テニス スライス

ロブ

なぜ、アナタのロブは試合で安定しないのか、を解説します

試合で、なかなかロブが入らない、安定しない。

こうなると、もう強い相手との対戦は厳しいですよね。

時間を作ったり、ネットにいる相手を下げることが出来ない。

ロブを打ってはアウト、をなぜ繰り返すのか・・・について。

初中級の方に一番ありがちな要因、を解説してみたいと思います。

 

なぜ、アナタのロブは試合で安定しないのか、を解説します

 


 

1.なぜ、ロブが安定しないんだろう

まず、第一にロブショットはストロークショット。

ストロークと同じ構え、雰囲気、から打てないと、相手にばれてしまいますよね。

この大原則、を大事にしてかないと、なかなか試合では使えない。

スライスでもスピンでも、ストロークで打っている時から変え過ぎてしまうと、安定しないし相手にもばれる。

良いこと無し、なんです。

ストロークの延長、と言えば何が大事になるのか。

それは、しっかりラケットを振る、ということです。

 

2.当てるだけのロブ、だから入らない

よく初中級のみなさんで多いのが、当てるだけのロブ、になってしまう方。

合わせるだけ、になって、速いボールに腰が引けている。

これでは、もう入るかどうか、宝くじみたいなもの。

打ってみて、そこで良い当たりならたまに入る、でもほとんどが、コントロール出来ないで飛び過ぎてアウト。

これでは、当然試合では使えない。

点で合わせるのではなく、しっかりラケットを振って線で合わせる。

この意識、がロブでは大事になって来ます。

 

3.ラケットを振るから安定する、のがテニスの基本

スライスでもスピンでも、ラケットを振るから安定する。

回転をかけるから、ボールがコートに収まるんですよね。

振る感覚、があれば、試合でも調整が効きやすい。

「今のは回転かけ過ぎたな」とか、「打点が後ろだったな・・・」というのは、振っているからこそ、感じることが出来るんです。

ただフラットでチョン、と合わせるだけのロブでは、何も感じられない。

しっかり振ってロブを打つ、という風に変えていきましょう。

そこに、新しいアナタの武器があるはずです。

 

4.点で合わせるロブは、ただ逃げているだけ

もう一つ、ただ合わせるだけのロブは、そもそも逃げの姿勢。

だから試合で、安定しないんです。

入るかどうか、の前に相手の攻撃を何とか逃げているだけ、の自分に気付かないと。

この姿勢がある限り、ずっと試合では受け身で辛い状態。

ロブを打つなら、しっかり振って、攻撃的に。

相手が強いショットを打って来た時も、スライスでも良いのでしっかり振る。

振ったロブには回転がかかり、それだけで相手がスマッシュを打ち辛いようなボールになっている。

例え甘いロブになっても、相手のミスを誘える可能性が高い、ですからね。

 

ロブが入らないのは、逃げ腰になって点で合わせているから。

ラケットを振れていないから、安定しないということ。

振っていくの、確かに最初は怖いです。

でも、早いテイクバックでコンパクトに振れば、きっとロブも上手く打てるはず。

最初はアウトしてもOK。

しっかり回転をかけるロブ、に変えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. ロブ

    後衛にバックボレーでカットさせる、のがダブルスの試合でのナイスロブ

    ダブルスの試合、どんなレベルでも有効な作戦。それは、こういうロ…

  2. テニス ストローク

    ロブ

    深いボレーをトップスピンロブで返したいときには、「後ろ足で後ろにジャンプ!」をやってみましょう

    深いボレ―をどうストロークで処理するか・・・は難しい問題です。…

  3. テニス 前衛

    ロブ

    ロブが上手い人は、相手の反応を見るのが上手いんです

    繰り返し書いてきましたが、特にダブルスの試合はロブが大事。この…

  4. ロブ

    浅いボールをロブで切り返し、楽に崩す方法

    シングルスでもダブルスでも、試合に強い人には共通する特徴があります…

  5. テニス リターン

    ロブ

    「対戦相手の身長が低いから、ロブを上げておこう」って、なんて安易な発想だろう

    相手の特徴をよく観察して、試合の作戦を決めていく。出来る限り失…

  6. ロブ

    相手のスマッシュをミスに追い込む、シンプルな方法は?

    試合の中で、相手のスマッシュミスを誘う。これは、成功すると1ポ…

特集記事

  1. フットワーク

    スプリットステップ、もっと早く、低く!
  2. メンタル

    「宇宙人から見たら、僕らだって宇宙人だということ」は、テニスにだって言える
  3. 戦術

    ボールをコントロール、の次は相手をコントロール
  4. テニス メンタル

    メンタル

    セルフジャッジの基本、「オンラインはインの判定」に出来る?
  5. ロブ

    浅いボールをロブで切り返し、楽に崩す方法
PAGE TOP