テニス メンタル

メンタル

「テニスの試合に勝てない人同士が試合をすると、こうなる」という典型的なパターン例4つ

テニスの試合では、強い人同士が試合をするのは珍しくない。

ですが同じくらい、初戦や2回戦くらいまでは、なかなか試合に勝てない人同士の試合も多い。

よく見ていると、試合に勝てない、結果が出ない人には特徴がある。

同じような人同士が試合をすると・・・よりそれが顕著に現れるように、私は思います。

 

「テニスの試合に勝てない人同士が試合をすると、こうなる」という典型的なパターン例4つ

 


 

1.ファーストサーブが入らない

まず、これです。

セカンドサーブがあるからファーストは思い切り打つ、フリーポイント狙い、のような人が多い。

明らかにファーストとセカンドに差があるから、自分でもリズムが獲り辛い。

セカンドサーブになったらもう、気持ちも引いてしまうしリターン側が有利になっている。

サービスゲームについてしっかりした考えが無いので、勝てない選手はいつもサーブの調子次第になってしまうケースが多いようです。

 

2.リターンの意図が見えない

サーブを返球するリターン。

試合に強い人は、このリターンからしっかり展開を作ってくる。

ダブルスであればリターンダッシュ、シングルスでも、セカンドサーブでプレッシャーをかける、など工夫が効いていると相手は嫌。

サーブが良い相手ほど、自分の中でスライスを使ったり前に踏み込んだり、ポジショニングから考えていかないとダメ。

漠然と来たサーブを返して・・・だと、ミスも多くなる。

リターンが入らないとゲームも締まらないし、自分のサーブのリズムにも影響していきます。

 

3.カウントを忘れる

お互いカウントに神経質になっていないから、今のカウントを忘れてしまう。

目の前のポイントに一生懸命、なのは良いですが、テニスでは各ポイントのシチュエーションによってプレーを変えていくのが当たり前。

試合に勝てない人はその感覚が薄いから、カウントを平気で忘れてしまう。

「今、30-30・・・でしたっけ?」

「いや、僕も分かりません・・・」

みたいな会話、試合に勝てない人同士の典型例です。

 

4.全体的に粘りが無い

ラリーに対して、1ポイントに対しての執着心が無いから淡泊な試合になる。

観戦していて、駆け引きのようなものが無いのも、試合に勝てない人の特徴です。

自分のショット、だけに関心があるから、良いときは自分に酔っている。

負けそうになると、もう諦めムードでボールを追う足が遅くなる。

これって実力は関係無く、どんな意識で試合に臨むか、テニスと向き合うかだと私は思います。

その差って、結構大きいです。

 

実力が無いと試合に勝てない?

そのテニスの実力って、何でしょうか。

しっかりしたショットを打てる、ことだけが試合で勝てる要素には成り得ないのです。

自分の試合の動画、見返したことありますか?

そのときに、「恥ずかしいな・・・」という感覚がありますか?

あればきっと、まだまだ伸びしろあると思います!

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に負けた後に、またすぐ試合が入る・・・ときにメンタルを切り替える術5つ

    テニスの大会って、残酷なことが多い。シングルスとダブルス、両方…

  2. メンタル

    「苦手って思わないことが一番だけど・・・」テニスの試合で打点が遅れないようにしっかり練習!

    得意なショットと不得意なショットがある。でもそれはね、意外と最…

  3. テニス 時間

    メンタル

    目の前で崩れていく相手に、「自分はそうならない」という強い意志を持てるかどうか

    試合の中で、自分自身を強く持てるかどうか。それは、こういう場面…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニス部の後輩に負けて悔しいなら、その後輩の為にもっと強くなろう

    先日、相談を頂いた学生の方で「後輩に負けて、悔しくて泣きそうです・・・…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスで「試合前の緊張」と上手く向き合う5つの方法

    試合前は、いつだって緊張する。それはどんなに試合慣れした人でも…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスに真剣に取り組んでいれば、批判に対するタフさは自然に身につく

    皆さんも、これからテニスを続けていけば色々な経験をする。時には…

特集記事

  1. テニス 客観視

    その他

    「シングルス専門、ダブルス専門」を自負する人に伝えたいことがあります
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの攻撃の型は、「どちらか1人を崩して決める」がほとんど
  3. テニス 客観視

    メンタル

    テニスの試合会場にいる「自分のテニスをひけらかしたい人」に、絶対負けてはいけませ…
  4. テニス ダブルス

    ストローク

    テニスの試合で「パッシングショットをしっかり打ち切る」為には、あえて相手のポジシ…
  5. テニス サーブ

    テニス知識

    スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
PAGE TOP