テニス 練習

ボレー

ダブルスの並行陣、「ファーストボレーは、深ければ良い・・・」だけだと、相手前衛に捕まりやすい

サーブ&ボレー、シングルスよりもダブルスで使う機会が多いんじゃないでしょうか。

並行陣を作るためには必要な技術ですが、ダブルスならではの注意するポイントがありますよね。

そう、相手の前衛です。

しっかりボレーは深く返球したいところですが、同時に相手前衛の動きにも注意しないといけない。

ダブルスの並行陣は、まずこの戦いを制さないと並行陣を作れないのです。

 

ダブルスの並行陣、「ファーストボレーは、深ければ良い・・・」だけだと、相手前衛に捕まりやすい

 

■深く打つには、ネット上の通す場所はセンターになる

まずは基本的な確認から。

深いボレーをクロス方向に返球しようとすると、当然センターを中心にネットの上を通過していく軌道になります。

角度を付けて深いボール、はアウトになってしまいますので。

そう考えると、相手前衛はここをしっかり潰しにくる。

強いダブルスほど、ファーストボレーをチャンスと感じて前衛はアタックしてくるのです。

 

■後衛の選手が前が弱い相手なら、浅めのボレーの方が有効

後衛の選手に深く返球する、のが確かにファーストボレーの基本。

ですが今は、ストロークが得意な選手が多くラケット性能も優れている。

そう考えると、意外と深いボールよりも浅く角度が付いたボールのほうが有効かも知れません。

相手前衛に触られる可能性も低いので、浅めに少しドロップ気味に打つ、というのは有りかも知れません。

ストロークで押される、沈められやすいと感じたときには早めにこのコースを使ってみましょう。

 

■ファーストボレーも早めにストレートに展開しておく

何度も書いてきましたが、前衛が目障りなときにはとにかく早めにストレート、です。

並行陣を作るファーストボレーも、試合の序盤でしっかりストレートを見せておくことで前衛を足止め出来る。

リターンをしっかり沈められる、ときでもラケット面を作ってブロックでボレーすれば、ストレート方向に飛んでくれるはずです。

相手にぶつける、エースを狙う必要はありません。

しっかり「ストレートにも打つよ!」というアピールだけで、十分なのです。

クロスにまじめに、粘っている・・・だけだと、格上相手には勝てません。

 

深いボレーは、実は有効なようで落とし穴になるかも知れない。

特にレベルの高いダブルスの試合では、低いボレーのときに相手前衛にチャージされる。

この戦いに、アナタはどういう武器で挑みますか?

しっかり打つコースと球種、自分で選択出来るようにしておきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ハーフボレーの一番のコツは、思い切ってラケット面を下に向けること!

    相手から足元を狙われる、ネットプレーではよくありますよね。そん…

  2. テニス スマッシュ

    ボレー

    攻撃的なネットプレーのときには、とにかくラケットの準備の位置を高くして構えよう

    相手を追い込むネットプレー、どんどん前に詰めるときに・・・ラケットの位…

  3. テニス ロブ

    ボレー

    試合で勝ちたければ、「ボレーは少しボールの下を触って山なり」に変えていこう

    試合で勝つために、必要なボレー。もしかしたら、それはアナタ自身…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーカットは、しっかり深く・・・だけだと、危険な発想です

    「これは、基本だから・・・」と、何も考えないで打っているショット。…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    フォアハンドボレーは、「簡単そうで奥が深い」ショットの一つ

    自分のフォアハンドボレー、皆さんはどんな印象ですか?何となく、…

  6. テニス 練習

    ボレー

    ボレー対ストロークのラリー練習、「実戦の試合を想定して」大事な要素とは?

    普段の練習でもよく実践する、ボレー対ストロークのラリー形式。な…

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスについて大きな決断をするときに、「周りからどう見られるか?」を一番の判断材…
  2. テニス 観察

    リターン

    サーブ&ボレーの相手に、「しっかりリターンを沈めて攻撃させない」為に必要…
  3. テニス 環境

    メンタル

    テニスでも、「人に言われてウザい」と思うことは、大抵が図星なはず
  4. テニス 観察眼

    その他

    テニスにおいて、「ボールをよく見て!」と言われるけど、実際どれくらい見れば良いの…
  5. テニス セルフジャッジ

    ストローク

    ラリーでつないだら、やられる・・・と感じたら、試してみたい作戦5つ
PAGE TOP