テニス ソフトテニス

ストローク

「ソフトテニスから硬式テニスへ」スムーズに移行する為に、意識したいストロークのポイント5つ

Twitterでも多くのソフトテニス経験者の方に、ご質問頂くことが増えました。

大変嬉しいことですが、私自身しっかりとソフトテニスを経験したことが無いので、的確なアドバイスや回答が出来ずにいつも悔しい想いをしています・・・。

そこで、私なりに調べたり人から聞いたりしてきた中で、ソフトテニスから硬式テニスに移行する際に、気を付けたいポイントをまとめてみました。

「それは違う!」というお声もあるでしょうが、何か一つでも参考になる部分があれば・・・と思います。

 

「ソフトテニスから硬式テニスへ」スムーズに移行する為に、意識したいストロークのポイント5つ

 


 

1.大きなテイクバックをコンパクトにする

特にフォアハンドストロークで、ソフトテニスでは大きなテイクバック、が特徴としてありますよね。

肘を伸ばして高くラケットをセットして、という部分、硬式テニスではもう少しコンパクトにしたい。

肘を軽く曲げて、ラケットが顔の横に来るくらい、の位置で後ろに引き過ぎないようにしてみましょう。

この意識だけで、硬式の重たいボールにも対応出来るはずです。

 

2.打点をしっかり身体の前にセットする

ソフトテニスでも打点は前、ですが、多少後ろでも打てるのが特徴。

硬式テニスでは、打点が遅れてしまうと上手く打てないだけでなく怪我にもつながりやすい。

しっかり身体の前、前足よりも前でラケットをボールに当てる為に、意識して「振り出し」を早くしましょう。

その為には、速い準備がまず大事。

ボールのバウンドに合わせて後ろに引く、だと遅すぎるのです。

 

3.フォアハンドとバックハンド、を異なるラケット面で打つ

一番難しい、移行するときに多くの人がぶつかる問題がココでしょう。

バックハンドはフォアハンドと異なるラケット面で打つ、のが硬式テニスの特徴。

その為に、私はまず男性でも女性でも、硬式テニスは最初は両手バックハンドからスタートすることをオススメします。

片手のバックハンドストロークは、硬式テニスでもかなり難しい技術。

両手バックハンドストロークからスタートすると、はっきりとフォアハンドと「違い」を作ることが出来るので、頭の切り替えもしやすい。

バックハンドに来た、と思ったらフォアハンドで握っている手の上にもう片方の手を置く、くらいにシンプルに対応出来るでしょう。

 



 

4.伸びてくるスピンボールに慣れる

硬式テニスはボール自体に力があり、ハードコートでのラリーはボールがバウンド後に伸びてくる。

ソフトテニスのように滑ってくる、というよりは弾んでくるという感覚が強いと思います。

まずはこの軌道を目にしっかり焼き付けて、しっかり対応出来るようになりましょう。

2.であったような準備の速さも大事ですが、どの程度ボールが弾むのか、打点はどこになるのかを、早めに予測して待てるように。

こういう意識を持ってラリー練習をしていると、上達も速いはずです!

 

5.振り切ることの難しさを打破する!

一番の難関は、ここかも知れません。

ソフトテニスを経験された方は、「硬式テニスは、振り切れない!」と皆さん一度は口にする。

確かに、ラケットを思い切り振る、という感覚はソフトテニスよりも弱い。

まずは「力の方向を変える」ような、合わせるストロークになってもOK。

ですがゆっくりで良いので、ラケットを「振り切って終わる」という動作は、硬式テニスでも必要です。

当てて終わり、なだけだとストロークは上達しない。

しっかり自分なりに、ゆっくり振り切る、ことを意識してストロークを練習。

慣れてくれば、そのスウィングスピードを徐々に上げていく、という意識が大事です。

 

「変な癖が付いてしまうから、ソフトテニスは経験しない方が良い・・・」

という方がいますが、本当にそうでしょうか?

私はそうは思いません。

ソフトテニスのしっかりフォアで回り込んでいくこと、振り切ること、アグレッシブなネットプレーは、硬式テニスでも大いに活かせます。

硬式テニスに移行しても、その良さってきっと消えることは無いでしょう。

焦らずじっくり、一緒に練習していきましょう!

■基本から見直したい人にお勧めです

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス 格上相手
  2. テニス サーブ
  3. テニス 打点

    ストローク

    「チャンスボールが来たっ!」テニスの試合でありがちなミスを減らす考え方

    チャンスが来たぁ!!!相手のショットが短い!!ネットよ…

  4. ストローク

    エグいスピンに押される人は、結局何が問題なのか?

    強い相手との試合は、ストロークで押されてしまう。ベテランの方が…

  5. テニス リターン

    ストローク

    コントロールの良いストロークには、3種類の打点だけまずマスターしよう

    ストロークのコントロール、良い人と悪い人の差はどこにあるのか。…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの準備が遅い人ほど、打点が前過ぎてコントロールが出来なくなる

    「え?後ろじゃなくて?」と思った方も多いと思います。いや、これ…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    相手に気付かれないフェイントほど、悲しいものは無い
  2. テニス スマートフォン

    テニス知識

    iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. テニス シングルス

    フットワーク

    サイドステップよりも早い!「クロスオーバーステップ」を!
  4. テニス フットワーク

    メンタル

    「ムキになって相手のラリーに付き合う」のは本当に危険
  5. テニス 戦術

    フットワーク

    テニスの試合で、意外と「遅いボールの返球が難しい」理由5つ
PAGE TOP