テニス テニスボール

メンタル

「テニスの試合に勝てない・・・」スランプに陥ったら、答えはきっと試合の現場にある

皆さんにとって、スランプの時期はありましたか?

今まさにその時期・・・という方もいるでしょう。

どうにも抜け出せない、考えれば考えるほどしんどくなる方、もうテニスコートに行きたくないと思っている方。

きっとその答え、ヒントは試合現場にあるはずです。

 

「テニスの試合に勝てない・・・」スランプに陥ったら、答えはきっと試合の現場にある

 


 

■試合が辛くなっても、試合から逃げてはいけない

テニスの試合って、本当に辛い。

勝って良い思いが出来ることなんて、実は少ないですよね。

トーナメントだって優勝出来ない限りは、必ず負けて終わる。

そんな中でスランプになる、調子が悪い状態が続いてしまうとつい、試合から離れたいと思うのが自然。

ですが私の経験上、試合から離れてもスランプは抜けられない。

むしろ長いトンネルに入ってしまうことが多い、と思います。

 

■試合で失った自信は、練習だけだと取り戻せない

スランプのきっかけって、人それぞれだと思います。

ですが、多くの方が「試合の中での大きなショック」がスランプの要因になっているケースが多い。

マッチポイントでビビッてしまった、ダブルフォルト4回でブレイクされた・・・など、トラウマになるような体験から、スランプに陥ってしまう。

これって練習だけでは解消できない、荒療治ですが、試合に出て現場でヒントを探すしかないと私は思います。

 

■スランプになったときこそ、自分を変えるチャンス!

スランプになっていると自覚したときに、試合に出てみると何かを工夫しようとする。

自分の得意なプレーが出来ない、のであれば何か別な方法を考えますよね。

試合になればやっぱり負けるのは悔しいし、何とか調子が悪いなりにも考えて攻撃、守備を工夫していく。

試合の現場に、きっとスランプを抜け出すヒントがあるはずです。

あえてそこに飛び込んでいく、そんな勇気を持って行動してみて下さい。

 

悩み、苦しむ、ことはテニスの成長に不可欠。

きっとアナタが強いと思う選手も、何度かそういう葛藤を経て、テニスの試合で結果が出せるようになったのです。

簡単ではありません、ですが試合に出続ける、という苦しみは味わい続けましょう。

その先に大きな成長、があることだけはお約束します。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. メンタル

    2-5ダウンの場面でも、「3セットマッチなら次のゲームは大事」その理由について

    3セットマッチ、皆さんの中で経験したことがある方はどの程度いるでしょう…

  2. テニス 居場所

    メンタル

    「褒められても、その気になるな」テニスの試合で本当に必要な実力について考える

    とある高校でレッスンやった時に、こんな質問というか相談があった。…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    上達が早いテニス選手は、「自分自身の失敗から、決して逃げない」から強くなる

    上達が早いテニス選手には、ある特徴がある。私自身、自分はプロ選…

  4. テニス センス

    メンタル

    「テニスの悔しさは、テニスでしか埋められない」ことの現実を、しっかり理解しておこう

    テニスの試合、負けた悔しさは誰もが味わうこと。その悔しさを、ど…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    定期的に「自分自身と対戦する」ことをイメージすると、テニスの成長は早くなる!

    唯一、身近な存在で対戦できないのが「自分」ですよね。アナタは、…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「自分の負けパターン」を知っていると、0-4からでも挽回できる!

    テニスの試合、レベルに関係無くスタートが肝心。ですがどんなに注…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ルール

    戦術

    「緊張するタイブレーク」に突入したときに、攻撃的にいく?守備的になる?という作戦…
  2. テニス 打点

    ストローク

    ライジングショットのコツが掴めない人は、ボールがバウンドする前からラケットを前に…
  3. テニス 準備

    その他

    カウントに疑問を持ったら、必ずクリアしてから入ること
  4. テニス ボレー

    リターン

    ボディへのサーブは、あの技術が無いとリターンで苦労する
  5. テニス 観察眼

    その他

    テニスにおいて、「ボールをよく見て!」と言われるけど、実際どれくらい見れば良いの…
PAGE TOP