テニス ストローク

ボレー

ネットプレーを入れようとしたけど、アプローチが甘くなった!その時は・・・?

試合の中で、ネットに出ようと思ったけど・・・アプローチが浅い!甘くなってしまった!

そんなとき、アナタならどうしますか?

一見、相手のチャンスのように見えますが、大事なのはまず慌てないこと。

自分のショットを冷静に判断して、やるべきことをやり切りましょう。

 

ネットプレーを入れようとしたけど、アプローチが甘くなった!その時は・・・?

 


 

■自分のショットに「がっかり」している暇なんてない!

試合の中、ラリーの途中なのになぜ皆さん、「がっかり」するんでしょうか。

まだポイントは終わっていないのに・・・少し自分の想定から狂う、思い通りにいかないだけで、がっかりしてプレーに影響する。

毎回上手くいく、なんてプロ選手でも出来ないのに。

大事なのは、「想定外のことが起きたら、すぐに切り替えて準備する」こと。

アプローチが甘くなっても、ネットに出る動きは止めないで何が出来るのか。

しっかり考えておけば怖くありません。

 

■まずは相手の攻撃的なパッシングに備える

もしアナタのアプローチが厳しかったら、きっとロブのような返球が期待出来たはず。

でも甘くなったら、相手がしっかり追い付いて反撃してくる。

まずは厳しいパッシングショットに、シングルスもダブルスも備えないといけませんね。

でも、ここで怖いのは「備える=後ろに下がる」と思ってしまうこと。

ネットに出て、甘いショットに「まずい!」と思って出足が鈍ると、逆に自分が守れる範囲って狭くなる。

しっかりネットに出たら前に詰める、ことがシングルスの試合では特に大事です。

ポイントは、ダウンザラインのパッシングからまずふさぐこと、です。

 

■ダウンザラインのパッシングは、最短距離を通過するから触れない

プロ選手のネットプレーを観てみると、かなりの確率でダウンザラインをケアしていることが分かる。

理由はシンプルで、そのコースが「抜きやすい、抜かれやすい」からなんですよね。

クロスのショットはネットに出た選手の前を一度通過しますので、触ることが出来る。

でもアプローチが甘くなってしっかりパッシングショットを打たれるときには、ストレート、ダウンザラインに来る可能性が高い。

しっかり前に詰めて、サイドラインに寄って、このコースからまずふさいでみて下さい。

相手がチャンスだと思って打ち込んで来ても・・・待ち構えていれば良いボレー、で返球出来るはずです。

 

ミスもチャンスに、変えていく。

これは、相手の心理を逆手に取れば出来るはずです。

相手が攻撃出来るとき、は逆にアナタはカウンターのチャンス。

アプローチショットが甘いくらいで、がっかりしてはダメ。

誘って待ち構える、自分のミスを利用するくらいの意識でネットプレー、どんどん入れていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーを一歩で動いて打つ人は、「ほとんどが腰が残ったボレー」になっちゃってる

    「細かいステップ!」と、コーチや先輩から声かけられている方、多いと思い…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    ネットに詰めてブロックボレー、試合でもっと使っていこう

    テニスの試合、特にダブルスで使えると大きな武器になるショット。…

  3. ボレー

    低い態勢でポーチに出る、だけで生み出せる5つのメリット

    最近大活躍の、マクラクラン勉選手。まだ私自身、何度かテレビで観ただ…

  4. ボレー

    低い打点でのボレーは、フラット気味でも良いと思う

    ローボレー、難しいですよね。何が難しいって、まず低い位置からボ…

  5. ボレー

    「サーブ&ボレー、見習い中」テニスの試合ではまずやってみることが相手へのプレッシャーの第一歩!

    大阪にある府立北かわち皐ヶ丘高校で、2カ月に一回くらい授業をしている。…

  6. ボレー

    低いボレーを低く狙うよりは、積極的にロブボレーを使おう

    浮いたら相手に決められる、これがダブルスの試合。4人で前に出る…

特集記事

  1. テニス 格上相手

    ストローク

    テニスのストロークの安定感をアップする為に、「使ってない軸足ありませんか?」とい…
  2. ストローク

    テニス選手なら自分で考えておきたい、「ストロークを飛ばすパワーの種類とその割合」…
  3. サーブ

    「高~いトスアップ」を直すことで、アナタのテニスのサーブはもっと良くなる!
  4. ダブルス

    強いダブルスのペアを倒すなら、「あえての〇〇」の勇気が大事
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ローボレーが安定しない人は、「すくい上げるようなラケットワーク」を止めてみよう
PAGE TOP