その他

アナタの部活に、「悪いプレーをしっかり指摘出来る」人はいるだろうか?

偉そうに色々書いていますが、私自身、出来ていないことが多い。

今回も、その反省の意味を込めて・・・。

最近私自身、テニスの練習をしていてコレが出来ていないと感じます。

特に社会人やサークルのような場では、なかなか言い出すのが難しいのですが・・・部活や純粋に勝ちを目指す人には、ぜひ意識して欲しい。

そして勇気を持って、行動を興して欲しいと思います。

 

アナタの部活に、「悪いプレーをしっかり指摘出来る」人はいるだろうか?

 

■「自分が出来ていないのに、言えない」のが普通の日本人

「悪いプレー」と一言で言っても、テニスでは色々。

何となくだらけてやって、2バウンドしても平気にラリーする。

ボールが近くにあるのに、どけようとしない。

練習のテーマを理解出来ていない、ミスが速い・・・。

そんなときに、「ちょっと待って、練習を止めよう」と言うことが出来る選手、がいるかどうか?

この問題は、実に大きな差になって現れます。

ですがほとんどの人は、「自分もちゃんと出来ていないかもな・・・」と思って、口に出さない。

これが普通だと思います。

 

■自分も口に出して言うから、やらないといけない状況になる

テニスが上達していくチームには、こういった「悪いプレー」を指摘する選手がいる。

全国の強豪校、の練習も何度か観て来ましたが、たびたび練習が途中で止まっては、この指摘を誰かが行っている。

驚いたことに、下級生からの声が上がることも多い。

でも、観ていると一番得するのは「悪いプレーを、止めてまで指摘した選手」なんですよね。

自分で言ったからには、一番汗をかいて実践しないといけない。

みんなその責任まで考えて、あえて、仲間に対して指摘するのです。

 

■「正しいのか」「間違っているのか」に、こだわってはいけない

私自身、「これは、正しいのか・・・?」と思って言えないことが多々あった。

でも、それは間違いでした。

「自分が、間違っている」と思うことは、声に出すこと自体でまず、正解。

出さないことで、間違いになる。

よく考えてみれば、みんな不完全な人間、ましてや学生の皆さんはまだまだ経験も浅い。

正しいことを言えるなんて、まぁ無いですよ。

でも、一つだけ言える事があります。

「今のプレー、どうなんだ・・・?」と思いながら何人もプレーしているテニス部、サークル、これは間違っている、と。

 

強くなるチームには、リスクを背負える選手がいる。

チームのキャプテンかも知れないし、下級生かも知れない。

いや、今サイトを観て頂いているアナタであって欲しいと、私は思っています。

思ったこと、感じたこと、もっと周りに伝えていって良い。

必ずアナタのテニスの成長に、つながるはずです。

関連記事

  1. テニス サーブ

    その他

    「安全策や安定感は大事」だけど、長期的なテニスの視点では落とし穴になり兼ねない

    このサイトでは、テニスはとにかく安定感が大切であり、それをどう保つかに…

  2. テニス 雑誌

    その他

    テニスノートで成果が出る人は、「何でもすぐに、具体的に」書くことが実践出来ている

    気付いたこと、感じたことを、1~2行で書いておく。これで立派な…

  3. テニス ミーティング
  4. その他

    テニスノートを使って、「テニスの試合の勝率を上げていく」シンプルな方法とは?

    毎日練習や試合の後にテニスノートを付けているけど、「これが効果あるのか…

  5. テニス ボレー
  6. テニス 練習

    その他

    テニス部の練習、「学校で使用するネット」に一工夫すると、すごく効率化します!

    普段、練習で使用しているネット。テニスコートには欠かせないこの…

スカイクレイパー広告枠

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合では、「ストロークはラケットを振り切るから回転がかかる」ということを…
  2. ストローク

    「意外と難しい、高い打点のストローク」をテニスの試合で克服するために
  3. テニス メンタル

    スマッシュ

    遅いスライスロブをスマッシュするときには、「待たないで自分からジャンプ!」してい…
  4. サーブ

    「ゲームカウント4-5、30-40で打つセカンドサーブ」こそ、セカンドサーブの実…
  5. ボレー

    「テニスでは意外とコレが難しい!」ハイボレーを安定させるコツのまとめ記事7つ
PAGE TOP