過去の記事一覧

  1. スマッシュ

    決定力の無いダブルスペアが、変えるべきこと

    ダブルスで、大事なポイントが取れない。相手の粘りに屈してしまうペアは、今年まず何を変えていきましょうか。私は、ポイント間での「ある準備」だけだ…

  2. 戦術

    相手がどうリアクションしてくるのか、想定しよう

    今年こそ、テニスで結果を出したい。そう考えているみなさんは、まずこの基本に立ち戻りましょう。テニスの試合、適度な予測が当たり続けると、調子も上…

  3. 戦術

    実力で勝負、その実力とは?

    テニスの試合で、必要な実力。それは、言い出せば、書き出せば、キリが無いでしょう。それに、私以外のたくさんの方の意見もあるはず。正解は無…

  4. 日々の雑記

    新年、明けましておめでとう御座います

    みなさん、新年明けましておめでとう御座います。昨年も、お忙しい中たくさんの記事を読んで頂き、ありがとう御座いました!私自身、たくさんのご意見を…

  5. テニス 居場所

    戦術

    調子が良いときほど、負けやすい理由

    「今日は、いける!」こう思った試合ほど、意外と負けること多くないですか?それって、必ず何かしら理由があるはずなんです。みなさんも、思い…

  6. 戦術

    綺麗でないポイントにこそ、本質がある

    自分のテニスの、本質的な部分。これに気付けるかどうか、がこれからのアナタ自身の成長に大きく関わって来ます。何度か書いて来ましたが、自分を知ると…

  7. ストローク

    深いストロークの、軌道の頂点はどこ?

    深いストロークを打ちたい・・・でも、アウトも怖い。この葛藤、試合でずっと付いて回ります。何かを、アナタ自身でハッキリ基準としてもっておきたいと…

  8. 戦術

    試合の中で、自分が当たり損なったら・・・?

    試合の中で、ガシャっとなってしまう。ラケットのフレームに当たるようなショット、もありますよね。こうなったら、どうするのか。アナタ自身が…

  9. テニス メモ

    メンタル

    自分の限界は、言葉一つで超えられる

    今年も、思い返せば自分なりに、たくさんの記事を更新して来ました。その背景に、あった想いのようなもの。それは、私自身がそうであったように、みなさ…

  10. ダブルス

    テニスにおいて、前衛は2種類しかいない

    私が試合に出ていて、感じること。ダブルスの試合、前衛って大きく分けて2種類しかいない。この事実、アナタ自身もっと深く考えておくことをお勧めしま…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスのルールは、「いつも自分の味方!」という意識
  2. テニス 客観視

    戦術

    学生選手もベテラン選手も、テニスは「筋力アップよりもしっかりボールに力を伝えるこ…
  3. テニス ラケット

    その他

    「自分よりテニスが上手い人たちとの練習」で、意識して欲しい5つのこと
  4. テニス 団体戦

    メンタル

    テニスの試合で、「団体戦の先鋒の選手」に求められる4つの要素とは?
  5. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの基本は、「バウンドに先回り」すること
PAGE TOP