戦術

  1. テニス ストローク

    コースを狙うショットは、全て回転をかけて打てるようになろう

    テニスが上手い、強い人は、なんであんなにコントロールが良いんだろう。それも、緊張するような大事な場面で、しっかりコントロールしてくる。こういうシ…

  2. テニス ダブルス

    大一番でこそ、理想を捨てる勇気を

    もうすぐ年末。もしかしたら、みなさんの周りでも、「大一番」の試合があるかも知れませんね。それは市民大会の本戦かもしれないし、スクール・クラブ内の…

  3. テニス メンタル

    アナタにとって、違いを生む技術とは何だろう?

    テニスの試合に勝つ、ということ。それは、相手との差を付ける、ということです。スコアで差を付けるには、何が必要なのか。結局は、何か相手との…

  4. テニス 読書

    テニスの常識を疑えば、試合に強くなる

    私たちが今まで、当たり前だと思ってきたこと。テニスについて学んできたこと、教わってきたこと。もしかしたら、それを常識と呼ぶのかも知れませんね。…

  5. テニス サーブ

    勝ち始めたら、対策されるのは当たり前

    アナタ自身、勝ち始めたときはこう感じるはずです。身内の試合でも、外部の試合でも。対策される、ということは、非常に嬉しいこと。テニス界にと…

  6. テニス メンタル

    試合の流れが悪いときに、実践したい5つのこと

    1セットマッチの試合でも、試合の中で良いとき、悪いとき、は必ずあります。誰でも、良いときは良いんです。ある程度は、何も考えなくてもスコアは良い方…

  7. テニス ストローク

    よし、いける!と相手に思わせて、罠にはめよう

    ダブルスの試合で、上手くフェイントを入れて相手を誘う。前衛のときには、ぜひ入れていきたいプレーですよね。その時に、意識して欲しいのはこの部分。…

  8. テニス メンタル

    「次はこんなボールが来そうだな」という感覚を、磨いていかないと

    相手のボールを予測する。これって、上級者だけがなせる技、でしょうか?私は、違うと思いますよ。しっかり考える、観察することが出来れば、初心…

  9. テニス メンタル

    他人の土俵で戦わないことは、逃げでは決して無い

    他人の土俵で、戦うこと。これは、テニスの試合で非常に危険なこと、なんです。実力が同じくらいなら、絶対に自分の得意な土俵、で勝負しないと危険。…

  10. テニス

    太った対戦相手は、遠慮無く前後に走らせよう

    「そんなの、当たり前じゃないかー!」と、思いますか?ですよね。でも、実際はそうでもないと思いますよ。私が見ている限り、「何で走らせないん…

  1. テニス スライス

    ストローク

    「スライスでの粘りのストローク」を身に付けておくと試合でピンチの場面で助けになり…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックバンドストロークでスピン回転が弱い人は、「グリップを握る親指を下から上…
  3. シングルス

    「シングルスが好きです」テニスの試合は基本的に粘りが重要、その中で・・・
  4. その他

    もしこの記事を読んでいるアナタが一年生なら、「上級生について行けば良い」という考…
  5. テニス ダブルス

    メンタル

    「絶体絶命の場面」をしっかり乗り切れるテニス選手は、頭の中でこう考えている
PAGE TOP