戦術

  1. テニス ストローク

    本気で戦法をやってみれば、その弱点は見えてくる

    テニスで、色々な戦術を試してみること。これは、自分で身に付ける以上に、実は良い効果を生みます。自分でやってみることで、「やられて嫌なこと」が見え…

  2. テニス ボレー

    守るのが好き、それで良いじゃない

    私自身よく、言われたものです。「守ってばかりで、つまらないテニスだね」と。でも、結果的に私自身好きなんだと思います、ある種守りから入っていく試合…

  3. テニス ハードコート

    変則的な陣形になったら、すぐに前衛が動くのが吉

    ダブルスの陣形で、変わった形になることよくありますよね。例えばストレートロブが抜ける、前衛と後衛が縦に並ぶような形。こういう変わった陣形、になっ…

  4. 試合で使える「チップ&チャージ」の基本5つ

    細かい技術だけど、試合で使えると「お!」となる技。スライスから自分のポジションを変えて、プレッシャーをかけるチップ&チャージの基本。派手さは無い…

  5. テニス 戦術

    試合で関節にサポーターを付けている人は、それなりの理由がある

    もうすぐ試合、ということで、コート脇で待っていると・・・相手も登場。その相手をチェックするときに、私はここも見るようにしています。特に、ベテラン…

  6. テニス メンタル

    勝ち癖を付けたければ、負け癖を経験するのが一番

    苦しい試合を、ものにしていく選手。トーナメントの上位に残る選手は、何だか勝ち癖がすごくあるように思いますよね。それは、きっとこういう経験をしてき…

  7. テニス メンタル

    相手に「何を意識させるのか?」を、考えよう

    私は何度も、「相手にプレッシャーをかけること」について書いて来ました。ですが、それは「良いショットが無いと、無理でしょ?」とよく言われます。この…

  8. テニス イベント

    自分にとって苦しい場面は、実は相手も苦しい場面

    相手のゲームポイント、マッチポイント、絶対絶命・・・。という場面で、アナタは何を考えますか?普通に考えたら、かなり厳しい場面でもう凹んでしまいそ…

  9. テニス ストローク

    集中力を上げる、自分のポイントパターンを持っておこう

    試合に強い人、勝負強い人は、「一気に集中力を高める」のが出来る。でもこれは、技術の問題じゃないと私は思っています。自分の、得意なパターンを持って…

  10. テニス ストローク

    作戦を決定した後は、基本的に考えることは止めよう

    緊張感高まる試合、の中での決断。勇気が要りますよね。それに、決断してからも、終わりじゃない。実は、実行するまでに・・・またそこに、大きな…

  1. テニス サーブ

    ボレー

    初心者にボレーを教えるなら、「セットしてから横向きで踏み込む」ことをシンプルに徹…
  2. テニス 構え

    メンタル

    「最高のラリー練習方法って?」テニスの試合で使える練習法はシンプルイズベスト
  3. ストローク

    テニスの試合のストロークで、「ボールが持ち上がらない・・・」と感じている人に、必…
  4. テニス メンタル

    リターン

    リターンのときに、気づいて欲しい大事なポイント
  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    試合で出し切った選手じゃないと、練習で新しいことは身に付かない
PAGE TOP