戦術

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合を、「人が多いと考えるのか?少ないと考えるのか?」について

    ダブルスの試合を、あまり好きになれない人・・・。もしかしたら、それは「人、多過ぎ!」っていう気持ちがどこかにあるのかも。ダブルスの試合、人が多い…

  2. テニス 並行陣

    ダブルス

    誤解されがちですが、ダブルスの並行陣は「ミスをもらう守備的な陣形」です

    ダブルスの試合、並行陣のペアってやっぱり迫力がありますよね。サーブ&ボレーで、どんどん前に、攻撃的に・・・という感じ、すごく圧迫感がある。でも、…

  3. テニス 準備

    戦術

    勝負球を絞ったうえでの失点は、大歓迎のスタンスでいこう!

    皆さん、よく考えて欲しいポイント。やっぱり、失敗は怖い・・・ですよね。だからこそ、なかなか動けないんです。動けない自分を変えるには、失点…

  4. テニス メンタル

    リターン

    ダブルスのリターンをストレートに打つ、ときこそ身体の開きを抑えよう

    リターンのとき、どんなときにミスが増えるのか・・・といえば、やはり身体が開いてしまうとき、でしょう。つい力が入る、打つ方向を早く向いてしまう。そ…

  5. テニス 練習

    戦術

    試合前に頭が真っ白、になる人は、「最初の2ゲームの具体的な作戦」だけ決めて入ろう

    テニスの試合は、出だしが一番しんどい。ペースを掴めば、ある程度は自分の思い通りに出来るんですが・・・試合の入り方、難しいですよね。私がオススメす…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスペアで実力差があるときは、逆に活かす道を自分たちで考えよう

    ダブルスペア、自分たちのペアに差がある・・・。自分が上、下、色々あるでしょう。でも、大事なのはどうやって試合に勝つ、勝てる可能性を上げていくのか…

  7. テニス ボレー

    ボレー

    緩いストロークをカットして前に出る、「カットボレー」はしっかりスライスをかけていこう

    前衛のボレーでもなく、後衛のストロークでもない。テニスでは、前衛と後衛の間でプレーするような場面も多い、ですよね。中でも「ストロークで打てるけど…

  8. テニス 環境

    ダブルス

    ダブルスで相手2人が下がる「2バックの陣形」になったときに、必要な意識4つ

    ダブルスの試合、自分たちが準備していないと困ること。それは、パートナーのサーブの調子が良くて、相手が引いてくること。意外と最近、この2バックの陣…

  9. テニス 客観視

    戦術

    相手の得意ショットを攻略しないと、余裕は無くならない

    相手の得意ショットは、なるべく避ける。これがテニスの試合の鉄則ですが、避けてばかりだと・・・どうでしょう。相手にプレッシャーを与えるまでには、な…

  10. テニス メンタル

    メンタル

    試合中の絶体絶命の場面で笑うことが出来れば、何かが起きるかも知れない

    人は、何かの大きな壁にぶつかったときに、その人の「生き方」が分かれるような気がする。少し大げさですが、テニスの試合でも一緒。絶対絶命、相手のマッ…

  1. テニス ダブルス

    リターン

    「ミックスダブルスの試合で効果的!」リターンからのドロップショットで女性サーブを…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックハンドを極めたいなら、パッシングショットは避けて通れない
  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのプレーで、「ネットプレーでラケットが視界から消える人」は、テイクバックが…
  4. ストローク

    実際の試合のパッシングショットは、「ネットプレイヤーへの対抗策の一つ」です
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに詰めたハイボレーなら、ラケットを振るよりむしろ「引く」感覚が大事
PAGE TOP