テニス ストローク

ストローク

本当にロブが上手い選手は、「抜いた後の相手の返球」をイメージ出来ているからポイントが獲れる

試合に有効な「ロブ」という選択。

ダブルスではもはや必須、シングルスでも相手のネットプレーを足止め出来る、本当に大事なショットです。

ですが皆さん、しっかりロブを「打った後」の動きを計算出来てますか?

ほとんどの方が、「自分が打ったロブの軌道」を不安そうに見ているだけで、頭の中が自分のことばかり。

もっと次、相手がどうしてくるのかまでイメージして打つようにしないと、せっかくのロブが活きない。

危機感を持って、この記事を読んでみて下さい。

 

本当にロブが上手い選手は、「抜いた後の相手の返球」をイメージ出来ているからポイントが獲れる

 

■ロブが抜けてから考える、では遅い!

ダブルスでよくあるのが、ストレートにロブを打って、その場でジーッとしている人。

抜けてから前にいく?それだと全然、遅いです。

自分のショットをもっと信用して、抜けたと仮定してしっかり動く、前に詰める。

もし相手が届きそうなら、そこで止まって備えれば良い。

ロブが抜けてから、動き出す・・・という考えは、卒業しましょう!

 

■ロブに追い付いて、まずゆっくり返球くるのか、強気に打ってくるのか?

相手の返球イメージ、はロブを打つ前から持っておくことが大事。

初めて対戦する相手なら序盤で観察できるように、早めに1回ロブを使いましょう。

その時に、追い付いたら安全策でくるのか、それとも思い切った攻撃で強気に打ってくるのか・・・を、確認しておく。

ロブは抜けてから、が勝負。

そこからどう展開していくのかを、ダブルスならペアでしっかり話しておきましょう。

結論が出ないままにロブを打って、そのショット自体は上手くいっても・・・ポイントを獲る詰めの甘さが出てしまうともったいない、です。

 

■ダブルスならパートナーとの連携が大事!

少し触れましたが、ロブを使うのはダブルスのほうが多いでしょう。

そのときに、どういうロブで攻撃していくのかをペアと確認しておく。

「触らせるロブ」にするのか、触らせたらその後、どう展開していくのか・・・。

つまり、ロブの次の動きまでは相手の動きを想定し、自分たちのポジションや展開方法を考えておきましょう。

難しく考えることはありません。

ロブの次、をどうするか、どこで待つのかを考えておきましょう。

 

「なんだか難しいな・・・」と思った方、面倒ですよね、作戦考えるのって。

でも、少し考えるだけで、絶対にロブは一回り大きく、使える武器になる。

他のペアが考えていないペアが多い中で、アナタのペアが少しだけ強くなる。

これが重なっていくことで、試合に勝てるようになるのです。

ロブのような渋いショット、テニスでは作戦との相性バッチリ。

ぜひ、試してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの基本、「振り切って軌道を高く」の意識は試合でこそ活きる

    試合の中で、ストロークが入らなくなったとき・・・もうどうしようも無いく…

  2. テニス シングルス

    ストローク

    フィーリングが悪いと感じた日は、足で稼いで勝ちを拾うしかない

    テニスの試合、最初の打感でどうもおかしい。そう感じながら、序盤…

  3. ストローク

    「走らされても安定感」テニスの試合で差が出る前への動きと対応方法

    皆、しっかり練習してるかい?安定したショットと攻撃のショットの…

  4. ストローク

    「ロブで抜かれても諦めない!」テニスの試合で後ろ向きから返球するコツとは?

    テニスの試合の中で、ネットに詰めてロブで抜かれる・・・ということ、あり…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのスピン回転の基本は、早めのラケットヘッドダウンから

    良いストローク、スピン回転の基本。改めて、今回は「ラケットダウ…

  6. テニス リターン

    ストローク

    騙されたと思って、「試しにドロップショットを打ってみて欲しい」そうすれば、世界が変わるから

    試合の中で、本当に大事な試合の中で、ドロップショットを打ったことはあり…

特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    サーブだけは相手に左右されない、本当にそうですか?
  2. シングルス

    シングルスの試合で「相手を後ろに下げるストローク」が打てたときには、迷わず前に詰…
  3. テニス 準備

    サーブ

    「楽チン&安定感抜群サーブの正体とは!?」テニスの試合会場で観るアンダーサーブの…
  4. テニス ボレー

    ストローク

    テニスで、「ラケットを強く握り過ぎてしまう人」は、反対の手のひらを大きく広げると…
  5. テニス 読書

    その他

    今年一年間で、私自身が大きく影響を受けた本を紹介します
PAGE TOP