テニス ストローク

リターン

リターンを手首でこねている人は、「40-30のような大事なポイント」で入らなくなる

リターンは緊張する。

特にブレークポイントのような場面、逆に追い詰められたような場面では、ミスしたくない。

ミスしたくないと思えば思う程・・・こうやって強引になってしまう人、いませんか?

リターンで強引になる人は、きっと上手く試合をコントロール出来ません。

 

リターンを手首でこねている人は、「40-30のような大事なポイント」で入らなくなる

 


 

1.リターンこそ、シンプルにしておきたい技術

リターンは相手のサーブを返球する技術。

サーブは速い、だけじゃなくてどこに飛んでくるのか計算し辛い。

広いサービスエリアの端から端まで・・・と考えると、出来るだけシンプルに仕上げておきたい。

シンプルに・・・と考えると、出来るだけラケットは大きく動かさない、振り過ぎない、が基本。

小さいテイクバックで、しっかり前に踏み込んでいくことを確認しておきましょう。

 

2.手首で最後にこねてしまう人は、何かを誤魔化そうとしている!

リターンの技術に自信が無い人ほど、最後の最後に「グチャ」っとしてしまう。

手首でこねようという意識は無いにせよ、不安になってしまって最後に手首でコントロールしようとして、ミスをする。

そもそも、サーブのようにボールに力を持っている場合、その力を利用してあげれば良いだけ。

しっかりボールに対して良い「角度」を作ってあげれば、それだけで良いリターンになってくれる。

誤魔化そうとすると、自分の力でコートに入れようとする・・・ことになってしまうんですよね。

 

3.40-30のような場面で、相手がやられて嫌なことは・・・?

サーバー側の気持ちになって考えてみましょう。

ポイントを獲ればゲームが取れる、ような場面ですから、出来れば返球されないようなフリーポイントが欲しいところ。

だからこそ、まずリターンを返球してラリーに持ち込むのが試合の基本。

手首でこねたり、強引に誤魔化すような相手は戦いやすいのです。

負けているポイントでは、まず確実に堅実に。

焦って強引になっては、相手を助けるだけですから。

 

リターンで強引になる人、どこかで変えていきましょう。

まずはポジションを前にする、そして相手の力を利用出来るように、打点を前に、高く設定する。

高く設定できれば、それだけネットを超えやすいし、ミスも減る。

手首を使う必要も無い、ですよね。

こねるようなリターンが増えている人は、意識して練習していきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    どこかで本気で狙っていくリターンゲームが必要です

    本気で狙って、ゲームを獲りにいく。これは、上のレベルの試合にな…

  2. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合、緊張した場面で「ゆるくて遅いサーブが返し辛い・・・」人は、何を意識すれば良い?

    速いサーブも嫌だけど、試合の緊張した場面では「ゆるくて遅いサーブ」も嫌…

  3. テニス ストローク

    リターン

    リターンのポジションは、あと1メートル前で試合向きに!

    リターンミスの、一番の要因。私は、一般や学生さんのレベルだと「…

  4. テニス ダブルス

    リターン

    バックハンドリターンは、踏み込んで合わせる形で攻撃していこう

    バックハンドリターン、みなさん苦手意識を持っている方も多いと思います。…

  5. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合で、リターンにロブを混ぜていくために必要な意識4つ

    ダブルスの試合、明日から勝ちたい人。すぐに強くなりたい、結果を…

  6. リターン

    サーブが強力な相手、にダブルスの試合で対抗する戦術について

    サーブが強力な相手と、ダブルスで戦う。これって本当に厄介ですよ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「いつでもピンチは、チャンスに変わる」テニスは不思議とそんなスポーツです
  2. Q&A

    Q&A「シングルスで、どう戦えば良いかサッパリ分かりません」
  3. テニス メンタル

    テニススクール

    良い台になれる人、こそ練習の主役になれる
  4. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「下がりながらの守備的なハイボレー」は、後ろ足をしっかり止めると…
  5. テニス ボレー

    戦術

    団体戦の悪い流れを止める!5つの定番プレー
PAGE TOP