その他

  1. テニス アクセス

    2017年1月 アクセスが多かった記事ランキング TOP10

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います。今年も、気が付けばもう2月中旬。ということで・・・1月でアクセスが多かった記事、のランキングをまと…

  2. テニス 準備

    試合のコートに慌ててギリギリに急いで入るとき、「アナタはもう負けている」のです

    大会のディレクターをしていたときに、こんな傾向を感じました。試合会場で、いつもいなくなって探す選手。慌ててコートに入るような選手。これは…

  3. テニス ダブルス

    テニス初心者の方こそ、「試合から経験して、必要性を感じる」から上達が早くなる

    テニスの試合に出る、ということ。仲間内ではなく外部の試合、となるとやっぱり緊張しますよね。特にテニスを始めて間もない方は、頭が真っ白になるし不安…

  4. テニス ボレー

    チャンスをしっかり「浅い場所に角度を付けて打てる」、ようになればテニス上級者

    テニスの試合での決定力、の差はどこから生まれるのか。相手が打った瞬間に、諦めてくれるくらいのショット、でチャンスは決めることが出来るかどうか。ネ…

  5. テニスの試合で、「力の差は無さそうなのに、スコアで差が出る」のは、なぜなのか?

    「そんなに力の差は、無さそうなのになぁ・・・」と、思ってしまう。視点をしっかり持たないと、実はテニスって実力を見極めるのが難しいスポーツ。実力差は無さそ…

  6. このゲームを獲れば勝ち、のゲームで準備しておくべき4つの具体策

    あと1ゲームで、この試合勝利・・・という場面で、アナタはいつも冷静にプレー出来ていますか?プロ選手だって、緊張する場面。上手くいかなくて当たり前。当…

  7. 「考えてテニスをすることは、楽である」という誤解が、テニス界全体を弱くしている

    いつも頂くご意見の中で、分かれるのはテニスについて考える部分。「考えることはすごく大事だし疲れるけど、勝つためには大事」という方。「考えることは楽だけど…

  8. 「一年生はボール拾いとランニング」のテニス部に未来は無い、だから変えていきませんか?

    一年生の部活での立場、皆さんどうでしょうか?実際に部員が多いところだと、なかなかコートの中で打てる回数が限られる、こともあると思います。そんなときこそ、…

  9. テニス部の後輩が可愛いからと言って、「何でもかんでも教えてあげる」感じだと逆にかわいそうなことになる…

    皆さんの中には、上級生としてチームをまとめる立場の方も多いでしょう。後輩にテニスを教える機会も多いと思います。せっかく入部してくれた可愛い後輩、ですが、…

  10. テニス メンタル

    テニスの練習では、「自分が打ったボールは凶器と化している」ことを知っておかないと絶対に危ない

    テニスは楽しいスポーツ。ですが、あるときにその雰囲気は一変する。そう、テニスはアナタが思っている以上に、怪我や危険と隣り合わせのスポーツ。…

  1. その他

    テニスという競技の中で、「大事な試合で流れにのまれる選手と、そうでない選手」の違…
  2. ストローク

    女性にお勧め!トップスピンロブは「両手バックハンドならコンパクトに」打ちやすい理…
  3. テニス ラケット

    テニス知識

    これからテニスを始める人でも知っておきたい「ラケット選びの5つのポイント」
  4. テニス ダブルス

    Q&A

    Q&A「ダブルスでの陣形、並行陣とダブルス前衛って、何が違うの?」
  5. 練習メニュー

    テニスの試合で必須な「グランドスマッシュを安定させる」為のラリー練習メニュー
PAGE TOP