テニス 部活

その他

「チームの和を乱す実力者」は、アナタのチームに必要だろうか?

「部活の和が、乱されてしまう」

「テニスは上手いんだけど、周りへの態度が悪くて・・・」

こういったご相談を、何度か頂く機会がありました。

実際にテニス部やサークルの中で、こんな風に空気が悪くなることはありますよね。

私の考え、はこれです。

 

「チームの和を乱す実力者」は、アナタのチームに必要だろうか?

 


 

■たった一人に乱されるような「和」なら、一度壊してしまおう

乱される「和」って、何なんでしょうか。

ただ、テニスが上手いから自慢する、自分勝手にやる・・・みたいなことで、部活の雰囲気が悪くなる?

そんなことは無いと、私は思います。

きっと、その上手い選手は「何かを伝えたい、周りを鼓舞したい」と考えている。

それが不器用だから、伝わっていないだけ。

学生の皆さんは、圧倒的に「真剣に話す機会」が足りないのです。

もし本音を話すことで乱れてしまう「和」なら、それは「和」では無い。

早めに壊してしまうことを、オススメします。

 

■チームで思っていることを出し合う、ことがスタートになる

実力がある、試合で結果を出している選手の言葉は、どうしても大きくなる。

ですが、皆考えていること、このチームで成し遂げたいことは・・・「テニスを強くなって、試合に勝つ」ということなはず。

まずここをしっかり、確認しましょう。

実力が有る無しで、発言力に差があるようなチームは強くなれない。

練習に不満が無い人、なんていないはず。

だからこそ、週1回で良いのでミーティングの場を設けることは大事。

部活だってサークルだって、社会人チームだって同じです。

集まってボールを打ち合うだけのテニス、になっているのであれば、自然とこういった問題が起きる。

問題が起きるから、チャンスなんです。

 

■「チームの和を乱す」という言葉に、騙されるな!

「和をもって、尊しとなす」という文化、私は尊重したい。

ですが、テニスは試合であり戦い、勝負の世界。

勝負に勝てる選手になりたければ、日々の練習で「和」ばっかりに意識を向けていてもダメ。

「より良い練習、環境にしていくための意識」が高ければ、それは結果的に「和」を乱すことになるかも知れない。

その覚悟ある選手がいるかどうか、です。

もちろん自分勝手にやって周りに迷惑をかけるのは論外、ですが、何も言わないで影でコソコソ人の文句を言うのも同罪。

テニス部は乱れて良い。

乱れて立ち戻った回数が強いチームが、最後は強くなるのです。

 

何かを主張しようと思えば、真剣に考える。

真剣に考えれば知恵が出るし、行動力も身に付く。

まだまだ若い学生の皆さんは、たくさん失敗しましょうよ。

私も好き勝手やって、同級生に袋叩きにされた経験もあります。

そんな失敗、やった者勝ちですよ。

ピックアップ記事

  1. ご質問頂いた件につきまして
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. その他

    ※満員御礼【イベント告知】北山智也プロ練習会 10/20(土) in 東京都調布市

    この度、こちらのイベントをT-PRESSにて取材・撮影させて頂きます…

  2. テニス 感覚

    その他

    自分のテニスについて、「イメージと実際のフォームには、ギャップがある」ことを知るのが大事

    どんなにテニスが上手い人も、まず最初は自分の「下手さ」を知るところから…

  3. その他

    力は要らないんだ、と思えたらテニスは上手くなる

    テニスが上手くなる瞬間。それは、突然訪れます。特に、社…

  4. テニス ボレー

    その他

    「こっち側には絶対来ない!」と思い切れるかどうかが、テニスの試合では予測力の差になります

    テニスの試合で反応が良い選手、予測が鋭い選手、試合で強いですよね。…

  5. テニス セオリー

    その他

    万全でなくとも、試合に出ましょう

    冬の寒い時期、みなさんの中にも怪我に苦しんでいる方、多いと思います。…

  6. テニス メンタル

    その他

    「ラケットバッグの汚れ、どう落とす?」数か月に1回くらいはキレイにしましょう!

    学生の皆さんは、テニスの試合のときだけでなくもしかしたら通学もラケバと…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. サーブ

    セカンドサーブで行き詰まったら、この作戦
  2. ストローク

    「オープンスタンスでフォアハンドストローク」テニスの試合でつなぎには最適ですが・…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで「身体を開いてはいけない」は、誤解の元
  4. テニス ダブルス

    リターン

    リターンのグリップは、フォアハンド?バックハンド?
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合、「ダブルスの前衛で、責任感の無い人」は絶対に成長しないその理由
PAGE TOP