テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスの並行陣のメリットは、「相手に打つところが無い」という光景を見せられる点が一番

高校生の方から、こんな質問を頂きました。

「ダブルスで2人が前の並行陣にトライしたいけど、メリットが分からない」

確かにストロークが全盛期の今、ネットプレー自体にすごく勇気が要りますよね。

しっかり低いローボレーも求められるし、スマッシュも対応しないといけない。

だからこそ、しっかり相手にとって「脅威」になるには何か納得できる理由が欲しい。

そんな疑問に、お答えします。

 

ダブルスの並行陣のメリットは、「相手に打つところが無い」という光景を見せられる点が一番

 


 

■自分だったら、どんなシチュエーションが嫌か?

ダブルスの試合、アナタだったらどんなシチュエーションが嫌ですか?

私は、「もう打つところが無い・・・!」と思うのが、一番嫌。

そんなことを気にしながら打っても、絶対に良いボールは打てないですよね。

ではそれは、どういうときに感じることがあるか・・・と言えば、手堅いボレーの選手が前に2人いる、というときです。

 

■並行陣は、攻撃において即効型ではありません

よく並行陣は、即効型と勘違いされます。

サーブ&ボレーで果敢に前に出て、パチーンと決める・・・なんて、実際にはほとんど無い。

むしろ相手をジワジワ追い込んで、駆け引きとポジショニングでしっかりポイントを重ねていくペアが強い。

女子ダブルスであれば、後ろでスマッシュをしっかり打てるような、絶妙なポジショニングに立ってコートカバーをしているはず。

よく観察してみると、女性で脚力に不安がある人は並行陣でも少し後ろ目に守っています。

一言で並行陣、と言ってもしっかりメリットを活かす、弱点をカバーするには微調整が必要です。

 

■手堅いボレーをアピールすれば、それは最大の武器になる

2人並んで、ネットプレーでもしぶとく返球する。

前衛と後衛で前後差を付けて、しっかり後衛がロブもケア出来ると、並行陣は強い。

相手にとってみれば、「打つところが無い・・・」という感覚を持ってくれるはずです。

ここで簡単にボレーをミスしていたり、ロブを落として下がってしまったりしていると、相手は余裕を持ってしまいます。

余裕を持たれたら、良い攻撃をされる。

並行陣こそ手堅さ、しっかりつなぐボレーを基準にプレーできるようにしていきましょう!

 

並行陣は、学生の皆さんにもチャレンジして欲しいですが、やはり一般の方には絶対オススメ。

脚力が衰えると、自然に前方向へのダッシュが難しく、並行陣でなければコートカバーリングが難しくなります。

テニススクールでは中級クラスくらいから習うこの陣形ですが、ぜひその「メリット」についても把握しておきましょう。

試合に強い並行陣、そこには理解と粘りが不可欠です!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. ダブルス

    繰り返しますが、アナタのダブルスに必要なのは大胆さ、です

    私は何度も、ダブルスは前衛が動くこと、の大切さを書いてきました。…

  2. ダブルス

    ミックスダブルスこそ、女性は強気が基本

    ミックスダブルスの試合、プレーを頑張る女性のみなさん。何だかん…

  3. テニス ボレー

    ダブルス

    ネットに出られると厄介な、「ボレーをつないで手堅くプレーする相手」に対抗する作戦とは?

    ベテランプレイヤーでダブルスが得意な選手、社会人の方で本当に多い。…

  4. テニス サーブ

    ダブルス

    何回もサーブのトスアップをやり直すと、味方の前衛はリズムを取り辛くなる

    サーブのトスアップ、皆さんは試合中何回くらい「やり直し」をすることがあ…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの並行陣で、実戦で使える得点パターンまとめ5つ

    ダブルスの試合、勇んで前に出て並行陣。でも・・・相手のミス待ち…

  6. ダブルス

    「ダブルス練習」テニスの試合で活かせるように!

    毎日の練習の中で、皆はテニスを練習している。でもテニスってシン…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 練習

    戦術

    自分の形を作るとは、戻れる型を作るということ
  2. ストローク

    シングルスの試合で、バックハンドを集中攻撃されて負ける人は、「ストロークのコース…
  3. メンタル

    「1セットマッチで、5-0になったらもう安心?」だからアナタは、いつまで経っても…
  4. メンタル

    試合の中で「最後にラケットをどれだけ伸ばせるか」は、技術よりも日々の習慣でしかな…
  5. テニス ダブルス

    Q&A

    Q&A「ダブルスでの陣形、並行陣とダブルス前衛って、何が違うの?」
PAGE TOP