メンタル

1つ1つのショットのレベルは高いのに、「試合で実力を出せない」人が意識して欲しいこと

練習では目が覚めるようなショットを打てるのに、試合で使えない、勝てない。

そんな人、アナタの周りにも多くないですか?

もしかしたら、アナタ自身がその悩みを抱えているのかも知れない。

だとすれば、ちょっとした意識を変えることで、すぐに結果が出るようになるかも知れません。

そのきっかけに、この記事がなることを祈って、書いてみます。

 

1つ1つのショットのレベルは高いのに、「試合で実力を出せない」人が意識して欲しいこと

 


 

■試合と練習で違う点、を挙げてみよう

まずは皆さん、自分で↓を観る前に、いくつか挙げてみて下さい。

 

 

練習と試合で、異なる部分は・・・。

・会場が違う

・ボールがニューボールになる

・対戦相手は、初めましての選手が多い

・点数が付く

・審判が付く(場合もある)

・結果が残る

 

思いつくだけでも、これくらいはあるでしょう。

つまり、練習と試合では、全く環境が異なるということ。

必要なのは、この違いを踏まえたうえで2つの環境を近づけていくこと、だと思います。

 

■リラックスして打てるボールが、アナタの実力のボールとは限らない

試合で実力を発揮出来ない、という人はココを勘違いしている可能性が高い。

練習で、気心の知れた仲間、失敗しても誰にも咎められない環境で打っているボールは、誰だって良いボールになる。

だからこそ、試合では何が必要なのか?

練習と同じようにリラックス?

それは出来ると思いますか?

私なら、練習のときにいかに試合に近い、良い緊張感が持てるかを考えます。

ミスに対して、もっと自分で神経質になる。

試合では1ポイント失っていた、それが大事なポイントになるかも知れないと。

このあたりは、自分で気付くしかない部分なのです。

 

■練習を試合に近付けて、試合の回数を増やしていく

やはり、経験は大事です。

公式戦以外にも、積極的に外部の試合に出たり、仲間を探して外のコートを取って試合をする。

他の学校に出向いても良いし、とにかく自分で試合経験を積める環境を拡げていきましょう。

そうすれば、自然と練習でも緊張感を保てるし、勝ちたいなら集中して練習しようと思えるようになる。

この循環を、アナタ自身作らないといけない。

公式戦が年に数試合、後は毎回同じような練習の毎日・・・では、強くなるのは難しいですね。

 

1つ1つのショットのレベルが高い、というのはとても大事なこと。

どんな状況にせよ、「打てる」というのは事実な訳です。

あとはいかに、試合の大事なポイントでそのショットを繰り出せるようになるかということ。

少しずつ、近付けていく。

そして打てたときのことは記録して、自信に変えていく。

地味ですが、こういった積み重ねで試合に強い選手、は作られていくのです。

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. メンタル

    リードしている側が苦しい、のがテニスの試合です

    テニスの試合、負けているのが苦しい?でも、それって実際は、そう…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    過去最悪に恥ずかしかった試合、思い出してテニスノートに書き出してみよう

    テニスノート、普段は書いているけどなかなか見返す機会が無い。そ…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合中に、「不安で迷ったら積極策を取る!」と決めておくと、迷い無くプレーできる

    ゲームカウント4-4、30-40のセカンドサーブ・・・。アナタ…

  4. テニス リーダー

    メンタル

    嫌われることを恐れている人は、「真のリーダー」にはなれない

    皆さん、今年一年の目標や覚悟、テニスにおいて定まっているでしょうか。…

  5. テニス グッズ

    メンタル

    「テニスの試合に勝ちたい」と考えるなら自分自身客観視すること、その為に必要なものは?

    自分のテニスを上達させて、試合に勝つこと。長く苦しいこの道のり…

  6. テニス センス

    メンタル

    「テニスの悔しさは、テニスでしか埋められない」ことの現実を、しっかり理解しておこう

    テニスの試合、負けた悔しさは誰もが味わうこと。その悔しさを、ど…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの後衛の選手、センターに戻り過ぎてない?
  2. テニス ボレー

    フットワーク

    縦ポーチの極意は、とにかく相手に近づくこと
  3. テニス ダブルス

    フットワーク

    試合の中で、「スプリットステップを忘れてしまう」人が意識したいポイント5つ
  4. ボレー

    ネットプレーって、要は相手に選択を迫る行為
  5. テニス ストローク

    フットワーク

    回り込みフォアハンドに必要な、クロスオーバーステップを使っていこう!
PAGE TOP