ストローク

  1. テニス メンタル

    ストローク戦で振り遅れが目立つ時には、ラケットヘッドからのテイクバックに変えてみよう

    試合の中で、ストロークで押され始めて、焦ってしまう。よくあるケース、ですよね。こういう時には、速いテイクバックが一番有効ですが、もう少し突っ込ん…

  2. テニス ストローク

    攻撃的なストロークの基本は、「バウンドに先回り」すること

    ストロークでガンガン攻撃していくスタイル、やっぱり憧れますよね。このスタイルに、腕力は必要ありません。ちょっとした、フットワークのアイデアが大事…

  3. テニス ストローク

    オープンスタンスのストロークは、打点を近くするとクロス方向にも打てる

    「オープンスタンスのストロークが、難しい・・・」と、よくご質問を頂きます。確かに、簡単なようで難しい、特にクロス方向にしっかり打つには技術がいりますよね…

  4. テニス ストローク

    ライジングショットを打つのも大事、返せるようになるのも大事

    試合に出ていると、気付くはずです。ライジングショット、自分が打つ以上に、相手から打たれて返球するのが・・・難しい!と。これは、本当にアナタ自身が…

  5. テニス ストローク

    沈めるストロークは、打つ前かラケット面を被せないこと

    並行陣相手の試合が増えると、必ずこのショットが求められます。ボレーヤーの足元に、沈めるショット。これを打たれて苦しんでいる方も、多いかも知れませ…

  6. テニス メンタル

    苦し紛れのドロップショットは、結構相手にバレバレです

    試合の中で、私は何度も「ドロップを使おう!」と書いて来ました。でも、いかにこれを得点につなげることが出来るか・・・が大事ですよね。プロ選手でも、…

  7. ネットより高い位置でボールを触る、その回数を増やそう

    テニスの試合って、必ずネットを挟んで行います。このネットの高さって、みなさんどうでしょう?他の競技と比べて、高い?低い?絶妙な高さに設定…

  8. テニス リターン

    スライスのフォロースルー、実は「長過ぎる」人が多い

    ストロークやボレーでもよく使う、スライスという技術。みなさんは、どんな打ち方の印象ですか?学生の頃に、私はとにかくフォロースルーを長くとるショッ…

  9. テニス ストローク

    今年は「アグレッシブスライス」でいこう!

    これは、私自身のテーマでもあります。スライスの、パワーアップ。主に、ストロークでスライスを使うときに、もっと今年はよりパワーアップを図ってみませ…

  10. テニス ストローク

    下がってパッシングショット、抜ける訳が無い

    今年も全豪オープンの試合、シングルスの試合を観ていると、パッシングショットで抜いていくポイントがたくさんありますよね。私たち一般の試合でもよくあるパター…

  1. テニス 練習

    練習メニュー

    「テニス部の練習メニューは、慣れてきたら意味が無い」常に変化を楽しめるチームが、…
  2. テニス 粘り

    フットワーク

    毎回打った後のポジションは、「変える」か「戻る」をハッキリさせよう
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで深いボール、に対応する為の5つの基本
  4. テニス チャンス

    戦術

    「このゲームを取れば勝ち、」のゲームで、準備しておくべき4つの具体策
  5. テニス ボレー

    ボレー

    柔らかいボレーを磨くには、「バランスボールの周りを、大きくなでるような動き」を身…
PAGE TOP