テニス 上達

その他

「あ、俺テニス上手くなってきたかも・・・」と感じる瞬間は、こんなときかも知れない

今回は、私の経験則で。

なかなかテニスが上手くならない、なった気がしない・・・と悩んでいたときに、ふと試合でこんな感覚になることがありました。

色々試行錯誤して作戦を考えて、準備して・・・すると試合の中で、相手が「自分の思い通り」に動いてくれる。

この感覚が、すごく快感だったのを覚えています。

アナタ自身で良い「予測」が出来れば、テニスはいつかそのイメージを相手が具現化してくれるかも知れません。

 

「あ、俺テニス上手くなってきたかも・・・」と感じる瞬間は、こんなときかも知れない

 


 

■対人スポーツって、快感!

スポーツの醍醐味って、色々ありますよね。

テニスのような対人スポーツでは、「相手の裏をかく」「自分の思い通りに事が運ぶ」ことが、私は快感に感じます。

試合の中で、急に訪れる「相手が自分の思った通り」に動いてくれる瞬間。

これを楽しみにテニスをしている、と言っても過言では無いかも知れません。

アナタ自身、予測することから全てが始まるのです。

 

■相手の裏をかけば、遅いショットでも十分にエースになる

力でねじ伏せるテニスも良いですが、それって若い選手だからなせる業。

筋肉や体力に限界が出てくれば、怪我もしやすいのがテニス。

だったらいかに「遅いボール」や「ポジショニングと駆け引き」で戦えるようになるか・・・が、試合で勝つ上で大事です。

その為には、まずアナタ自身が何かしらの予測を立てること。

間違っても、外れても良いんです。

その経験が多ければ多いほど、将来的に財産になり活かされていくのです。

 

■自分の想定通りに作戦が運んでも、歓喜しない

相手が自分の思い通りに動く・・・と、つい嬉しくなりませんか?

それで歓喜しても、まだポイントや試合が終わっていないのであれば、それは隙にしかならない。

あくまで当然、当たり前、という意識で自分の眼の前の光景を捉えられるようにしましょう。

テニスが強い選手って、そんな雰囲気ありませんか?

作戦が当たっても外れても、いたってメンタルは一定。

これこそテニスが上手くなる、強くなるってことだと私は思います。

 

自分がポイントを獲っていく、そのパターンに相手が乗ってくる。

テニスの試合が上手くいって楽しい!ときには、この感覚がアナタにもあるはずです。

もちろん思い通りにいかないことも多いでしょうが、試合の中で上手くいったときの感覚は、大事にしておきましょう。

試合前には、その成功体験を少し思い出してみる。

これだけでも、良い入り方が出来るかも知れませんね。

ぜひ、意識してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. その他

    「しっかりと、熱中症対策を!」テニスでは仲間でケアし合うことが大切

    暑い日が続くねぇ。皆、部活で頑張っている?気合入れて頑…

  2. その他

    「コーチとの出会いに感謝」本当にテニスを強くなるのに必要なアドバイスとは?

    俺の今までのテニス人生は、色んな人からコーチしてもらって成り立っている…

  3. テニス センス

    その他

    人と会話しないと、自分も自分のテニスも見えて来ない

    テニスの上達、自分次第?もちろん、それが大前提です。で…

  4. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合では、「相手の小さな変化」に気付けるかどうか・・・が勝敗を分けます

    ほぼ実力が近いような対戦相手には、絶対に負けたくない。とはいえ…

  5. テニス 客観視

    その他

    嫌なことは早く終わらせたい感、全部外に出てますよ

    みなさんが、苦手なこと。それって、ほとんどが「嫌いなこと」に近…

  6. その他

    テニス選手として経験した、「海外テニス留学費用」について

    海外に初めて行ったのは22歳の時。アメリカに3ヶ月間行ったんだ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    「前足主役でサーブを強化!」テニスの試合で必要な身体の開きを抑えるコツ
  2. テニス ストローク

    その他

    テニスが楽しい、と思えている時は成長期
  3. ボレー

    ダブルスの前衛で、ストレートに誘った後のボレーは「シンプルにラケット面を作るだけ…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    今年こそ自分のストロークを「試合で使えるストローク」に変えていく為に、意識したい…
  5. テニス 振動止め

    テニス知識

    テニスラケットに振動止めって、必要?不必要?
PAGE TOP