その他

「テニス初心者の方」を、どんどん成長させていく為の優良記事7つ

テニスは難しい。

始める前のギャップに悩んでいる初心者の方も、たくさんいるはず。

そこで、T-PRESSで書いてきました初心者の方に向けた記事、ヒントをまとめてみました。

もしかしたら、今習っているコーチの考えとは少し異なるかも知れませんが、より実践的なヒントがそこにはあるはずです。

 

「テニス初心者の方」を、どんどん成長させていく為の優良記事7つ

 


 

1.テニス初心者の方がまず意識したい、「練習で大事な意識」5つ

テニスの初心者だからこそ、基本の考え方を整理して練習に入りたい。

整理出来ていれば、きっと身にある練習が毎回出来るはずです。

 

2.ボレーに必要なリズム感、「1,2,3」のフットワークを覚えておけば初心者の方でも安定します!

テニスのリズム感は独特です。

初心者の方も、しっかり意識して慣れていけば身に付いていくのも速いでしょう。

 

3.テニス初心者の方にありがちな、「ストロークで肘が後ろに残る形」を修正しよう

最初の練習、目標はストロークを安定させること。

力が入った状態ではなく、リラックス出来るかどうかがポイントです。

 

4.テニス初心者の方はまずしっかり、「構え直し」から徹底してラリーをしてみましょう

私が初心者の方に一番伝えたいテーマは、これです。

試合に出ている方でも出来ていない人が、ほとんどですので。

 

5.初心者でも簡単に試合で使える、山なりで深いサーブを身に付けるには、「椅子に座って打ってみる」のをオススメします

初心者の方が苦戦するもの、一番はサーブでしょう。

入らないと迷惑をかけてしまうし・・・と考えるなら、意識はこれで決まりです。

 

6.「なぜアノ人は上達が早いのか?」テニス初心者でもサーブの上達が早い人の特徴5つ

上達スピードは千差万別。

その背景には、理由があります。

 

7.初心者にボレーを教えるなら、「セットしてから横向きで踏み込む」ことをシンプルに徹底しよう

ボレーは難しい・・・と最初は思われがちですが、実は身に付ければ簡単。

ダブルスの試合にも、どんどん初心者の方も出ていきましょう!

 

今回ご紹介した内容も、あくまで一部。

その中から、アナタ自身で興味を持った内容から意識していけば良いと思います。

何を考えて、意識して練習をするかで、テニスの成長スピードは変わります。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス メモ

    その他

    テニスやスポーツにおいて、自分の成長は「数字でしか測れない」という覚悟を持ちましょう

    スポーツ選手の実力、成果、実績といったものは、学生からプロ選手まで様々…

  2. テニス ミス
  3. テニス 部活

    その他

    「トップダウン型ではなく、ボトムアップ型へ」テニス部の部活動は、今まさに変革期です

    高校サッカーのチームで、ここ2~3年面白い話を聞く機会が多い。…

  4. その他

    「大谷選手の目標を実現させた方法=マンダラート」は、テニスにも超絶応用が可能です!

    自分自身を、成長させたい。このサイトを観ている方であれば、少な…

  5. その他

    「ドキドキのスペイン留学初日」スペインでのテニスと緊張感と

    赤土のコートで走り回る選手たちを観ていると、スペイン・バルセロナで練習…

  6. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合経験を積むには、「自分から動いてネットワークを作る」ことが大事です

    昨日ニュースを観ていると、こんな記事が目に入りました。プロ野球…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    なぜ、錦織選手のバックハンドは鋭く落ちるのか
  2. テニス 練習

    テニススクール

    「テニスが好きだから、テニスコーチになりたい」人に伝えておきたい5つのこと
  3. テニス 雪

    練習メニュー

    「挑戦するキャプテン、しないキャプテン」によって、チームの挑戦力の絶対量は決まる…
  4. ボレー

    ボレーが安定している人は、ラケットと身体の距離がいつも一定に保てている
  5. テニス ストローク

    ストローク

    アナタのストロークに迫力が足りないのは、「テイクバックの高さ」が足りないから
PAGE TOP