その他

「テニス初心者の方」を、どんどん成長させていく為の優良記事7つ

テニスは難しい。

始める前のギャップに悩んでいる初心者の方も、たくさんいるはず。

そこで、T-PRESSで書いてきました初心者の方に向けた記事、ヒントをまとめてみました。

もしかしたら、今習っているコーチの考えとは少し異なるかも知れませんが、より実践的なヒントがそこにはあるはずです。

 

「テニス初心者の方」を、どんどん成長させていく為の優良記事7つ

 


 

1.テニス初心者の方がまず意識したい、「練習で大事な意識」5つ

テニスの初心者だからこそ、基本の考え方を整理して練習に入りたい。

整理出来ていれば、きっと身にある練習が毎回出来るはずです。

 

2.ボレーに必要なリズム感、「1,2,3」のフットワークを覚えておけば初心者の方でも安定します!

テニスのリズム感は独特です。

初心者の方も、しっかり意識して慣れていけば身に付いていくのも速いでしょう。

 

3.テニス初心者の方にありがちな、「ストロークで肘が後ろに残る形」を修正しよう

最初の練習、目標はストロークを安定させること。

力が入った状態ではなく、リラックス出来るかどうかがポイントです。

 

4.テニス初心者の方はまずしっかり、「構え直し」から徹底してラリーをしてみましょう

私が初心者の方に一番伝えたいテーマは、これです。

試合に出ている方でも出来ていない人が、ほとんどですので。

 

5.初心者でも簡単に試合で使える、山なりで深いサーブを身に付けるには、「椅子に座って打ってみる」のをオススメします

初心者の方が苦戦するもの、一番はサーブでしょう。

入らないと迷惑をかけてしまうし・・・と考えるなら、意識はこれで決まりです。

 

6.「なぜアノ人は上達が早いのか?」テニス初心者でもサーブの上達が早い人の特徴5つ

上達スピードは千差万別。

その背景には、理由があります。

 

7.初心者にボレーを教えるなら、「セットしてから横向きで踏み込む」ことをシンプルに徹底しよう

ボレーは難しい・・・と最初は思われがちですが、実は身に付ければ簡単。

ダブルスの試合にも、どんどん初心者の方も出ていきましょう!

 

今回ご紹介した内容も、あくまで一部。

その中から、アナタ自身で興味を持った内容から意識していけば良いと思います。

何を考えて、意識して練習をするかで、テニスの成長スピードは変わります。

ピックアップ記事

  1. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    やるべき準備をしていれば、試合で遊ぶことが出来る

    試合に強い人って、どこか楽しそうに試合をしている。言い方は悪…

  2. その他

    テニスの試合では、「ショット一発の威力」に頼っていると、打った後に隙だらけになります

    試合に勝てる選手と、勝てない選手。色々と要因はあると思いますが…

  3. テニス サーブ

    その他

    「全豪オープンテニスはここを見よう!」試合の現場で必要なテニス観を身に付けるポイントとは?

    今週から始まりました、全豪オープンテニス!錦織選手も初戦を突破…

  4. テニス メンタル

    その他

    「引退」高校テニスを振り返ってみて

    高校3年生の時、引退掛けた最後の大会のことはまったく覚えていない。…

  5. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合は、皆さんも経験してきた「定期テスト」に似てると思う

    皆さんも経験してきた、定期テスト。中間、期末と、まさに今学生の…

  6. テニス 観察

    その他

    興味が無いこと、湧かないことに、チャンスは転がっている

    新しいことに挑戦したい、自分を成長させていきたい。そう考えてい…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「バックハンドボレーにパンチ力を出したい!」男性プレイヤーに試して欲しい打ち方と…
  2. テニス 練習メニュー

    練習メニュー

    リターンダッシュの駆け引きを身に付ける、実戦的な練習メニュー
  3. テニス 雨

    戦術

    テニス試合が雨で中断したときに、再開後に備える準備4つ
  4. テニス サーブ

    ストローク

    スウィングの切れ味は、引く動作で磨かれる
  5. テニス 練習

    その他

    セルフジャッジが汚い相手には、「2回目」で戦う姿勢を見せよう
PAGE TOP