テニス スライス

ロブ

なぜ、アナタのロブは試合で安定しないのか、を解説します

試合で、なかなかロブが入らない、安定しない。

こうなると、もう強い相手との対戦は厳しいですよね。

時間を作ったり、ネットにいる相手を下げることが出来ない。

ロブを打ってはアウト、をなぜ繰り返すのか・・・について。

初中級の方に一番ありがちな要因、を解説してみたいと思います。

 

なぜ、アナタのロブは試合で安定しないのか、を解説します

 


 

1.なぜ、ロブが安定しないんだろう

まず、第一にロブショットはストロークショット。

ストロークと同じ構え、雰囲気、から打てないと、相手にばれてしまいますよね。

この大原則、を大事にしてかないと、なかなか試合では使えない。

スライスでもスピンでも、ストロークで打っている時から変え過ぎてしまうと、安定しないし相手にもばれる。

良いこと無し、なんです。

ストロークの延長、と言えば何が大事になるのか。

それは、しっかりラケットを振る、ということです。

 

2.当てるだけのロブ、だから入らない

よく初中級のみなさんで多いのが、当てるだけのロブ、になってしまう方。

合わせるだけ、になって、速いボールに腰が引けている。

これでは、もう入るかどうか、宝くじみたいなもの。

打ってみて、そこで良い当たりならたまに入る、でもほとんどが、コントロール出来ないで飛び過ぎてアウト。

これでは、当然試合では使えない。

点で合わせるのではなく、しっかりラケットを振って線で合わせる。

この意識、がロブでは大事になって来ます。

 

3.ラケットを振るから安定する、のがテニスの基本

スライスでもスピンでも、ラケットを振るから安定する。

回転をかけるから、ボールがコートに収まるんですよね。

振る感覚、があれば、試合でも調整が効きやすい。

「今のは回転かけ過ぎたな」とか、「打点が後ろだったな・・・」というのは、振っているからこそ、感じることが出来るんです。

ただフラットでチョン、と合わせるだけのロブでは、何も感じられない。

しっかり振ってロブを打つ、という風に変えていきましょう。

そこに、新しいアナタの武器があるはずです。

 

4.点で合わせるロブは、ただ逃げているだけ

もう一つ、ただ合わせるだけのロブは、そもそも逃げの姿勢。

だから試合で、安定しないんです。

入るかどうか、の前に相手の攻撃を何とか逃げているだけ、の自分に気付かないと。

この姿勢がある限り、ずっと試合では受け身で辛い状態。

ロブを打つなら、しっかり振って、攻撃的に。

相手が強いショットを打って来た時も、スライスでも良いのでしっかり振る。

振ったロブには回転がかかり、それだけで相手がスマッシュを打ち辛いようなボールになっている。

例え甘いロブになっても、相手のミスを誘える可能性が高い、ですからね。

 

ロブが入らないのは、逃げ腰になって点で合わせているから。

ラケットを振れていないから、安定しないということ。

振っていくの、確かに最初は怖いです。

でも、早いテイクバックでコンパクトに振れば、きっとロブも上手く打てるはず。

最初はアウトしてもOK。

しっかり回転をかけるロブ、に変えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス コントロール

    ロブ

    ロブを追いかけて一度落とす時には、並行して走ってると一生間に合わない

    「そんなの、誰だって知ってるよ・・・」という、テニスの基本。こ…

  2. ロブ

    女子ダブルスで有効なのは、触らせる低いトップスピンロブ

    女子ダブルスの試合の中で、大事なポイント。それは間違いなく、ロ…

  3. テニス ダブルス

    ロブ

    ダブルスの試合、クロスロブが有効な場面とは?

    ダブルスの試合で、ロブは基本ストレート?確かに、前衛が正面にい…

  4. テニス 構え

    ロブ

    アナタのロブを「試合で効果的なショット」に変えていくには、打つタイミングを変えていこう!

    試合の中で「ロブ」、上手く使えてますか?ダブルスの試合では、ロ…

  5. テニス ダブルス

    ロブ

    スライスロブは、自分の顔の近くで「コツン」と当てて打てばOK

    スライスロブ、ダブルスの試合でよく使いますよね。いきなりリター…

  6. テニス ストローク

    ロブ

    「リターンで、いきなりトップスピンロブ?」良い作戦!

    最近、ちょっとマイブームなのがこれです。ダブルスの試合、リター…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    ストローク

    「錦織選手の強さ」を紐解く、一般テニスプレイヤーも参考になる試合でのストローク術…
  2. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合でのサーブ&ボレーは、〇〇だけでシンプルに完成する
  3. テニス 練習

    戦術

    アグレッシブベースライナー、はそもそも難しいプレースタイル
  4. バボラ ピュアドライブ

    ストローク

    「現代ラケットなら現代テニスを」理解しておかないと勿体無い現代テニスの基本的な考…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの攻撃力を高めたいなら、相手が打つ直前にポジションを微調整出来るようになろ…
PAGE TOP