テニス シングルス

テニススクール

「趣味としてスクールでテニス」も良いけど、部活で頑張りたいその理由について

今日は初めて、西部ドームに野球観戦に行ってきました。

埼玉県にある西部ドーム、行ったことがある方はご存知かも知れませんが、近くにテニスコートもあり、テニスでは何度か行ったことがありましたが野球観戦は初めて。

サッカーや野球の試合観戦に行くといつも思うのが・・・テニスも、こうやって周りから応援されるような環境、出来ないものかなと。

思い出せば学校で部活としてテニスを続ける、という理由も、実は「応援」というのが一つのキーワードになっているように思います。

趣味としてやるテニスも、もちろん楽しいし継続して欲しい。

でも学生の皆さんは、厳しくとも「部活」で頑張る意義を見出して欲しい、と私は思っています。

 

「趣味としてスクールでテニス」も良いけど、部活で頑張りたいその理由について

 


 

■「誰かに応援される」ということを、経験出来る

強い、弱いに限らず、学校の代表として戦う、ということが何を意味するのか。

現役の皆さんはあまり意識していないかも知れませんが、自分が今属している組織やチームを代表する、ということは大変な意義がある。

すごい経験をしている、と思って良いのです。

学校という環境を卒業すれば、誰かに応援されながら試合をする、なんて経験そうは出来ない。

団体戦のレギュラーでなくとも、個人戦でも草大会でも、「学校」に属している限りは代表である、という意識を強く持ってみる。

必ず応援してくれる人がいる、というのを忘れないで欲しいと思います。

 

■自分の今いる環境、育った学校に愛着を持てるということ

学生を卒業して社会人になったとき、アナタは自分の会社や組織に対してどういう考えを持つことが出来るのか。

それは、「どんな会社に就職するか、組織に属するのか」も大事ですが、それよりも大事なことがある。

自分自身が、学生時代に「組織やチームの代表として応援されてきた」という経験があるかどうか。

これは、ある種の成功体験に近いものがあると思います。

部活を経験してきた人、でしか持てない感覚、そこにはある。

だからこそ苦しい練習、土日も試合で休みが無い・・・ような環境でも、ぜひ最後までやり遂げて欲しいと、私は考えています。

「今、自分のいる会社」に愛着を持てるかどうかって、学生時代の経験が実は大きいんじゃないでしょうか・・・。

 

■部活のような経験、「学生しか経験出来ない」と思ってませんか・・・?

大人になっても、社会人になっても、道は開かれています。

各地域の代表、には市民大会を勝ち抜いていけばなれる。

「簡単に言うよね・・・」と思った方、たくさんいると思います。

私もまだまだ実力不足で、市民大会を勝ち抜く為にはもっと努力しないといけません。

ですが、逆に学生時代にテニス部を経験していなかった人こそ、大人になって各地域や都道府県の代表になれる。

そう考えると・・・テニスって、面白くないですか?

 

取り留めの無い話になってしまいましたが、テニスで頑張っていればやっぱりご褒美がある。

それが学校の代表であったり、地域の代表であったりして、「人から応援される」ということだと思います。

それだけ、努力をしている人には応援が集まるような仕組み、あるんですよね。

さぁ、頑張っていきましょうか。

このサイトを観ている方の中には、たくさん市民大会の上位進出を目指している方もいます。

私も、読者の皆さんに負けないように頑張りますね!

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. テニス メンタル

    テニススクール

    スクールなのに自分で考えなくて良い、それが日本のテニススクール

    それが、普通だと思ってしまう。これが、一番私は危険なことだと思…

  2. テニススクール

    テニススクールの中級クラス、を目指すなら必要な要素5つ

    テニススクールで、初球クラスから中級クラスへのステップアップを目指すみ…

  3. テニス サイト
  4. テニス 部活
  5. テニススクール

    コーチとの関係値も、アナタの大事な実力

    自分の実力、自分のテニス。何もそれは、アナタ自身のプレーだけに…

  6. テニス メンタル

    テニススクール

    千回のアドバイスより、一回の本気の失敗の方が身になる

    何でもそうだと思います。テニスだけじゃなく、仕事でも勉強でも、…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    フォアハンドはパス、バックハンドはロブを先読みしよう
  2. ダブルス

    前衛は後衛のボールを、「奪って」OK
  3. 練習メニュー

    ダブルスの動きを鍛える、2対2のボレー対ストローク練習
  4. テニス ボレー

    ロブ

    インドアコートの試合では、「高いロブは打てない」のを活かすには?
  5. ボレー

    ハイボレーをいつもふかしてアウトする人は、「テイクバックのときに膝が伸びない」よ…
PAGE TOP