メンタル

  1. テニス ボレー

    戦術

    守るのが好き、それで良いじゃない

    私自身よく、言われたものです。「守ってばかりで、つまらないテニスだね」と。でも、結果的に私自身好きなんだと思います、ある種守りから入っていく試合…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    雰囲気が悪くなるようなポイント後こそ、ペアで会話しないと

    ダブルスの試合で、一目で分かるペアの絆。それは、ポイントを失った時、それもかなり雰囲気を悪くするような感じのポイントの後、ですね。例えば、お見合…

  3. リターン

    リターンで反応速度を上げたいなら、ユラユラスタイルでいこう!

    リターンの反応速度、みなさんどうでしょうか?きっと、良い時は良い、悪い時はガチガチになって反応が遅い、感じになっていると思います。ここは、プロ選…

  4. テニス ストローク

    サーブ

    速いサーブを打つパートナーなら、リターンの球筋は割れていく

    速いサーブを打って、相手がリターンする。その時のリターンって、みなさんどうでしょう?良いサーブだから、確実にチャンスが来る?そうでも無い、と思い…

  5. テニス 打点

    メンタル

    相手を心から尊敬したとき、本当の実力を出せる

    良い試合、自分の心に残る試合。そういう試合って、本当に自分の実力を出し切った試合、ですよね。みなさんは、そういう試合の経験ありますか?き…

  6. テニス 感覚

    メンタル

    スランプ脱出の鍵は、過大評価してしまう過去からの決別が一番

    「自分はこんなもんじゃない・・・」と、スランプに悩むみなさん。この冬の時期も、結構多いんじゃないでしょうか。私自身の悩んだ経験も踏まえて、今回は…

  7. テニス 指導

    練習メニュー

    練習中に「ごめん」は、卒業しよう

    サークルでもスクールでも、練習中の口癖になっている方が多い。もちろん、必要なときもありますよ。明らかに相手に迷惑をかける、あるいは何かを間違えた…

  8. テニス ボレー

    メンタル

    緊迫した試合終盤に、参加できるかどうか?が肝になる

    試合の終盤、私は選手は2つに分かれると思います。1つは、積極果敢に最後まで勝ちにいく選手。そしてもう1つは、怯えて参加出来なくなる選手。…

  9. テニス 戦術

    戦術

    試合で関節にサポーターを付けている人は、それなりの理由がある

    もうすぐ試合、ということで、コート脇で待っていると・・・相手も登場。その相手をチェックするときに、私はここも見るようにしています。特に、ベテラン…

  10. テニス メンタル

    戦術

    勝ち癖を付けたければ、負け癖を経験するのが一番

    苦しい試合を、ものにしていく選手。トーナメントの上位に残る選手は、何だか勝ち癖がすごくあるように思いますよね。それは、きっとこういう経験をしてき…

  1. テニス メンタル

    その他

    テニス部を「引退」していく学生の皆さんに、私から伝えたいメッセージ
  2. テニス ボレー

    ストローク

    「スライスのアプローチショットで、ネットに出る」のが有効なのは、時間で相手を精神…
  3. テニス ポジショニング

    ボレー

    テニスの試合で「伸びてくるスライス」のハイボレー、本当に難しい!
  4. テニス ボレー

    シングルス

    負けないシングルスプレイヤーになる為に、テニスで身に付けておきたい4つの技術
  5. ストローク

    「ストロークでストレート」に流せるとテニスの試合では展開に幅ができる
PAGE TOP