その他

  1. 満たされないから、創造性は高まる

    これって、まさに自分自身のことだと思います。テニスを始めた中学生のころから、ずっと感じて来ました。満たされないからこそ、考える。考える…

  2. いつでも試合の当事者は「自分」、が基本

    当たり前といえば、当たり前の話。でも、テニスではこれをしっかり自覚して、試合の現場で戦える人は少ない。恐らく、読者のみなさんはほとんど「自分」…

  3. テニスの練習が嫌いな人、試合が嫌いな人

    正直で良いと、私は思いますよ。どちらかの要素があるとダメ、なんてことはありません。テニスを長く続けていれば、昔は好きだったものも嫌いに…

  4. 良いフォームが必要という、危険な発想

    綺麗なフォームこそ、上級者の証?いえ、それは「そういう人もいる」くらいだと思います。テニスは何か数値やスコアのように、実力を測る絶対値が無い競技…

  5. 試合で相手に「打ち込まれる」態勢、取れてる?

    試合の中で、守備で粘れる人。特に、ボレーで粘れるかどうかってダブルスでは大きいですよね。まず、アナタ自身これがしっかり出来ているかどうか確認して…

  6. ミスが多いときは、何も考えていないときがほとんど

    試合でミスが多い時。こんなはずじゃ・・・と思っていても、どんどん試合は進みます。ここで、修正出来るかどうか。そもそも、自分はどういう時に…

  7. 試合に出る一歩を踏み出した人から、テニスは別なスポーツになる

    「試合に出ることって、そんなに大事ですか?」というご意見を、たまに頂きます。もちろん、それがテニスの全てでは無いでしょう。私はただ、「試合は面白…

  8. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います!お陰様で、T-PRESSは今月で5,000記事を越える本数を更新させて頂くこととなりました。これも…

  9. 出来ないのではなく、やっていないだけ

    色々アドバイスされるけど、出来ないことばっかり。毎回同じコーチから、同じことを言われて嫌になる・・・。そんなみなさん、どこか勘違いしていませんか…

  10. テニス メンタル

    日常生活の中で「テニス脳」を鍛える5つの方法

    日常生活の中で、テニスに強くなる。こういう発想は、すごく大事です。テニスコートで練習出来る時間は限られているけど、実はちょっとした意識でテニス脳…

  1. テニス サーブ

    練習メニュー

    サーブ&リターン、だけになりがちな単調な練習を脱却する、改良案3つ
  2. サーブ

    サービスエースは、フォアハンド側が多い
  3. テニス 構え

    ストローク

    「コンパクトに振っているつもり・・・なんだよね」テニスのストロークで意識したいフ…
  4. テニス ミス

    戦術

    試合の流れが相手側にあるときにこそ、自分が焦ってはいけない
  5. フットワーク

    あのスプリットステップ、にも弱点はある
PAGE TOP