テニス 打点

メンタル

相手が「切れた」から、自分も「切れる」選手は、テニス選手として恥ずかしい

試合に出ていると、こんな経験、無いですか?

相手が集中力を切らして、あからさまにイライラしている。

ミスも増えて、本当なら楽に勝てそうな展開・・・なのに、そのリズムになぜか自分まで合わせてしまっている。

いつの間にか、2人でお互い自分のプレーに「切れて」しまっている状態になって、よく分からないような試合になる・・・。

もし心当たりがあるなら、それは非常に恥ずかしいことだと覚えておきましょう。

 

相手が「切れた」から、自分も「切れる」選手は、テニス選手として恥ずかしい

 


 

1.「切れる」という言葉が、大嫌いです

私は嫌いです、「切れる」という言葉。

出来るだけ普段から、使わないようにしています。

「アイツは、切れた」という言葉を使うと、もうそれ以上に考えるのを自分が「辞めた」ような感じになる。

冷静に考えればまだ試合は続いているし、何かが切れた後につながるかも知れない。

「切れた」という言葉を使うことで、いつの間にか自分自身も「切れた」状態になってしまってはいませんか?

 

2.「切れた」相手の処理は意外と難しい

荒れたプレー、に終始してくれるのは有り難いのですが、意外と自分のペースで試合を続けるのも難しい。

痙攣したような相手でも、やる辛いときってありますよね。

でもそういう相手に、しっかり勝ち切ることこそ、アナタにとって大事なこと。

「切れて荒れている」ような対戦相手に対しては、遠慮なく粘ってミスを誘う。

自分からミスするようなプレーを避けてさえおけば、相手が切れたことを後悔させることは出来るでしょう。

 

3.「見せてはいけないプレー」というのが、テニス選手ならあることを覚えておく

アナタは、まだ「自分が見られている」ことに気付いていないかも知れません。

「それって、全国的な選手やシード選手の話でしょ?」と思った方、違います。

どんな小さな試合、大会でも、アナタは常に周りの人から「見られている」のです。

草大会でも、試合中の態度が悪いような選手にはダブルスペアの誘いも来ない。

ペアの誘い、どころか一緒に練習しようという気にもならない、試合後もあまり話そうとも思わない。

結局それって、アナタ自身が損することなんです。

 

試合中は、勝負の世界ですからそりゃイライラもします。

感情的になることも、あるでしょう。

ですがそれを表に出すかどうか、は別問題。

しっかりと自分は見られている、相手にも観客にも影響を与えていることを、覚えておいてください。

それを意識するだけで、「切れた相手」には負けない選手になれるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…

関連記事

  1. メンタル

    「宇宙人から見たら、僕らだって宇宙人だということ」は、テニスにだって言える

    いつの時代も、子供の視点ってすごい。すごいというか、的を得てい…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    アナタ自身が真剣にテニスを続けていれば、「たまに辞めたいと思う」のは自然なことです

    いつも前向きに、テニスも仕事も勉強も、プライベートも充実している。…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「ミスした失点はなぜ引きずってしまうのか?」を考えて準備しておこう

    「また繰り返してしまうのか・・・」と思うミス。そう、試合では、…

  4. テニス 指導

    メンタル

    辛い試合を乗り越えた選手じゃないと、本当の意地は見せられない

    テニスの試合、最後の最後で踏ん張れるかどうか。意地を見せて、試…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    過去最悪に恥ずかしかった試合、思い出してテニスノートに書き出してみよう

    テニスノート、普段は書いているけどなかなか見返す機会が無い。そ…

  6. テニス 不安

    メンタル

    テニス選手なのに見苦しい「試合に負けて、言い訳ばかりする人」の特徴5つ

    テニスを頑張る人、色々な性格のタイプがある。しゃべるのが本当に…

特集記事

  1. シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「クロスラリーからストレートに展開する有効な」タイミ…
  2. その他

    失点した瞬間の態度を、対戦相手は必ず見ている
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「スライスの山なりなボール」は、意外とストロークの返球で苦戦する
  4. テニス 構え

    リターン

    テニスの試合では、「リターン位置をはっきり前にする」ことで、高い打点から攻撃が出…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    定期的に「自分自身と対戦する」ことをイメージすると、テニスの成長は早くなる!
PAGE TOP