練習メニュー

「試合に勝つ為のテニスの練習」では、徹底的に効果を求めるチーム全体の姿勢が大切

「今日も練習、みんなで頑張ったな・・・」と思える毎日、理想ですよね。

本当に良い練習だったかどうか、は皆さん真剣に考えたことはありますか?

実際に練習直後に考えても、実はその「成果」は見え辛かったりする。

ではいつ、考えれば良いか・・・といえば、それは試合の直後。

試合でどういう成果が出たのか、練習の影響はどれくらいあったのか、を検証することは大事です。

 

「試合に勝つ為のテニスの練習」では、徹底的に効果を求めるチーム全体の姿勢が大切

 


 

■「練習で頑張ってる感」は、必要ない

厳しいようですが、ただ体力を消耗して練習するだけ、のようなチームは試合で勝てない。

一生懸命走っているし、練習も考えてやっている、それでも結果が出ないときには仕組みを見直す必要があります。

練習の成果が、試合で反映されているのかどうか。

しっかり検証して内容を変えていかないと、同じことの繰り返しでまた結果は同じになってしまいます。

 

■検証するには数字が必要

検証するには、全てを数値化する必要があります。

以前記事で書いた、67%の確率でファーストサーブを入れる、というのが実践出来たかどうか。

ダウンザラインから展開する練習をしていたのなら、それを実際に何度チャレンジして、何ポイント獲得出来たのか。

こういった、練習でやっている内容を、「試合で実践できたのか、その結果はどうだったのか?」をしっかり記すようにしましょう。

もし仲間がいれば、試合の観戦ポイントを伝えておいて記録してもらう。

自分一人であれば、覚えている範囲で試合の直後にメモを取る、動画を見返す、といったことが必要です。

 

■練習でトライしていること、試合でトライ出来ている?

意外と、練習と試合で全く違うテニスになる人、多いです。

「やって出来ない、ポイントを相手に獲られる」というのは、仕方が無い。

ですが、「やらなかった」というのは、アナタの責任であり進歩が無い過失。

こういったことも、数値化して可視化していかないと、モヤーっとしたまま試合と練習を繰り返してしまう。

それくらいの危機感を持っている人が、強く成長できるのです。

 

いつも同じことを繰り返していては、同じ結果しか出ない。

周りのと同じことをしていても、周りと同じ結果しか出ない。

殻を破るときは勇気を伴いますが、始めてみると意外と楽しいし、続きます。

練習が試合に繋がっているのか、いないのか。

いるならどれくらい?いないなら原因は?

この部分、目を背けずに挑戦していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    練習メニュー

    テニスにおいて「雁行陣の弱点」をケアする為の練習メニュー

    雁行陣は安定感のある陣形ですが、唯一の弱点が後衛の前のポジション。…

  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    「ドロップボレーにも冷静に対応」できるように、浅いボールへの対応力を鍛える練習メニュー

    浅いボレーの処理はしっかり練習しないと身に付きません。ストロー…

  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスに必要な、「柔らかいボールタッチ」を身に付けるのに必要な練習とは?

    「あの人、ボールタッチが柔らかいな~」と、テニスをしていて感じることは…

  4. テニス 準備

    練習メニュー

    「練習の為の練習」しか出来ないテニス選手が、日本には多すぎる

    偉そうに書いても、私もそうでした。結局自己満足なんですよね。…

  5. テニス

    練習メニュー

    半面ラリーで相手を倒す、それがテニスの練習の本質

    「どんな練習をすれば良いのか、分からない」「ただ、何となく半画…

  6. テニス 部活

    練習メニュー

    高校からテニスを始めても「上達して強くなる」為に、必要な意識4つ

    たくさん頂くメッセージやアンケートの中で、こんなご相談も多くなってきま…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    その他

    「プロテニス選手の試合は、ココを観ると自分に活かせる!」試合の観戦力磨いて強くな…
  2. テニス ミス

    シングルス

    シングルス戦術の基本、相手に「片サイドを、徹底的に意識させる」ラリー戦に持ち込む…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会で勝ち抜く為には、「調子が悪くても勝ちを拾っていく」テニスが出来るか…
  4. ダブルス

    後ろでつないでくるダブルス相手には、「深いボレーとロブのケア」でバッチリ対抗出来…
  5. テニス 打点

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「我慢が必要な場面」を理解しておこう
PAGE TOP