テニス メンタル

メンタル

「失敗が怖い」ということは、メンタルが弱いことには結びつかない

メンタルが弱い、自分でもそう思っている人はテニス選手でも多い。

そういう人って、自分を「失敗が怖い人間」と決めつけていること、多くないですか?

確かに、失敗は怖い。

誰だって怖いからこそ、しっかり準備しようとする。

「失敗が怖い」というのも、テニス選手として必要な要素だと私は思います。

 

「失敗が怖い」ということは、メンタルが弱いことには結びつかない

 


 

1.失敗が怖く無い選手って、いるの?

みんな一生懸命練習して、試合に臨む。

試合の中でやってきたことをやろうとしても、なかなか難しいですが頑張ってトライしていく。

そんなときに、やっぱり失敗は怖い。

失点するから?

それ以上に、失敗が怖い人って「自分がやってきたことの、結果が出る」のが怖いんだと思います。

上手くいくのか、上手くいかないのか・・・。

でも失敗が怖い、と考える時点で、「しっかり準備してきた」とも言えるでしょう。

 

2.失敗が怖いからこそ、準備に余念が無い

試合で上手くいくかを試してみて、結果を受け入れる。

その結果をもって、また練習していく。

失敗が怖い人は、このサイクルを上手く回せる人でしょう。

失敗しても何の感情の変化も無い人は、やっぱりダメ。

だってミスしても、何も痛いと感じない訳ですから。

自分がやってきたこと、積み重ねてきたことの結果を出す、どんな結果でも。

その怖さを知っている、ということは実にテニス選手らしい、と私は思います。

 

3.失敗に気付けない人、が実はほとんど

テニス選手の中でも、実は失敗自体に気付けていない人も多い。

「何となく上手くいっている、いつも通り」と思って試合を進めて、何となくで負けていく。

細かい失敗、を後から気付いて「あのとき、こうやっておけば・・・」と思い出すこと、少なくないですか?

失敗に気付く、ということは、相当意識しないと難しいのが現実です。

失敗が怖い、というのは当たり前のこと。

メンタルが弱いのとは、別、と考えておいて良いでしょう。

 

失敗が怖い=メンタルが弱い、とは結び付かない。

本当にメンタルが弱い人は、失敗を怖いという自分を受け入れられない人、でしょう。

たくさんの失敗を乗り越えていけば、それらは失敗ではなくなる。

失敗しないこと、それこをが失敗ですからね。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い

関連記事

  1. テニス ボレー
  2. テニス 試合

    メンタル

    テニスの試合で「自分の緊張感をコントロールする」お勧めの方法5つ

    大事な試合、団体戦の2-2での1本、マッチポイントを握られた時・・・テ…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「2ポイント差がついたら守備的になる」を意識すると迷いが無くなる

    テニスの試合、勝ってるときはすごく楽しい。疲労も感じないし、何…

  4. テニス サイト

    メンタル

    リードすること、勝利することを恐れてはいけない

    相手に勝つ、凌駕する。これって、簡単なこと・・・でしょうか。…

  5. メンタル

    テニス選手なら、「勝つべき選手に対しての憧れ」を絶対に抱いてはいけない

    アナタが目指している目標、県内No.1?それともまずは部内のレギュラー…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    アナタが恐れるべきは、対戦相手ではなく「臆病な自分」

    何度か書いて来ましたが、改めて。大事なことは、すみません、何度…

コメント

    • よしくん
    • 2017年 6月 01日

    「失敗をしないことこそ,失敗である」 いい言葉ですね.

      • tomita
      • 2017年 6月 01日

      コメントありがとう御座います。
      失敗を自分も他人も許容出来る、環境がテニスを強くしていくには必要ですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    サーブのトスが安定しない人は、「早めに上を向いた形」を作ることで軌道が安定します…
  2. テニス メンタル

    戦術

    自分が作った言葉で、自分のテニス論理は整理できる
  3. ダブルス

    テニスの大会で上位を目指したい、並行陣のレベルアップ術7つ
  4. ダブルス

    相手の前衛にぶつけても、ポーチは決まらない
  5. テニス マナー

    その他

    試合後に相手に感想を聞いてみるなら、「ある言葉」を使うと効果的に引き出せます
PAGE TOP