テニス 部活

シングルス

シングルスの試合の中で、「技術はあるのに、先にミスして自滅していく人」に共通すること5つ

シングルスの試合で、「この人テニスの技術は上手いのに、何で勝てないんだろう・・・?」と感じる人はいませんか?

逆に凄いショットは無くても、しっかり出来ることをやって勝てる人。

俗に「自滅する」と呼ばれるこの現象ですが、そもそも自滅する人は何が問題なのか?

シングルスは一人で孤独な闘い。

自滅しそうになったら、自分自身で食い止めて軌道修正しなければなりません。

 

シングルスの試合の中で、「技術はあるのに、先にミスして自滅していく人」に共通すること5つ

 


 

1.体力が無さ過ぎる

テニスのシングルスにおいて、瞬発力と持久力は必要。

これをしっかり理解してトレーニングしていないと、練習に近いような動きは出来ません。

しかも、試合は緊張感が違います。

同じ時間だけテニスをしても、試合と練習ではその疲労度が全く違う。

このことを理解して、普段からしっかり持久力を付けるようなトレーニグは自分に課していくようにしなければ、体力切れで雑なテニスになっていくだけ。

これも立派な、自滅です。

 

2.テニスプレースタイルに幅が無い

シングルスも対戦相手があってのテニス、ということは、アナタ自身が相手に合わせたプレーをする必要があります。

ネットに出て来る相手であればパッシングショット、ロブも必要ですし、逆に粘る相手であればアナタがそういったプレーをしないと厳しい。

相手の土俵で戦って、苦しくなってミスを重ねているようでは戦えないのです。

自分がどんなプレーの引き出しを持っているのか、その中で、得意なスタイルはどれなのかを考えてみましょう。

手数が多い選手は、そうそう自分から崩れていくことはありません。

 

3.考え過ぎる癖がある

テニスにおいて思考をめぐらせて戦術を練ることは、非常に重要です。

ですが相手から得る情報を全て鵜呑みにして、色々考え出して止まらない選手はプレーにも迷いが伝染します。

ときには思い切って、ミスも恐れないようなテニスも必要。

そして相手のナイスショットは、諦めることだって必要なんです。

全てのポイントを獲りたいと考えるのではなく、取捨選択していくことでネガティブな思考をストップできる。

失ったポイントを引きずって、ズルズル負けていく選手は意識してみて下さい。

 

4.自分の実力が把握できていない

一番は、これでしょう。

自分の安定感のあるショットのレベルが、そもそも分かっていない。

だから「ミス」していると思っているけど、本当はそれが自分の実力。

何回打っても、入るのは数%の確率の攻撃ばかりして、相手をすごく楽にさせてしまう。

サーブもそうですね。

そうそう入りもしないファーストサーブばかり打って、フォルトして自分を苦しめている。

この部分のレベルは、あえて落として確率重視で試合に臨むことが重要です。

 

5.目の前の試合を、客観視することができない

テニスの試合に一生懸命になり過ぎて、周りが見えていない選手は自滅します。

特に学生の選手で多い。

例えば相手の弱点を探るにしても、前半に気付いていれば楽に攻撃出来たのに、試合の終盤まで気付かない。

また自分がどこを攻撃されているのかにも、鈍感。

ボールを打つ技術はあっても、それを活かすも殺すもアナタの作戦次第。

そして作戦には情報と材料が要るのです。

それを試合の序盤でもぎ取りにいく姿勢、シングルスではとても大切です。

 

「自滅する」という経験は、成長するうえで必要です。

ですが何となく感じているだけではダメで、その根本の原因は何なのかをしっかり考えてアクションを起こす。

ここまできて初めて、テニス選手としての成長があるのです。

もう、悔しい負け方をシングルスでしたくは無いですよね?

その為に出来ることは、きっとたくさんあるはずです。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. シングルス

    シングルスのネットプレーに必要な、基本ポジショニングの意識

    シングルスの試合でも、ネットプレーが必要なのは分かった・・・けど・・・…

  2. テニス コントロール

    シングルス

    「人がいない場所にボールを運ぶ」テニスのシングルスの試合で必要な感覚を養うために

    シングルスとダブルスの違い、それはもちろんコート上にいる人数の少なさ。…

  3. テニス 確率

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で有効な「ドライブボレー」の使い方4つ

    最近の女子シングルスの試合は、グランドスロークが主体。それでも…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスのラリー戦では、「チャンスを引き出すボール」を自分の武器として磨いていこう!

    シングルスの試合で、アナタの武器は何ですか?フォアハンド?ネッ…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で有効な、「ネットプレイヤーへのクロスロブ」の精度を高めよう!

    シングルスの試合では、最近はあまりネットプレイヤーに出会う機会が少ない…

  6. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスのネットプレーは、「相手のミスを誘う」要素が求められる

    シングルスの試合と、ダブルスの試合。特に学生の皆さんの試合だと…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合を、「人が多いと考えるのか?少ないと考えるのか?」
  2. テニス ボレー

    その他

    「あぁ・・・助かるなぁ」と、試合中に感じた相手のプレーをまとめておくと参考になる…
  3. テニス メンタル

    その他

    「自分のテニスを文章にすること」がなぜ重要なのか、を改めて問う4つの視点
  4. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合会場で周りに迷惑をかけない「基本的なマナー」5つ
  5. ストローク

    バックハンドに高く弾むボール、をなぜ打たれるのか?
PAGE TOP