テニス 練習

ボレー

ダブルスの並行陣、「ファーストボレーは、深ければ良い・・・」だけだと、相手前衛に捕まりやすい

サーブ&ボレー、シングルスよりもダブルスで使う機会が多いんじゃないでしょうか。

並行陣を作るためには必要な技術ですが、ダブルスならではの注意するポイントがありますよね。

そう、相手の前衛です。

しっかりボレーは深く返球したいところですが、同時に相手前衛の動きにも注意しないといけない。

ダブルスの並行陣は、まずこの戦いを制さないと並行陣を作れないのです。

 

ダブルスの並行陣、「ファーストボレーは、深ければ良い・・・」だけだと、相手前衛に捕まりやすい

 

■深く打つには、ネット上の通す場所はセンターになる

まずは基本的な確認から。

深いボレーをクロス方向に返球しようとすると、当然センターを中心にネットの上を通過していく軌道になります。

角度を付けて深いボール、はアウトになってしまいますので。

そう考えると、相手前衛はここをしっかり潰しにくる。

強いダブルスほど、ファーストボレーをチャンスと感じて前衛はアタックしてくるのです。

 

■後衛の選手が前が弱い相手なら、浅めのボレーの方が有効

後衛の選手に深く返球する、のが確かにファーストボレーの基本。

ですが今は、ストロークが得意な選手が多くラケット性能も優れている。

そう考えると、意外と深いボールよりも浅く角度が付いたボールのほうが有効かも知れません。

相手前衛に触られる可能性も低いので、浅めに少しドロップ気味に打つ、というのは有りかも知れません。

ストロークで押される、沈められやすいと感じたときには早めにこのコースを使ってみましょう。

 

■ファーストボレーも早めにストレートに展開しておく

何度も書いてきましたが、前衛が目障りなときにはとにかく早めにストレート、です。

並行陣を作るファーストボレーも、試合の序盤でしっかりストレートを見せておくことで前衛を足止め出来る。

リターンをしっかり沈められる、ときでもラケット面を作ってブロックでボレーすれば、ストレート方向に飛んでくれるはずです。

相手にぶつける、エースを狙う必要はありません。

しっかり「ストレートにも打つよ!」というアピールだけで、十分なのです。

クロスにまじめに、粘っている・・・だけだと、格上相手には勝てません。

 

深いボレーは、実は有効なようで落とし穴になるかも知れない。

特にレベルの高いダブルスの試合では、低いボレーのときに相手前衛にチャージされる。

この戦いに、アナタはどういう武器で挑みますか?

しっかり打つコースと球種、自分で選択出来るようにしておきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で本当に強い前衛は、ポーチボレーの後にも全く隙が無い

    ダブルスの試合で、前衛がポーチに出る。ここまではよく観る光景で…

  2. ボレー

    ダブルスで勝てない選手は、「サービスラインあたりから強引に」直線的なボレーを打ち過ぎ

    これはダブルスに限った話では無いのですが・・・。ボレーを打つ、とい…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    相手ボレーヤーに「ハーフボレー」をさせた後は、徹底的に前に詰めて攻撃していこう!

    相手ばボレーをするときに、アナタはどのあたりをチェックしますか?…

  4. ボレー

    ローボレー恐怖症に陥っている人は、相手のストロークの打点の高さをチェックして改善しよう!

    テニスにおいて、低い位置でのボレーは難しい・・・。ダブルスが上手い…

  5. ボレー

    テニスにおける攻撃的なボレーは、全てを「2本で1セット」の考えで詰めていく意識が大事

    ネットプレーは攻撃的に!ですが、1本で決めようとするとミスも増…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの前衛は、「相手の視界に入って動く」から意味があることを再確認しよう!

    ダブルスの試合で、私が一番嫌だったこと。それは、「相手の前衛が…

特集記事

  1. テニス
  2. テニス フットワーク
  3. テニス
  4. テニス トレーニング
  5. テニス 防寒
  1. テニス 練習

    ストローク

    テニス初心者の方にありがちな、「ストロークで肘が後ろに残る形」を修正しよう
  2. ボレー

    ボレーをふかし気味にアウトばかりしてしまう人は、「準備でラケットを上げる高さ」が…
  3. テニス 走力

    その他

    相手に攻撃されそうなときには、「とにかくスタンスを広くする」だけで守備力が上がり…
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーの基本は、「スタンス広めでその中間に頭がある形」を意識すれば、安定する
  5. テニス ストローク

    メンタル

    対戦相手の特徴を知りたいなら、「試合の序盤で、一度深いボレーで追い込んでみる」の…
PAGE TOP