テニス 部活

シングルス

シングルスの試合の中で、「技術はあるのに、先にミスして自滅していく人」に共通すること5つ

シングルスの試合で、「この人テニスの技術は上手いのに、何で勝てないんだろう・・・?」と感じる人はいませんか?

逆に凄いショットは無くても、しっかり出来ることをやって勝てる人。

俗に「自滅する」と呼ばれるこの現象ですが、そもそも自滅する人は何が問題なのか?

シングルスは一人で孤独な闘い。

自滅しそうになったら、自分自身で食い止めて軌道修正しなければなりません。

 

シングルスの試合の中で、「技術はあるのに、先にミスして自滅していく人」に共通すること5つ

 

1.体力が無さ過ぎる

テニスのシングルスにおいて、瞬発力と持久力は必要。

これをしっかり理解してトレーニングしていないと、練習に近いような動きは出来ません。

しかも、試合は緊張感が違います。

同じ時間だけテニスをしても、試合と練習ではその疲労度が全く違う。

このことを理解して、普段からしっかり持久力を付けるようなトレーニグは自分に課していくようにしなければ、体力切れで雑なテニスになっていくだけ。

これも立派な、自滅です。

 

2.テニスプレースタイルに幅が無い

シングルスも対戦相手があってのテニス、ということは、アナタ自身が相手に合わせたプレーをする必要があります。

ネットに出て来る相手であればパッシングショット、ロブも必要ですし、逆に粘る相手であればアナタがそういったプレーをしないと厳しい。

相手の土俵で戦って、苦しくなってミスを重ねているようでは戦えないのです。

自分がどんなプレーの引き出しを持っているのか、その中で、得意なスタイルはどれなのかを考えてみましょう。

手数が多い選手は、そうそう自分から崩れていくことはありません。

 

3.考え過ぎる癖がある

テニスにおいて思考をめぐらせて戦術を練ることは、非常に重要です。

ですが相手から得る情報を全て鵜呑みにして、色々考え出して止まらない選手はプレーにも迷いが伝染します。

ときには思い切って、ミスも恐れないようなテニスも必要。

そして相手のナイスショットは、諦めることだって必要なんです。

全てのポイントを獲りたいと考えるのではなく、取捨選択していくことでネガティブな思考をストップできる。

失ったポイントを引きずって、ズルズル負けていく選手は意識してみて下さい。

 

4.自分の実力が把握できていない

一番は、これでしょう。

自分の安定感のあるショットのレベルが、そもそも分かっていない。

だから「ミス」していると思っているけど、本当はそれが自分の実力。

何回打っても、入るのは数%の確率の攻撃ばかりして、相手をすごく楽にさせてしまう。

サーブもそうですね。

そうそう入りもしないファーストサーブばかり打って、フォルトして自分を苦しめている。

この部分のレベルは、あえて落として確率重視で試合に臨むことが重要です。

 

5.目の前の試合を、客観視することができない

テニスの試合に一生懸命になり過ぎて、周りが見えていない選手は自滅します。

特に学生の選手で多い。

例えば相手の弱点を探るにしても、前半に気付いていれば楽に攻撃出来たのに、試合の終盤まで気付かない。

また自分がどこを攻撃されているのかにも、鈍感。

ボールを打つ技術はあっても、それを活かすも殺すもアナタの作戦次第。

そして作戦には情報と材料が要るのです。

それを試合の序盤でもぎ取りにいく姿勢、シングルスではとても大切です。

 

「自滅する」という経験は、成長するうえで必要です。

ですが何となく感じているだけではダメで、その根本の原因は何なのかをしっかり考えてアクションを起こす。

ここまできて初めて、テニス選手としての成長があるのです。

もう、悔しい負け方をシングルスでしたくは無いですよね?

その為に出来ることは、きっとたくさんあるはずです。

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス シングルス

    シングルス

    アナタのシングルスの試合を勝利に導く、30のポイント

    シングルスの試合、自分一人の孤独の戦い。だからこそ、勝っても負…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で有効な、「ネットプレイヤーへのクロスロブ」の精度を高めよう!

    シングルスの試合では、最近はあまりネットプレイヤーに出会う機会が少ない…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合、相手がスライスの構えになったら実行したい5つの秘策

    シングルスの試合の、基本戦術。まずは皆さん、相手のバックハンド…

  4. テニス スライス

    シングルス

    シングルスに強くなりたければ、まず「相手にフリーポイントを与えない」ことから意識しよう!

    強い選手と、シングルスで戦う。怖いようで、でもテニスの一番の醍…

  5. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合で「どこに打って攻撃して良いか、イメージが湧かない」人がまず実践したい3つのこと

    ダブルスの試合はプレーするけど、シングルスの試合はほとんどやらない、と…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    テニス選手として一気に成長したければ、「次の大会は本気で戦う」と周りに宣言してみよう

    少し早いですが、今年ももうすぐ終わり。アナタ自身、どんな一年を…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 疲れ

    メンタル

    みんな誰しもが、試合5分前になると「現実主義者」になるのがテニスです
  2. テニス テニスノート

    Q&A

    読者のみなさんよりアンケートで頂いたお悩みに、私なりにお答えさせて頂きます Vo…
  3. テニス メンタル

    ストローク

    「前足?後ろ足?」テニスのストロークは素早い攻守の切り替えが必要なので・・・
  4. テニス メンタル

    その他

    テニスコート脇で「スウェットばかり履いている人」が、大事な試合で勝てないその理由…
  5. テニス トレーニング

    練習メニュー

    「1日5分でテニスの試合に強くなる!」自宅でできる簡単トレーニング5つ
PAGE TOP