テニス 予測

練習メニュー

チームでの練習メニューは工夫次第、例えば「みんなストロークでネットミスが多い・・・」と感じたら?

意識をしっかり高く練習したいと思っても、部活やチームでみんな共通の意識を持つのは難しい。

ミスしても試合のように失点する訳でも無く、何となくで練習は終了してしまう・・・そんな経験ありませんか?

「頑張って練習しているのに、どうも練習でのミスが減らない気がする・・・」と感じるとき。

それは、アナタ自身が大きく成長できるとき。

もしチームで、部活で練習する機会が多いのであれば、ゲーム的な要素も盛り込んでミスを減らす、いや「減らさざるを得ない」ような状況を作ってみませんか?

 

チームでの練習メニューは工夫次第、例えば「みんなストロークでネットミスが多い・・・」と感じたら?

 

■ミスした人から、ネット際にしゃがんで並んで邪魔をしてみる

ネットミスは、テニスの試合で致命的。

アウトであれば、まだ相手が触ってくれる可能性もあるし、相手にプレッシャーを与えることも出来る。

ネットミスを減らすには、まずストロークの軌道を大きく上げていく必要があります。

それなのに、アナタ自身「低くて速いボール」ばかりを打ちたい意識に取りつかれていませんか?

学生の皆さんは、特に注意が必要ですが、具体的な意識を変えるには思い切った練習メニューの工夫が必要。

ミスした人から、ラリー中のコートのネット前にしゃがんで並んでみましょう。

そうすれば、ネットする軌道でボールを打てば、味方のチームメイトに当たってしまいます。

これ、かなり痛い・・・です。

 

■先輩にボールをぶつけても、笑って許せるチームの雰囲気か?

「ミスしなければ、痛い想いをしなくても良い!」と思うかも知れません。

それでも、ひたすら高くてゆっくりのボールを打つだけに徹していては、意味が有りません。

逃げているようなラリーをしている選手も、「ミス」と周りが判断すれば、それはネット前に並ぶというルールも作りましょう。

この練習の目的は、試合でも使えるように「ネットミスをしない、かつ相手に攻撃されないようなボール」を打ち続けられるようになること。

自分にとって、どんなストロークの軌道が理想なのか、試合で使えるのかを考えることは大事です。

そしてもっと大事なのは、こういったゲーム性のある練習で先輩にボールをぶつけても、笑っていられるような雰囲気がありますか?

良いチーム、強いチームは、「楽しむ」ことが何より得意です。

ぜひ、チーム全体について意識しながら、こういった練習にトライしてみて下さい。

 

■さぁ、他に練習でどんな工夫ができるだろう?

今回の「ネット前に並ぶ練習」は、あくまで一つの例でしかありません。

罰ゲーム的な要素も少し入れながら、どんな工夫が出来るかを考えてみましょう。

大事なのは、「試合で使える、ミスの無いショットを継続できるようになる」ことを目的に据えること。

悩んだら、テニス部以外の人に聞いてヒントを得ても良いでしょう。

どうしても日々の練習は、マンネリ化して先入観に捕らわれがち。

常に、工夫していく姿勢をアナタ自身意識してみて下さい。

 

ネットは障害物、であるとテニスでは認識されています。

確かに間違いではありませんが、試合でメンタル的に不安定になる人ほど、この存在を自分で勝手に大きくしてしまいがち

「今日はネットが高いような気がする・・・」と感じたとき、この練習を思い出してみて下さい。

「そういえば先輩がネット前に並んで、ぶつけてしまったな・・・」と思えば、試合でもリラックスできるかも知れません。

そういった意味でも、こういった練習は試合で勝つうえで効果的なのです。

ぜひ、オリジナルの練習を編み出して試合で勝てるように、頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス トレーニング

    練習メニュー

    「1日5分でテニスの試合に強くなる!」自宅でできる簡単トレーニング5つ

    テニスの練習は、オンコートだけとは限りません。特に学生の皆さん…

  2. テニス チャンス

    練習メニュー

    試合に強くなる練習って、どんな練習?のヒントになる5つの視点

    練習環境には恵まれているのに、試合で勝てない。試合中に、自分の…

  3. テニス ダブルス

    練習メニュー

    愚痴ばかり言ってくる部員がいるなら、一度対案を出させてみれば良い

    テニス部の練習、みんなやる気無いし愚痴ばっかり。そんな雰囲気に…

  4. テニス フットワーク

    練習メニュー

    ダブルスの並行陣に対抗する、「サーブ&ボレー対策」を練習するロブボレーメニュー

    ダブルスの試合、並行陣が上手い相手は本当に厄介。まず、止めるべ…

  5. 練習メニュー

    「皆で一緒にトレーニング」テニスの試合に向けて継続できる環境を創り出す!

    高校生の頃、トレーニングと言えばランニングを思い出す。それ以外…

  6. テニス シングルス

    練習メニュー

    もの凄く集中して、普通のことをするのが良い練習

    「良い練習とは、どんな練習ですか?」と、たくさんの方からご質問で頂きま…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ストローク

    ストローク

    振り回されてボールを追えないのは、メンタルが弱いのではなくて「技術不足」なのです…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスのラリーでは、「まず良いボールを打つこと」に集中して、打球方向は見ないに限…
  3. ボレー

    ハイボレーをいつもふかしてアウトする人は、「テイクバックのときに膝が伸びない」よ…
  4. テニス ボレー

    サーブ

    シングルスの試合でのファーストサーブがフォルトすることの意味を、アナタはまだ真剣…
  5. テニス 試合

    メンタル

    テニスは「試合に出れるようになってから出る」という発想は、必要無い
PAGE TOP