その他

アナタの部活に、「悪いプレーをしっかり指摘出来る」人はいるだろうか?

偉そうに色々書いていますが、私自身、出来ていないことが多い。

今回も、その反省の意味を込めて・・・。

最近私自身、テニスの練習をしていてコレが出来ていないと感じます。

特に社会人やサークルのような場では、なかなか言い出すのが難しいのですが・・・部活や純粋に勝ちを目指す人には、ぜひ意識して欲しい。

そして勇気を持って、行動を興して欲しいと思います。

 

アナタの部活に、「悪いプレーをしっかり指摘出来る」人はいるだろうか?

 

■「自分が出来ていないのに、言えない」のが普通の日本人

「悪いプレー」と一言で言っても、テニスでは色々。

何となくだらけてやって、2バウンドしても平気にラリーする。

ボールが近くにあるのに、どけようとしない。

練習のテーマを理解出来ていない、ミスが速い・・・。

そんなときに、「ちょっと待って、練習を止めよう」と言うことが出来る選手、がいるかどうか?

この問題は、実に大きな差になって現れます。

ですがほとんどの人は、「自分もちゃんと出来ていないかもな・・・」と思って、口に出さない。

これが普通だと思います。

 

■自分も口に出して言うから、やらないといけない状況になる

テニスが上達していくチームには、こういった「悪いプレー」を指摘する選手がいる。

全国の強豪校、の練習も何度か観て来ましたが、たびたび練習が途中で止まっては、この指摘を誰かが行っている。

驚いたことに、下級生からの声が上がることも多い。

でも、観ていると一番得するのは「悪いプレーを、止めてまで指摘した選手」なんですよね。

自分で言ったからには、一番汗をかいて実践しないといけない。

みんなその責任まで考えて、あえて、仲間に対して指摘するのです。

 

■「正しいのか」「間違っているのか」に、こだわってはいけない

私自身、「これは、正しいのか・・・?」と思って言えないことが多々あった。

でも、それは間違いでした。

「自分が、間違っている」と思うことは、声に出すこと自体でまず、正解。

出さないことで、間違いになる。

よく考えてみれば、みんな不完全な人間、ましてや学生の皆さんはまだまだ経験も浅い。

正しいことを言えるなんて、まぁ無いですよ。

でも、一つだけ言える事があります。

「今のプレー、どうなんだ・・・?」と思いながら何人もプレーしているテニス部、サークル、これは間違っている、と。

 

強くなるチームには、リスクを背負える選手がいる。

チームのキャプテンかも知れないし、下級生かも知れない。

いや、今サイトを観て頂いているアナタであって欲しいと、私は思っています。

思ったこと、感じたこと、もっと周りに伝えていって良い。

必ずアナタのテニスの成長に、つながるはずです。

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で勝てる選手は、「上手くいっているうちから作戦を変える」勇気を持って実行している

    スポーツの試合には、「作戦勝ち」という言葉があるように、事前の準備は大…

  2. その他

    テニスの試合では、「攻撃しながらでも相手の反撃に備える」心の準備が大事です

    テニスの攻守は、切り替えが激しい。そもそもサッカーやバスケのように…

  3. テニス ミス

    その他

    テニスの試合に強くなる為に個性を無くす、のではなく、個性をカスタマイズしていくことこそ大事

    試合に勝てるようになりたいけど、その為には自分の「良さ」を消さないとい…

  4. その他

    アナタと一緒にテニスをプレーした人は、「外でアナタの宣伝マン」になってくれる

    試合が強くなる、テニスが上手くなる人には「良い練習相手」が集まってくる…

  5. その他

    テニスの試合前に、「相手のテニスウェアの色から、性格やプレースタイルを推測してみる」と面白いです

    テニスというスポーツは、基本的にウェアは自分で選べるスポーツ。もち…

  6. その他

    「あなたは好きな打点を選べますか?」試合でとっさにコースを変えるテニスの技術、磨きましょう

    20代前半の若かりし頃、俺は超ハードヒッターだった。上手くなりたい…

特集記事

  1. テニス アームカバー
  2. テニス 縄跳び
  3. テニス 書籍
  4. テニス タオル
  5. テニス 皮膚
  1. テニス 気付き

    練習メニュー

    練習中のボールの拾い方一つでも、「ラケットワークの練習になる」ことを忘れない
  2. テニス メンタル

    メンタル

    セルフジャッジの試合では、相手を納得させる「演技」が必要な場面もある
  3. テニス 客観視

    Q&A

    Q&A「自分はオールラウンダーだと思っていますが、武器がありません・・・…
  4. テニス コントロール

    その他

    一人のテニス選手として、「自分に対する批判」に、しっかり目を向けていこう
  5. テニス ストローク

    ストローク

    振り回されてボールを追えないのは、メンタルが弱いのではなくて「技術不足」なのです…
PAGE TOP