メンタル

1つ1つのショットのレベルは高いのに、「試合で実力を出せない」人が意識して欲しいこと

練習では目が覚めるようなショットを打てるのに、試合で使えない、勝てない。

そんな人、アナタの周りにも多くないですか?

もしかしたら、アナタ自身がその悩みを抱えているのかも知れない。

だとすれば、ちょっとした意識を変えることで、すぐに結果が出るようになるかも知れません。

そのきっかけに、この記事がなることを祈って、書いてみます。

 

1つ1つのショットのレベルは高いのに、「試合で実力を出せない」人が意識して欲しいこと

 

■試合と練習で違う点、を挙げてみよう

まずは皆さん、自分で↓を観る前に、いくつか挙げてみて下さい。

 

 

練習と試合で、異なる部分は・・・。

・会場が違う

・ボールがニューボールになる

・対戦相手は、初めましての選手が多い

・点数が付く

・審判が付く(場合もある)

・結果が残る

 

思いつくだけでも、これくらいはあるでしょう。

つまり、練習と試合では、全く環境が異なるということ。

必要なのは、この違いを踏まえたうえで2つの環境を近づけていくこと、だと思います。

 

■リラックスして打てるボールが、アナタの実力のボールとは限らない

試合で実力を発揮出来ない、という人はココを勘違いしている可能性が高い。

練習で、気心の知れた仲間、失敗しても誰にも咎められない環境で打っているボールは、誰だって良いボールになる。

だからこそ、試合では何が必要なのか?

練習と同じようにリラックス?

それは出来ると思いますか?

私なら、練習のときにいかに試合に近い、良い緊張感が持てるかを考えます。

ミスに対して、もっと自分で神経質になる。

試合では1ポイント失っていた、それが大事なポイントになるかも知れないと。

このあたりは、自分で気付くしかない部分なのです。

 

■練習を試合に近付けて、試合の回数を増やしていく

やはり、経験は大事です。

公式戦以外にも、積極的に外部の試合に出たり、仲間を探して外のコートを取って試合をする。

他の学校に出向いても良いし、とにかく自分で試合経験を積める環境を拡げていきましょう。

そうすれば、自然と練習でも緊張感を保てるし、勝ちたいなら集中して練習しようと思えるようになる。

この循環を、アナタ自身作らないといけない。

公式戦が年に数試合、後は毎回同じような練習の毎日・・・では、強くなるのは難しいですね。

 

1つ1つのショットのレベルが高い、というのはとても大事なこと。

どんな状況にせよ、「打てる」というのは事実な訳です。

あとはいかに、試合の大事なポイントでそのショットを繰り出せるようになるかということ。

少しずつ、近付けていく。

そして打てたときのことは記録して、自信に変えていく。

地味ですが、こういった積み重ねで試合に強い選手、は作られていくのです。

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「エースだと思ったら、相手に拾われる・・・」この心理は、テニスの試合で勝ち切れない選手の、典型的なメ…

    テニスの試合をしていて、心が折れそうになる瞬間、たくさんあると思います…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスに真剣に取り組んでいれば、批判に対するタフさは自然に身につくもの

    皆さんも、これからテニスを続けていけば色々な経験をする。時には…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「練習では色々出来るのに、試合になると何も出来ない」人は、どんな意識で試合に臨めば良い?

    練習と試合では、やっていることが違い過ぎる人。練習では得意なシ…

  4. テニス ストローク

    メンタル

    相手をおちょくってみる、という意識はテニスの試合で必要です

    テニスの試合、ちょっとした意識の問題について。言葉は悪いかもし…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「もう駄目かも‥」と思うときは逆にチャンス!と認識して諦めないこと

    テニスの試合は、1セットマッチであればあっという間に終わる。3…

  6. テニス ストローク

    メンタル

    対戦相手の特徴を知りたいなら、「試合の序盤で、一度深いボレーで追い込んでみる」のをオススメします

    試合の序盤、シングルスでもダブルスでもなるべくネットプレーを入れる。…

特集記事

  1. 練習メニュー

    いつものボレーボレーの練習を、格段に実戦向きにする方法
  2. テニス知識

    HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. テニス セルフジャッジ

    シングルス

    テニスの試合でのメリハリは、「相手のミスを引き出すポイント」と「攻撃していくポイ…
  4. ボレー

    ネットプレーで特に難しい、「バックハンドボレーを逆クロス方向に打つ」為に必要な身…
  5. ボレー

    ボレーをふかし気味にアウトばかりしてしまう人は、「準備でラケットを上げる高さ」が…
PAGE TOP