サーブ

テニスの試合、「自分のセカンドサーブがいつも打ち込まれる・・・」と悩む人は、バウンド後の軌道をチェックしよう!

セカンドサーブ、からのポイント獲得率を計算したことはありますか?

無い、という方はぜひ試合で友達や仲間にチェックしてもらいましょう。

まずは50%、を維持することが目標。

そして60%を超えることが出来ればかなり優秀、だと私は思います。

それくらい、セカンドサーブになると皆さん、状況は苦しいはず。

今回は相手に攻撃されない、されにくいセカンドサーブについて一緒に考えてみましょう。

 

テニスの試合、「自分のセカンドサーブがいつも打ち込まれる・・・」と悩む人は、バウンド後の軌道をチェックしよう!

 


 

■何より大事なのは、まず「サーブの深さ」

要素は色々あれど、まず大事なのはサーブの深さ。

サービスライン50cm内側、くらいにバウンドさせることが出来ていれば、そうそうに攻撃されないはずです。

この深さを意識しておくことが、セカンドサーブでのポイント取得率を上げていく上で大事です。

深いサーブは、そう簡単に開いても踏み込んで攻撃的には展開出来ない。

深いサーブを打つには、ネットの高い位置を通して軌道を高くすること。

速度は必要ありません。

出来ればしっかり回転をかけて、山なりな軌道をイメージして打ちましょう。

 

■しっかり弾むスピンサーブ、または打点を低く出来るスライスサーブを覚えよう!

リターンの攻撃力を下げるには、深さと共にバウンド後にどういう変化をするのか、が大事。

しっかりスピン回転がかかっていて弾む、キックするのか、またはスライス回転がかかっていて横に滑る、打点を低く出来るのかどうか。

このどちらか、のサーブは絶対に試合で必要になってきます。

出来れば打ち分けられるようになると最高ですが、まずはアナタ自身、どちらかを打てるように練習してみましょう。

気持ちよくリターン側の選手が踏み込んで打つ、ことを防ぐには新しい技術が必要です。

 

■「いつまでも攻撃される・・・」という方には、こんな荒療治も

私はかつて、こんな切り替え方を実践したことがあります。

「打ち込まれて失点しても、ダブルフォルトの失点でも同じ失点」と、割り切ってみる。

セカンドサーブも、少し強めに深く狙って打っていく。

かなり危険な作戦ですが、実際リターンがバンバン強烈に入って止まらないときには有効だったりします。

奥の手、として試合の中で持っておくのも良いかも知れません。

 

セカンドサーブは、意外と皆さんあまり「変えない」方が多い。

試合で使う回数が多く、しかも結果に直結していく技術なのに、不思議ですよね。

だからアナタに、チャンスがあるのです。

セカンドサーブ、改良して磨いていきませんか?

きっと試合結果に一番すぐに、反映されていくでしょう。

簡単では無いですが、まずは深さと回転、バウンド後の良いイメージ、を自分なりに考えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 「第3回 読者ミーティング」を開催します
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブ&ボレーのトスアップは、もっとリターンの選手に向かって上げて良い

    サーブ&ボレーに迫力がある人って、トスアップが違う。私はそう思…

  2. テニス サーブ
  3. サーブ

    試合で遅いサーブ、が有効な場面とは?

    サーブで緩急を付ける。これは、実はプロでも実践していて、非常に…

  4. テニス メンタル

    サーブ

    「シンプルに上で打ち終わる」サーブを覚えると、試合の中ですごく使える!

    サーブという動作は、本当に人それぞれ。初心者の方から上級者の方…

  5. テニス 練習

    サーブ

    「サーブを打つ位置を変えるだけ」で、相手にプレッシャーを与える方法

    サーブの打つ位置を見るだけで、その人のテニスの実力はある程度分かります…

  6. サーブ

    サーブの安定感は「真似する」ところから!プロテニス選手の打つ前の動作を観察して分かること

    サーブが良い、自信のある選手はその「構え」にオーラがあります。…

特集記事

  1. ストローク

    ネットより高い位置でボールを触る、その回数を増やそう
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの練習をより実戦的に行う為に、すぐに出来るアイデア5つ
  3. テニス ストローク

    戦術

    本気で戦法をやってみれば、その弱点は見えてくる
  4. テニス ボレー

    メンタル

    ジャッジが汚い人は、そもそも余裕が無い
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合とはボールを打ち合うものではなく、主張と主張をぶつけ合うもの
PAGE TOP