戦術

  1. サービスゲーム、両サイドの考え方

    試合での、サービスゲームキープ。これを課題にしている方は、多いと思います。シングルスでもダブルスでも、なかなかサービスキープが難しいと気分も乗…

  2. 勝ち方を見つける、という技術

    テニスの試合には、引き分けはありません。タイブレークのような、強引な手法でも最後は決着を着ける。だからこそ、私たちはレベルを問わずこの意識って…

  3. テニスは各カウントの、チームプレー

    テニスは個人競技、そして得点をゲームの中で積み上げていくルールです。一気に多くのポイントを取ることは出来ないですし、細かいことの積み重ね。でも…

  4. 「こんなの、自分のプレーじゃない!」という方へ

    色々な人のアドバイスを聞いて、迷っている方。「こんなの、自分のテニスじゃない…」と悩んでしまって、テニスが楽しくなくなるような時期、ありますよね。…

  5. 勇んで同じコース、やられる要因に

    試合の中で、自分が良いショットなのに相手に決められる。ポイントを取られる、という時はありますよね。これ、ちゃんと理由を考えておかないといけませ…

  6. テニス スポーツ

    負けている時は、焦るな、もがくな

    試合が進んでいけば、勝敗が見えて来る。テニスの試合には、必ず終わりがありますからね。でもその終わりが、自分の負けかな…という感覚が強くなると、…

  7. 1セットマッチ、2-2でリードしているのは自分

    私たちの試合の多くは、1セットマッチ。この進め方について、しっかり考えておきましょう。普段私が使っている、ちょっとした心理的なテクニックについ…

  8. 主語を変える、ということ

    テニスが強くなりたいなら、これが必要。何度か記事でも書いて来ましたが、私自身が最近意識していること、です。自分が発している言葉で、自分と、そし…

  9. 「自分と試合やるの、やだろうな」

    と、いかに相手に思ってもらうかどうか。自分自身にも、暗示をかける必要があります。自慢じゃないですが、私は相手に対していつも「ごめんね、相手が僕…

  10. 執拗さで、対戦相手は感情的になる

    テニスの試合で、みなさんは相手の感情、感じることが出来てますか?明かにイライラしてるような時、試合はとても進めやすいですよね。テニスという競技…

  1. テニス 戦術

    リターン

    ボディへの深いサーブは、「身体を逃がしながら顔を残す」だけで楽に返ります
  2. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスの実戦では、「相手がボールを打ってから動き始める」では、いつまで経っても守…
  3. テニス 気付き

    メンタル

    テニス選手として、「普通であろうとする自分」に危機感はあるか?
  4. ボレー

    テニスのネットプレーでは、「相手がいる位置よりも空きスペース」を意識してラリーす…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    身体からラケットを離してテイクバック、で自然に伸びのあるクロスストロークは打てる…
PAGE TOP