テニス ストローク

リターン

リターンを手首でこねている人は、「40-30のような大事なポイント」で入らなくなる

リターンは緊張する。

特にブレークポイントのような場面、逆に追い詰められたような場面では、ミスしたくない。

ミスしたくないと思えば思う程・・・こうやって強引になってしまう人、いませんか?

リターンで強引になる人は、きっと上手く試合をコントロール出来ません。

 

リターンを手首でこねている人は、「40-30のような大事なポイント」で入らなくなる

 


 

1.リターンこそ、シンプルにしておきたい技術

リターンは相手のサーブを返球する技術。

サーブは速い、だけじゃなくてどこに飛んでくるのか計算し辛い。

広いサービスエリアの端から端まで・・・と考えると、出来るだけシンプルに仕上げておきたい。

シンプルに・・・と考えると、出来るだけラケットは大きく動かさない、振り過ぎない、が基本。

小さいテイクバックで、しっかり前に踏み込んでいくことを確認しておきましょう。

 

2.手首で最後にこねてしまう人は、何かを誤魔化そうとしている!

リターンの技術に自信が無い人ほど、最後の最後に「グチャ」っとしてしまう。

手首でこねようという意識は無いにせよ、不安になってしまって最後に手首でコントロールしようとして、ミスをする。

そもそも、サーブのようにボールに力を持っている場合、その力を利用してあげれば良いだけ。

しっかりボールに対して良い「角度」を作ってあげれば、それだけで良いリターンになってくれる。

誤魔化そうとすると、自分の力でコートに入れようとする・・・ことになってしまうんですよね。

 

3.40-30のような場面で、相手がやられて嫌なことは・・・?

サーバー側の気持ちになって考えてみましょう。

ポイントを獲ればゲームが取れる、ような場面ですから、出来れば返球されないようなフリーポイントが欲しいところ。

だからこそ、まずリターンを返球してラリーに持ち込むのが試合の基本。

手首でこねたり、強引に誤魔化すような相手は戦いやすいのです。

負けているポイントでは、まず確実に堅実に。

焦って強引になっては、相手を助けるだけですから。

 

リターンで強引になる人、どこかで変えていきましょう。

まずはポジションを前にする、そして相手の力を利用出来るように、打点を前に、高く設定する。

高く設定できれば、それだけネットを超えやすいし、ミスも減る。

手首を使う必要も無い、ですよね。

こねるようなリターンが増えている人は、意識して練習していきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. テニス サーブ

    リターン

    テニスの試合、「トスに勝ってリターンゲームから始める」ことで得られるメリット3つ

    試合前のトスアップ、アナタはいつもどんなスタンスで臨んでいますか?…

  2. テニス 練習

    リターン

    ダブルスの試合のリターンゲームで、「深いサーブを打たれた時」にパートナーの前衛はどう考える?

    リターン側の前衛、にアナタ自身が立っているとします。良いサーブ…

  3. テニス リターン
  4. テニス フットワーク

    リターン

    「レシーブ上手になりたい」テニスの試合を勝ち抜いていく人の返球心理学を考える

    サーブレシーブから、テニスの試合はスタートする。最初のこの部分…

  5. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合のリターンは、パートナーに「どう返す予定か」は伝えよう

    ダブルスの試合、リターンで大事なこと。それは、レベルに限らずコ…

  6. テニス ロブ

    リターン

    「セカンドになったら、攻めよう」と考える人が9割

    相手のサービスゲームで、何を考えるのか。私はいつも、「あっと驚…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    人がプレッシャーに負けるとき、それは大抵「自分のイメージを守りたい」と考えるとき…
  2. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合、「サーブ&ボレーを決めたい!」人に贈る、4つの重要ポ…
  3. スマッシュ

    太陽が眩しいからサーブを避ける、でも前衛は・・・?
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスペアの一体感、言葉にするのは簡単
  5. テニス サーブ

    サーブ

    試合でこそ効果を発揮する、「女子ダブルスに必要なサーブ」の特徴5つ
PAGE TOP