テニス チーム

メンタル

「全然練習が出来ていないのに、久々のテニスの試合‥」のときに注意すべき4つのポイント

試合に向けてバッチリ練習して、準備万端!

で挑める試合って、実際はどの程度あるでしょうか?

練習出来ていない、テニスから離れていても急に試合に呼ばれる・・・なんてことも、ありますよね。

試合となるとやっぱり負けたくない。

だからこそ、こういう意識が絶対に大事です。

 

「全然練習が出来ていないのに、久々のテニスの試合‥」のときに注意すべき4つのポイント

 

1.言い訳はしないと心に決める

ポイントやコツ・・・でも何でも無いのですが、一番大事なのはこれです。

練習出来ていない自分に対して、言い訳しないと決める。

負けても良いと思うような感覚が、少しでも湧いて来ないようにまず、しっかり決心しましょう。

そこから全てが、始まるのです。

 

2.序盤にラケットをしっかり振っていく

試合の序盤、「様子見」で入りたいところ。

練習が出来ていないので、その気持ちは分かります。

ですが、様子見で相手の攻撃をしのげるほど、アナタはきっと動けない。

まずはしっかり、自分からラケットを振っていきましょう。

バカスカ攻撃していく訳ではなく、しっかりラケットを振り切ることが大事。

練習出来ていないと、どうしても気持ちが消極的になりますが、序盤で払拭していきましょう。

 

3.感覚が戻る後半勝負!

きっと試合が進んでいけば、アナタの感覚も戻って来る。

とにかく序盤でスコアを離されないように、しっかり付いていきましょう。

後半になれば、きっとアナタの試合感覚も戻って来ているはず。

後半勝負に持ち込めば必ず勝機はある、ことを試合前から意識しておきましょう。

 

4.ボールを良く見る、相手を良く見る

練習が出来ていない、ということは良い意味で客観的になれる。

しっかりボールを見る、そして相手を観察することに注力しましょう。

ボールを見ることが出来れば、ラケットの真ん中にしっかり当たるはず。

そして相手を見れば、必ず攻撃すべき弱点は見えてくる。

客観的になるには、実はテニスから離れていることも重要な要素なのです。

 

「言い訳」癖が付いている人は、テニス選手にも多い。

練習出来ていても、出来ていないふりをして言い訳を準備する。

そんなメンタルでは、いつまで経っても試合に勝てる選手にはなれない。

でも、実際練習していない中での試合はしんどい・・・ですよね。

気持ちよりも、具体的な準備。

しぶといテニスで勝ちを拾う、ことであげる1勝も、大事な1勝ですよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. メンタル

    「今日もスランプ、明日もスランプ」と口ずさむテニス選手は、ただのこじらせ屋さんである

    皆さんの周りでも、こんな人はいませんか?周りに「自分のテニスは…

  2. テニス 確率

    メンタル

    「ネガティブ思考は、スポーツに不向き・・・?」いや、テニスには向いている気がします

    よく前向きな思考は、全てに必要・・・みたいなことを言われます。…

  3. テニス 打点

    メンタル

    相手が「切れた」から、自分も「切れる」選手は、テニス選手として恥ずかしい

    試合に出ていると、こんな経験、無いですか?相手が集中力を切らし…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に負ける理由を、「いつまでもメンタルの弱さ」のせいにしているから、成長しない

    テニスは「メンタル」が重要なスポーツ、と言われます。確かにシン…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    自分についている嘘は、試合でアナタの足を引っ張り続けることになる

    皆さんは、自分に正直・・・ですか?なかなか、難しいと思います。…

  6. テニス 環境

特集記事

  1. テニス 並行陣

    戦術

    試合後半で相手が攻め急いでるときは、体力切れを起こしている可能性大
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスに「ストレス解消性」を求めるのは、ちょっと違うと思う
  3. テニス バックハンド

    ストローク

    片手バックハンドのショットは、思っている以上に「横スウィング」になりやすいので注…
  4. テニス フットワーク

    ストローク

    後ろに下がりながらのストロークは、上半身の開きを下半身回転でおさえると安定する!…
  5. テニス 格上相手

    その他

    朝一番のテニスの試合で、「しっかり身体が動けるように」意識したい4つの準備とは?…
PAGE TOP