい、のがテニスです。

 

■アナタが出来るテニスは、もっと無限に拡がっている

テニスというスポーツは、選択肢が多い。

どのポジションでプレーしても良い、何せノーバウンドで打ってもワンバウンドで打ってもOK、という競技ですからね。

自分で選択出来る幅が広い、ということにまずは「よし!好きに出来る!」と感じることが出来るかどうか。

能動的な人であれば、何かを自分で工夫しようとするはず。

その方が、楽しいですしね。

自分から動いている人ほど、感覚が敏感になるから色々なことが吸収出来るし、そのスピードも速い。

受動的だと、何もかもが「鈍感」になってしまうんですよね。

 

■受動的な人が、なぜ「鈍感」になってしまうのか

それは、テニスの中に「自分以外」の要素が増えるから。

「この打ち方は、○○コーチに教わったから」

「メンタルが弱いのは、仲間がみんなやる気無いから」

「試合に負けたのは、相手が強かったから」

そこに、「自分」という主語が無いので、何かを感じる必要が無いし、感じたいと思わない。

能動的な人は、自分が自分のテニスを動かしていると思っているから、そんな他人事じゃない。

鈍感になってしまうのは、自分をどこかに置き忘れて来ているから。

今からでも、取り戻しにいきませんか?

 

これって、テニスだけの問題じゃない。

私もいつも反省の繰り返しですが、人は「自分」を主語にした瞬間に、責任を負いますからね。

危機感、との戦いでしょう。

でもその乗り越えた先で上達して、試合に勝てると、テニスはもっと楽しくなる。

その時には、きっと自分のテニスが他人事じゃなくなっている、はずです。

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス 予測

    メンタル

    大事なポイントで、正確な予測をする為に

    ここぞ、という場面、テニスの試合でありますよね。タイブレーク、…

  2. メンタル

    「頑張れ!100球ラリー!」テニスの試合で勝つには、ただ繋げるだけでは意味が無い

    先日、とある高校の部活の練習の中で「100球ラリーを続けよう」という練…

  3. テニス 試合

    メンタル

    テニスの試合に出続けるということは、「弱い自分の中身を覗き続ける」ことに他なりません

    テニスの試合に出続けること、皆さん継続出来ていますか?部活やサ…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    アナタ自身が真剣にテニスを続けていれば、「たまに辞めたいと思う」のは自然なことです

    いつも前向きに、テニスも仕事も勉強も、プライベートも充実している。…

  5. テニス 雪

    メンタル

    普通の人がやり辛いと感じる環境で、普通にプレー出来れば勝てる

    タフな試合に、勝ち切れるようになる。それは、対戦相手がタフで粘…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    アナタがテニスの世界を拡げたいのなら、「自分のテニスを否定してくれる人」を大切にしよう

    先週に、このサイトを観て頂いている読者の方に実施したアンケート、たくさ…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス シングルス

    リターン

    デュースサイドを手堅く、アドバンテージサイドで冒険
  2. テニス ミス

    その他

    テニスの成長の過程では、「立ち止まっているときにしか見つからないもの」が絶対にあ…
  3. テニス 調子

    シングルス

    全仏オープン男子決勝で改めて感じた、「ムーンボールの活用」はシングルスの試合で絶…
  4. テニス ストローク

    リターン

    試合前のサーブ練習こそ、本番のリターン練習である
  5. テニス ストローク

    フットワーク

    自分のポジショニングが、どう相手に影響を与えているのか?
PAGE TOP