その他

  1. テニス アクセス

    2017年2月 アクセスが多かった記事ランキング TOP10

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います。今年も、気が付けばもう3月になりましたね・・・年明けから、本当に早い、早い。ということで・・・2月…

  2. テニス ダブルス

    「指示されたことをやるので精一杯」な状態では、人は成長し辛いと思う

    テニススクールでも部活でも、余裕が無い・・・とき、ありますよね。もちろん、本人は一生懸命やっているし、それはすごく立派なこと。ですが、やはり誰か…

  3. テニス ダブルス

    内容に満足出来ないけど勝った試合は、アナタの修正力で勝った立派な試合

    皆さんも、経験ありませんか?やりたいテニスは出来なかったけど、何とかどうにか勝った、という試合。「もうこんな試合はしたくないな・・・」と思ってい…

  4. テニス メンタル

    良い意味で「対戦相手を認める」ことが出来れば、試合はもっと楽に戦える

    ネットを挟んだ相手は、倒すべき相手。もちろん、倒す為には対戦相手との「差」を作る必要があるのですが、対戦相手を「受け入れる」という意識も大事。が…

  5. テニス メンタル

    コーチングで人に何かを伝えたいなら、「違う言葉で表現出来る力」が現場では求められる

    テニスを続けていると、人に何かを教えること、伝えることも増えてくる。テニススクールのコーチとして働いたり、自分の子供にテニスを教えたりする機会も、読者の…

  6. テニス チーム

    テニスを選手として強くしてくれるのは、練習よりも「悔しい試合」です

    自分のテニスを劇的に変えてくれる、強くしてくれるきっかけ。それは、必ずしも練習だけではない。練習はもちろん、そのベースとなる部分を作る上で不可欠…

  7. テニス アクセス

    2017年1月 アクセスが多かった記事ランキング TOP10

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います。今年も、気が付けばもう2月中旬。ということで・・・1月でアクセスが多かった記事、のランキングをまと…

  8. テニス 準備

    試合のコートに慌ててギリギリに急いで入るとき、「アナタはもう負けている」のです

    大会のディレクターをしていたときに、こんな傾向を感じました。試合会場で、いつもいなくなって探す選手。慌ててコートに入るような選手。これは…

  9. テニス ダブルス

    テニス初心者の方こそ、「試合から経験して、必要性を感じる」から上達が早くなる

    テニスの試合に出る、ということ。仲間内ではなく外部の試合、となるとやっぱり緊張しますよね。特にテニスを始めて間もない方は、頭が真っ白になるし不安…

  10. テニス ボレー

    チャンスをしっかり「浅い場所に角度を付けて打てる」、ようになればテニス上級者

    テニスの試合での決定力、の差はどこから生まれるのか。相手が打った瞬間に、諦めてくれるくらいのショット、でチャンスは決めることが出来るかどうか。ネ…

  1. テニス メンタル

    メンタル

    あるレベル以上になると「リスクを伴わない変化」で、テニスが強くなれる訳が無い
  2. テニス メンタル

    メンタル

    寒い冬の時期、テニスのトーナメント大会で「初戦で特に、注意すべきこと」について
  3. フットワーク

    「足を動かせ!」と怒られない為にテニスのフットワークに意識改革を!
  4. テニス ダブルス

    サーブ

    サーブに苦手意識がある人は、「慌ててセカンドサーブを打ち過ぎ」な傾向が大
  5. テニス ボレー

    ストローク

    強烈なスピン回転のストロークに対抗するには、ボレーとスライスの技術は必須です
PAGE TOP