テニス 準備

リターン

テニスの試合で、「相手サーブの曲がりが激しいとき」には、よりコンパクトなリターンを心掛けること

リターンで苦戦するとき、それはサーブの曲がりが激しいとき。

左利きの選手のサーブは、右側の選手にとってはバックハンド側から外側に激しく切れていく。

これを防ぐには、基本的にはまず前に入ること。

そして、コンパクトなリターンを心がけること。

改めて基本をしっかり確認して、リターンからのミスや失点を減らしていきましょう!

 

テニスの試合で、「相手サーブの曲がりが激しいとき」には、よりコンパクトなリターンを心掛けること

 

■曲がる前に触る、のがリターンの鉄則!

スライスサーブは曲がる前触る、のがリターンの鉄則です。

リターンは一度バウンドしてからは、いつどこで触ってもOK。

そう考えると、ポジションを前にしてしっかり曲がる前にボールを触ることが大事。

サーブはボールがバウンドしたタイミングが一番激しく曲がりますので、そこから時間を空けないで打つつもりで前に入りましょう。

 

■曲がるサーブはボールの「外側」を触っていくつもりで

曲がるサーブ、スライスサーブに苦手意識のある人は、まずしっかりボールの外側、を触るイメージを持ちましょう。

ボールの後ろ、くらいだとラケットの真ん中からだいぶずれた場所に当たって、当たり損ないになってしまう可能性が高い。

しっかり変化も予測して、ボールの外側にラケットを入れて曲がりを止める、くらいのイメージが必要です。

ということは、打点はかなり前、ということになりますね。

思い切って腕を前に出して、ボールの行く先をふさぐくらいのイメージでリターンをやってみましょう。

 

■コンパクトなリターンとフットワーク、ポジショニングを心がける

しっかり前に入る、その為にはできるだけラケット操作はシンプルで良い。

シンプルに仕上げることで、アナタのフットワークやポジショニングがより活きると思います。

コンパクトなリターンとは、つまりテイクバックはほぼ0、前に出していくのが基本になります。

ポジショニングも、しっかり前を意識しておくためには、大きなスウィングでは対応出来ないですよね。

ほとんどブロックに近い、形で準備してリターンしていきましょう!

 

スライスサーブを得意にする選手は、それをふさがれると一気に意気消沈する。

これって快感、です。

サーブが強烈な相手、に対するアナタのリターンはどんな武器になるのか・・・を、今一度見直してみて下さい。

きっとアナタのテニスがステップアップしていくうえで、大事な要素になると思います。

サーブが良い選手をつかまえて、練習しましょう!

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス メンタル

    リターン

    「リターンのコース変更は、どのタイミングまで可能?」は、相手の実力次第なので気を付けよう

    ダブルスの試合で、ストレートに展開してくる相手は本当に厄介。ポ…

  2. テニス ダブルス

    リターン

    パッと見遅いサーブ、に試合では気を付けろ

    強い相手のサーブは、必ず速い?いや、そんな感じでもないと思いま…

  3. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合で重要な、「リターンからのストレートアタック」は、しっかり事前にパートナーと打ち合わせ…

    ダブルスの試合に出始めたペアの方は、まず攻撃のパターンを増やしていかな…

  4. テニス リターン

    リターン

    速い球を待って、遅い球をさばくのがテニスの基本の待ち方だと思う

    「速い球と遅い球、どっちに合わせていくのが良いんでしょうか?」…

  5. テニス ボレー

    リターン

    Q&A「シングルスとダブルスのリターン、何が違うの?」

    Twitterでご質問頂く機会が多かったので、今回はこのテーマで。…

  6. テニス ストローク

    リターン

    逆クロス方向へのリターン、を磨けば試合で強くなる

    特に、ダブルスの試合で勝ちたい、と頑張っているみなさんへ。リタ…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「オープンスタンスでの守備的なストローク」は、軸足をしっかり意識して体重を乗せる…
  2. シングルス

    ジョコビッチ選手に見る「シングルスでのコートカバーリング」の技術4つ
  3. ストローク

    パッシングショットが苦手な人は、駆け引きという発想が無いから辛いんです
  4. テニス メンタル

    戦術

    自分が作った言葉で、自分のテニス論理は整理できる
  5. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスに試合で「ポーチに出る良いタイミング」は、相手の打点が低いときに限る
PAGE TOP