テニス メンタル

テニススクール

テニススクールで一番上達しないのは、「自分のうんちくを押し付ける人」です

最近私もテニススクールに通っていて、改めて思うことがあります。

「こういう人、上達厳しいよな・・・」という感じの方。

ハッキリ言わせて頂ければ、40代、50代の方に多い。

ぜひ若い学生の皆さんも、自分のこととして聞いておいて頂きたいのです。

 

テニススクールで一番上達しないのは、「自分のうんちくを押し付ける人」です

 


 

1.コーチからアドバイスを聞いていても、心には響いていない

レッスン中、アドバイスを聞いていても・・・その雰囲気を観ていれば分かる。

耳では聞いていても、心では聞いていない。

心で聞けていないということは、つまり納得していないということ。

「コーチのアドバイス」よりも大事にしているものが、きっとあるんでしょうね。

自分自身が持っている「うんちく」のようなものが。

 

2.持っている「うんちく」を、伝えたくてしょうがない

きっと、無意識のうちにこんな意識が働いている。

「自分が持っている、テニスのうんちく」を伝えたい。

それも・・・自分が習っているテニスコーチに対して。

本人は悪気はないのでしょうが、コーチもプロ、すぐに察することが出来るはず。

「あぁ・・・この人は、アドバイスを聞いて実践する気が無いんだな」と。

そんな人が持っているうんちく、をコーチに話したところで何の価値にもなりません。

結果的に損するのは、その人自身です。

 

3.自分のポリシーは持っていて良いが、柔軟性も無いと上達出来ない

アナタ自身、バランス感覚が大事。

ポリシーを持って大事なこと、をしっかりテニスを継続することも大事なこと。

ですがそれ以上に、周りの意見を聞いて自分を変えていく、先入観を捨てていくことを実践して欲しい。

「それは、テニスが上手い人がやること」だと思っている方、違います。

テニスを始めて間もない方、でも大事な考え方です。

アナタ自身、何が自分にとって大切なものなのか。

それが分かれば、逆に周囲のアドバイスも自然に心から聞けるようなるはず。

 

自分の話し方、話している言葉、が周りにどう感じているのか。

小さい素振りが、アナタのテニスのマイナスになっていくことがあることを、理解しておくこと。

テニススクールのような場所で、しっかりと自分を上達させていくには、細かいことから変えていかないと。

大人の方って、逆に難しいことも多い。

我慢強く、テニスと向き合っていくこと、続けていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  3. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニススクール

    ボレー練習、無意味なのはコチラ

    普段の練習、本当に試合で使えるものかどうか。結構、意識しないと…

  2. テニス メンタル
  3. テニス 上達

    テニススクール

    コーチが楽しまないで、どうやって生徒がテニスを楽しむ?

    私がアルバイトコーチの頃には、よくこう言われたものです。「もっ…

  4. テニス ストローク

    テニススクール

    覚えることより、使えることを増やしていこう

    みなさんも練習していて、「どうも試合で使えていない」ようなこと、たくさ…

  5. テニススクール

    動くのに必死な状況で、アドバイス頭に入る?

    誰かに指導される、テニスレッスン。テニススクールでもそうだと思…

  6. テニス 観察眼

    テニススクール

    テニススクール通いのジュニア選手に、部活でテニスを続ける選手が勝つ方法とは?

    中学生や高校生の皆さんの中には、大きく分けて2パターン、テニスを鍛える…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で「まくられ癖が抜け無い」人に共通する、たった一つのこと
  2. テニス ポジショニング

    ボレー

    「伸びてくるスライス」のハイボレー、本当に難しい!
  3. テニス ボレー

    ボレー

    「フォアハンドのハイボレーでコースを隠す」ことが出来れば、チャンスを確実に決めら…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    片手バックボレー、ラケットを動かし過ぎな人は「左手意識」で解決!
  5. テニス メンタル

    その他

    大事な試合の前には、一筆したためよう
PAGE TOP