テニス シューズ

テニス知識

テニスシューズは、「しっかりメンテナンスすれば長持ちする」ので、しっかり意識して取組ましょう

テニスのときにアナタを支えてくれる大事なもの。

それは間違いなく、テニスシューズです。

試合に出たり、練習もしっかり行っている人は年に数回、シューズを新調している方も多いと思います。

とは言え、決して安い買い物では無いですよね・・・。

今回は、基本からテニスシューズのメンテナンスについて、まとめてみました。

 

テニスシューズは、「しっかりメンテナンスすれば長持ちする」ので、しっかり意識して取組ましょう

 


 

■使用後の湿気、砂を素早く取り除くのが最初のステップ

テニスコートはサーフェスにより様々。

クレーコートの砂、オムニコートの砂では室が違いますし、ハードコートではボールのフェルトがシューズの中に入りやすい。

まずはこれをしっかり取り除いてあげることが大事です。

使い古した歯ブラシ、綿棒なんかを持っておくと便利です。

あとは使い古した渇いたタオルも、試合が終わった後に汗を拭きとるのに使えるので、用意しておきましょう。

思った以上に、テニスシューズには色々と「取り除くもの」があると覚えておくことです。

 

■匂いケア、シューズの紐のケアを怠ってはいけない

男性の方は意外と無頓着ですが、匂いのケアは重要です。

テニスはミックスダブルスもあり、社交性も求められるスポーツ。

練習後には匂い留めのボールのような防臭剤を入れたりして、しっかりケアしましょう。

また、これも「切れるまで」気が付かない人が多いのですが、シューズの紐もしっかり結べているか、ちぎれそうになっていないかを確認すること。

試合中に切れてからでは遅いので、特に負荷のかかりやすい足先の部分は注意してよく見るようにしましょう。

 

■一番のメンテナンスは、自分に合ったシューズ選びから

アナタが思っている以上に、テニスシューズはメーカーによって特徴が異なり、合う合わないが出てくるはず。

今履いているシューズが最高!という方もいると思いますが、逆に時期を見て試してみるのも有りだと思います。

足先がゆったりしているのはアシックス、ヨネックス系統、少し狭くてホールド感があるのがナイキやアディダスの外資系ブランド。

その他材質にも特徴があり、堅さの好みで選んでみるのもとても大事。

足の皮膚が厚い人もいれば、薄い人もいます。

ソックスとの相性もあるでしょう。

ぜひショップで試し履きをしながら、また色々と情報収集しながら、足元から研究してみても面白いです!

 

いかに、自分の周りにあるテニスギアを大切に出来るかどうか。

これがアナタのテニスを上達させ、試合に強くなれるかどうかの大きな鍵を握っています。

テニスはアナタ一人では、やりたくても出来ないスポーツ。

コート、ラケット、そしてシューズ、対戦相手・・・全てに恵まれてこそ、テニスを楽しむことが出来る。

このことをどうか、頭の片隅にでも良いのでいつも入れておいて下さい。

ピックアップ記事

  1. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. テニス 客観視

    テニス知識

    セルフジャッジの試合で酷いことをされても、テニスでやり返す気持ちを大切に

    今回は、すごく厳しいお話です。厳しいというのは、受け入れがたい…

  2. テニス 居場所
  3. テニス知識

    TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

    トレーニング用のラケット、と聞いてみなさんイメージは湧きますか?…

  4. テニス ボール

    テニス知識

    テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

    いつもT-PRESSをご覧頂き、ありがとう御座います!今回は、…

  5. テニス メンタル

    テニス知識

    ラケットとボールが、喧嘩しない柔らかさ

    「柔らかいテニスって、どんなテニスですか?」というご質問を、よく頂きま…

  6. テニス フットワーク

    テニス知識

    テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

    フットワークは、トレーニングとシューズ次第?いえ、実はテニス選…

特集記事

  1. テニス 不安

    戦術

    結果オーライ、だから勝てないんです
  2. テニス サーブ

    サーブ

    打てないサーブのコース、があることに自分で危機感を持とう
  3. テニス サーブ

    サーブ

    まっすぐな方向にサーブが打てれば、しっかりコースを狙えるようになる
  4. テニス テイクバック

    ボレー

    スライスで追い込んでロブケア、はネットプレーの基本戦術
  5. テニス メンタル

    その他

    みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
PAGE TOP