テニス ストローク

ボレー

試合の中でネットプレーを入れようとしたけど、アプローチが甘くなった!その時は・・・?

試合の中で、ネットに出ようと思ったけど・・・アプローチが浅い!甘くなってしまった!

そんなとき、アナタならどうしますか?

一見、相手のチャンスのように見えますが、大事なのはまず慌てないこと。

自分のショットを冷静に判断して、やるべきことをやり切りましょう。

 

試合の中でネットプレーを入れようとしたけど、アプローチが甘くなった!その時は・・・?

 

■自分のショットに「がっかり」している暇なんてない!

試合の中、ラリーの途中なのになぜ皆さん、「がっかり」するんでしょうか。

まだポイントは終わっていないのに・・・少し自分の想定から狂う、思い通りにいかないだけで、がっかりしてプレーに影響する。

毎回上手くいく、なんてプロ選手でも出来ないのに。

大事なのは、「想定外のことが起きたら、すぐに切り替えて準備する」こと。

アプローチが甘くなっても、ネットに出る動きは止めないで何が出来るのか。

しっかり考えておけば怖くありません。

 

■まずは相手の攻撃的なパッシングに備える

もしアナタのアプローチが厳しかったら、きっとロブのような返球が期待出来たはず。

でも甘くなったら、相手がしっかり追い付いて反撃してくる。

まずは厳しいパッシングショットに、シングルスもダブルスも備えないといけませんね。

でも、ここで怖いのは「備える=後ろに下がる」と思ってしまうこと。

ネットに出て、甘いショットに「まずい!」と思って出足が鈍ると、逆に自分が守れる範囲って狭くなる。

しっかりネットに出たら前に詰める、ことがシングルスの試合では特に大事です。

ポイントは、ダウンザラインのパッシングからまずふさぐこと、です。

 

■ダウンザラインのパッシングは、最短距離を通過するから触れない

プロ選手のネットプレーを観てみると、かなりの確率でダウンザラインをケアしていることが分かる。

理由はシンプルで、そのコースが「抜きやすい、抜かれやすい」からなんですよね。

クロスのショットはネットに出た選手の前を一度通過しますので、触ることが出来る。

でもアプローチが甘くなってしっかりパッシングショットを打たれるときには、ストレート、ダウンザラインに来る可能性が高い。

しっかり前に詰めて、サイドラインに寄って、このコースからまずふさいでみて下さい。

相手がチャンスだと思って打ち込んで来ても・・・待ち構えていれば良いボレー、で返球出来るはずです。

 

ミスもチャンスに、変えていく。

これは、相手の心理を逆手に取れば出来るはずです。

相手が攻撃出来るとき、は逆にアナタはカウンターのチャンス。

アプローチショットが甘いくらいで、がっかりしてはダメ。

誘って待ち構える、自分のミスを利用するくらいの意識でネットプレー、どんどん入れていきましょう!

関連記事

  1. ボレー

    試合でのボレーのコントロールは、「ボールを捉える前のラケット面作り」で9割が決まる

    ボレーのコントロールがなかなか上手くいかない人は、自分で難しくしている…

  2. ボレー

    「ネットにガン詰めしたボレー」とストロークのラリー練習、は試合を想定すると無意味です

    先日あるテニスコートで練習している風景を観て、感じた疑問。ボレー対…

  3. テニス ストローク
  4. テニス ボレー
  5. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットプレーで、「どんなに打ち込まれても壁のように返し続ける!」ことができれば、相手は勝手に崩れてく…

    ネットプレーでは、様々なシチュエーションでのボレーの技術が求められます…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「速いボールが怖い!」人は、辛いですがこういう練習が一番効果的です

    テニスのボールスピード、他の競技と比べてどうでしょうか。学生や…

最上部レクタングル広告

スカイクレイパー広告枠

  1. シングルス

    シングルスの厳しい戦いで、「試合の終盤戦をどう戦うのか?」のオプションについて、…
  2. テニス フットワーク

    ダブルス

    ダブルスの前衛に絶対必要なのに、実践出来ている人が少ない「前方向へのスプリットス…
  3. ボレー

    テニスの試合で、「ネットに詰めてのフラットボレーは、肘を伸ばして前に押し出して打…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「相手のストロークが浅いときの返球」からのドロップショットのパターンは、徹底的に…
  5. その他

    「常勝テニス部は、ココが違う」細かい部分に出る差は何かを考える
PAGE TOP